Zen Pinball Party

Zen Pinball Party

パブリッシャー Zen Studios

ジャンル アクションパズル

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

ハイパーゴージャス。世界一メジャーなコンピューターピンボール「Zen Pinball」がAppleArcadeに登場。

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Zen Pinball Party

ピンボールっていったら村上春樹かZenですよ(知ったかぶり)

ピンボールの決定版だね、これは。

「Zen Pinball Party」はゴージャスな演出の数々がまぶしいピンボールゲーム。

多数のプラットフォームで展開しているピンボールゲームシリーズ「Zen Pinball」(「Pinball FX」)シリーズ最新作がスマホに登場!

豊富な台、ド派手な演出面、操作性、オンライン対戦。すべてを網羅してるぜ。正直、文句の付け所がない。

完成度の高いピンボールゲー

Zen Pinball Party

上部をタップすれば揺らすこともできるぜ。

「カンフー・パンダ」など、ドリームワークス作品などの有名キャラクター台や、「Theatre of Magic」などの実機を再現している。

リアルタイムのオンライン対戦もできちゃう。台ごとのBGMもめっちゃクールだ。

チュートリアルやルールガイドも日本語に対応。これは非常に嬉しい!ピンボール好きは、このレビューを最後まで読まずにダウンロードしちゃってオッケーだ。

※本作品はAppleArcades対応ゲームであり、月額600円のサブスクリプション課金が必要となります。

「Zen Pinball Party」の特徴は豊富な台とゴージャスな演出

Zen Pinball Party

豊富な台とゲームモード。

昔、Windowsに収録されていた「3Dピンボール」を、狂ったように遊んでいた時期があった。多分心が疲れていたのだと思う。

ピンボールの歴史や魅力については今更新しく語れることはないが、ひっぱりアクションのスリルや爽快感は「アングリーバード」「モンスターストライク」などにも受け継がれている。

要するに気持ちいいし中毒性が高いってこと。遊びすぎ注意。

ピンボール好きなら文句なしにオススメ

Zen Pinball Party

オンラインモードも充実。

3GBもの大容量に見合ったゴージャスな演出の数々。複数の台やゲームモード、クリア報酬などが用意されており、飽きさせないつくりになっている。

台が派手すぎて、ボールを見失いがちなきらいはあるが、スマホで遊ぶならこれ!という「決定版ピンボール」といえるだろう。

ゲームの流れ

Zen Pinball Party

古めかしいゲームセンターからはじまるオープニング。

いいよな。こういう時代があったんだろうな。もう50年くらい昔の話なのかもな。

Zen Pinball Party

左右でフリッパーを打つ。基本的にはそれだけ。

ちなみに画面上部をタップして台を揺らすこともできる。反則しすぎ注意。

Zen Pinball Party

様々な台が用意されている。どれも趣向を凝らしてる他、ゴージャス。

こういうゲームだよな、スマホにいつも忍ばせておきたいのって。

Zen Pinball Party

リアルなボールの動き、臨場感ある視点演出、シャレオツなBGM。

もちろんスタミナ制度とか広告などないぜ。クール!

Zen Pinball Party

なお、Apple Arcadeは「ファンタジアン」など、最近メキメキとメンツも揃ってきたのでゲーマーにオススメ。

ちなみにApple Musicとかも兼ねたApple Oneってサービスもあって、色々してる人かなりお得だぜ。iCloudの容量も増えるぜ。

「Zen Pinball Party」の序盤攻略のコツ

Zen Pinball Party

テーブルガイドを読むと面白さアップ。多分ハイスコアもアップ。

ピンボールには様々なテクニックがある。ハギング、パス、トラップ、ストップ…。それは少しずつ覚えていくしかないぜ。

あとはルールブックを見るとハイスコアをとる仕組みがわかり、モチベアップだ!

Zen StudioのピンボールアプリにはMARVELやスターウォーズ、サウスパークなどの台が用意されたゲームもあるので、ハマった人は探してみるといいだろう。

2021年のピンボール

Zen Pinball Party

色々報酬もらっていこうぜ。

余談でしかないのだが、僕が昔、穴が開くほど読んだ小説を引用したい。

しかし、ピンボール・マシンはあなたを何処にも連れて行きはしない。リプレイ(再試合)のランプを灯すだけだ。

リプレイ、リプレイ、リプレイ……、まるでピンボール・ゲームそのもがある永劫性を目指しているようにさえ思える。

永劫性については我々は多くを知らぬ。しかしその影を推し測ることはできる。ピンボールの目的は自己表現にあるのではなく、自己変革にある。エゴの拡大にではなく、縮小にある。分析にではなく、包括にある。

もしあなたが自己表現やエゴの拡大や分析を目指せば、あなたは反則ランプによって容赦なき報復を受けるだろう。

HAVE A NICE GAME(良きゲームを祈る。)

 村上春樹 「1973年のピンボール」より

要するに、揺らす機能を使ったら一度使ったら当分は使わないように注意、ってことですね。

もう夏も終わるね。