WHAT THE GOLF:これがゴルフ?

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?

パブリッシャー The Label

ジャンル カジュアルアクションゲーム

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

ボール代わりにプレイヤーをショット!これがゴルフ?ネタが次々押し寄せるトンデモ系ゴルフアクション

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

ティーショット…と思いきや、ショットされるのはプレイヤー。これがゴルフかよ!

ゴルフをベースにしたカジュアルアクションゲーム集

「WHAT THE GOLF:これがゴルフ?」は、ゴルフをベースにしたカジュアルアクションゲーム。

タイトルの通り、「これがゴルフか!?」と思わず言いたくなるギミックが次々登場。ショットされるのがボールではなくプレイヤーや家だったり、旗がボールを避けたり…。

ネタ的なおもしろさもさることながら、1ステージ1ステージ異なるアクション性が用意されており、「メイド イン ワリオ」のようなミニゲーム集的楽しさが味わえるぞ。

操作は全ステージ共通!引っ張って離すだけ

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

引っ張って離すと、ショットできる。ちなみにこのステージでは家がボール代わり。

ステージによってアクション性は異なるが、操作は全ステージで共通している。

ショットしたい方向とは逆方向に引っ張って、指を離すだけ。この時、引っ張った距離が、ショットのパワーとなる。

ステージによって何をショットするのかは異なるが、とにかく何かをショットできるぞ。

なお、ショットされるブツがボールではないため、サイズ的にホールに入らないことも多い。…というか、基本、ホールに入らない

なので、ホールの目印となっている旗にブツをぶつければ、クリアとなるぞ。

AppleARCADEならでは!ハイテンポな楽しさを実現

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

ボールが大量!一体どれが本体なのか?…いや、実は本体はダンボール。…ネタ満載!

本作のようなカジュアルアクションゲームは動画広告を収益とする無料アプリとしてリリースされることが多い。

しかし本作は無料アプリではなく、月額制のApple Arcade作品としてリリースされている。このため、動画広告をはじめ、広告が挿入されることは一切ない。このことが、本作のおもしろさを一層高めている

広告がないことで、ネタが矢継ぎ早にテンポよく繰り出され、思わず笑ってしまう。ちょうど、テレビのネタ系お笑い番組のような、ハイテンポの笑いが実現されているのだ。

「WHAT THE GOLF:これがゴルフ?」の魅力は豊富なネタ&ギミック

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

現在は閉鎖されたゴルフ研究所が舞台。主人公はどうやらゴルフボールらしい。

なんと本作、ストーリーっぽいものが用意されている。

本作の主人公…ルフボールは、閉鎖されたゴルフ研究所を訪れ、その中を探索する。

このゴルフ研究所が、様々なゴルフを研究していた。そう…ボールの代わりにプレイヤーやゴルフクラブ、ネコや家を使ったり、ホールを示す旗が移動したり…というのも研究の一環なのだ。

この無理やりな設定によって、々「これはゴルフか!?」というようなネタ&ギミックが繰り出される。いや…無理やりな設定も魅力のうち。

無理・無茶がガンガン繰り出される点こそ、本作の魅力だろう。

どうやってクリアする?ステージ毎に異なるアクション性

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

いきなり画面が横持ちスタイルに変化!予想外のギミックが次々押し寄せる。

既にお話した通り、本作はステージ毎にアクション性が異なる

たとえば、ボールから出る糸でワイヤーアクションのようにホールを目指したり、衝撃で壊れないよう慎重に花瓶をホールに運んだり…。ガチでステージ毎に異なっている。そう、本作は断じてゴルフではない

だが、ゴルフだからおもしろい

ステージ毎にどんなアクション性が用意されているのか、最初はわからない。けど、まったく分からないわけじゃない。なぜなら、基本的にはゴルフだから

断じてゴルフじゃないんだけど、基本的にはゴルフ。この構造がオチと前フリのように機能して、楽しさを創り出している。

くだらないネタも数撃ちゃウケる!ハイテンポ・ギャグ

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

ソファをホールインさせたら「(ソ)ファ!?」…くだらない。だがそれがイイ…!

本作で見逃してはならないのが、ステージクリア時に画面表示されるフレーズ

フツーのゴルフゲームなら「HOLE IN ONE!」とか「PAR!」とか成績が表示されるところ、本作ではオヤジギャグ的なネタが表示される。

たとえば、花瓶を壊さずにホールまで運んだら、「ガビーン!」

くだらねえ…!そう思ったことだろう。筆者もそう思った。

けど、くだらないオヤジギャグも、テンポに畳み掛けてこられると、思わず笑ってしまう…。しかも、ステージ毎に異なるギャグが用意されるという力の入れ具合。

本作の魅力の一つだと思うので、是非お見逃しなく!

ゲームの流れ

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

ゲームをスタートすると、タイトル画面などなくいきなりプレイ開始。

引っ張ってゲージを貯め、指を離すと何かが飛ぶ。操作ガイドも表示されるぞ。

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

数ステージプレイして、ステージ内の土管にボールを入れると、いきなり画面が変化!土管をバックにタイトル画面が表示されるぞ。

かなり粋な演出で驚いた。サプライズの多い作品だぜ…!

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

土管に吸い込まれたボールが行きついた先は、閉鎖されたゴルフ研究所。

コースでショットするのと同様に、引っ張って指を離すことで研究所内を移動できる。部屋の中にあるホールに接触すると、各ステージに挑戦できるぞ。

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

ステージをクリアすると研究所内の扉が開き、先へ進むことができる。ある程度進むと、研究所のコンピューターがボスとして登場。ボス戦になるぞ。

ボス戦の操作も基本的には同じ。引っ張ってボールをショットしよう。画面下のトゲと接触するとミス。ハートマークに接触するとクリアだぞ。

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

見事コンピューターを撃破!すると、壁が破壊され、研究所の奥へと進めるようになったぞ。

それにしても、牛がいたり、サッカー場が用意されていたり…と、ゴルフ研究所なのに、まったくゴルフと関係なさそうなところが、なんとも本作らしい。

「WHAT THE GOLF:これがゴルフ?」の攻略のコツはとにかくショットしてみること

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

とにかくショットしてみないと、ステージの特徴が掴めない。まずは打ってみよう。

本作は、ステージ毎にショットすべきものも違えば、アクション性も違う。

なので、基本的に初回プレイでいきなりクリアするというのは諦めた方がいいだろう。

とりあえず初回プレイはクリアのことを考えず、ネタを楽しむつもりでショットしてみる。クリアは2回目のプレイ以降で狙う。これが攻略のコツだぞ。

クリアのカギは何か?ルールを把握し推理しよう

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

このステージでのボールはなんとパワーゲージ!特徴も併せて確認しよう。

初回プレイ時のショットはフルパワーでOK。ショットによって飛んだものがそのステージでのボールということ。

この時、ボール自体のギミックに注目。ステージによっては、ボール(代わりの物体)がぶつかって壊れたり、複数の物体に分割されたり…といったギミックを持っているぞ。

そのステージでのボールが何か、どんなギミックを持っているかを押さえたら、次はステージ内で目につくギミックにボールをぶつけてみよう。これによって、攻略上利用できるギミックと、回避した方がいいギミックを知ることができるぞ。

ボス戦も同様!ショットでルールを探ろう

WHAT THE GOLF:これがゴルフ?のレビュー画像

ボス戦では壁を使うことが重要。反射させてハートを狙おう。

研究所のコンピューターと戦うボス戦では、ビジュアルがガラッと変わる。

ただ、攻略法はゴルフのコースと一緒。まずはショットを行い、そのステージのギミックやアクション性を探ろう

ゴルフコースと異なる点としては、壁を使った反射が重要。ビリヤードやブロック崩しの要領で、壁を使ってボールを反射させよう。