INVICTUS:Lost Soul

INVICTUS:Lost Soul

パブリッシャー Bushiroad International Pte Ltd_

ジャンル 3Dアクションゲーム

価格 基本プレイ無料

ブシロードが手がけるハイクオリティ3D格闘アクション!90種類以上のカードでキャラをカスタマイズ!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

invictus_01

カードを選ぶカジュアル格闘アクション!ヴァンガードとのコラボも開催。

ハイグラフィックな西洋世界で悪魔を倒せ!

「INVICTUS:Lost Soul」は、ブシロードのシンガポール子会社が手がける超美麗のリアルタイム3D対戦格闘アクションだ。

世界に混沌をもたらす存在「デーモン」を追うべく、鎧騎士が立ち上がる!

リアルタイムでカードを選択してアクションを繰り出す、スマホでも遊びやすいシステムを搭載した格闘アクションになっている。

リアルタイムの3D対戦格闘アクションバトル!

invictus_02

敵の動きを読み、3種のカードを出そう。

ソロで遊べるストーリーモードや他プレイヤーとのリアルタイムPvPモードを選択するとアクションバトルに移行する。

画面下に手札が配られるので、その中から攻撃・防御・サポートの3種に分かれたカードを選択しよう。

攻撃を選ぶとキャラが剣を振りかぶり、敵の攻撃に合わせて防御を選ぶとガードを行える他、サポートは体力の回復などの効果がある。いずれも徐々に回復スタミナを消費するため、連続で行動することはできない。

カードデッキやその効果は編成でカスタマイズでき、前後の移動によって間合いをとるなど、本格的な格闘アクションバトルに挑戦しよう。

INVICTUS:Lost Soulの特徴は美しいグラフィックと手軽な操作感

invictus_04

鮮血表現もしっかりとある。グラフィックや世界観は良好。

ハイグラフィックで描かれる西洋風のファンタジー世界は雰囲気が良く、鮮血表現もしっかりとあって初見のプレイから世界観に引き込まれる。

操作感についても、仮想パッドによるコマンド入力はなく、リアルタイムでカードを選んで駆け引きを行うようになっていた。

簡単操作かつ適度なアクション性を感じられる良仕様だと思う。

リアルタイムPvPがメインだが、ソロで遊ぶストーリーモードや多数のコンテンツがあり、装備品やカード編成・強化といったRPGに近い育成システムが盛り込まれているのでボリュームも感じられた。

攻撃・防御・サポートなどのカードを編成!

invictus_05

カード編成の他に、装備品などの育成・カスタマイズシステムを採用。

キャラにはレベルが設定されていてバトルを進めるとステータスが強化される他、装備品の付け替えや強化、カードの編成・強化といった育成メニューがある。

装備品のなかでも武器にはロングソード、ソード&シールド、グレートアックスの3種があり、それぞれに攻撃アクションが変化する。

戦術も変わるため、プレイスタイルに合わせてカードを編成し、装備品を付け替えよう。

ゲームの流れ

invictus_07

最初に操作キャラの性別、チュートリアル中の装備武器を選択する。

武器はチュートリアル後に3種とも揃うので好みで選ぼう。

invictus_08

メインとなるPvPの他に、時間経過で回復するスタミナを消費して挑戦するストーリーモードがある。

ミッションを達成してルビーや資金を集めよう。

invictus_09

バトルはリアルタイムで進み、前後への移動やカードを出して3種のアクションを発動させる。

画面上の体力ゲージを見つつ、駆け引きを行おう。

invictus_10

カード選択後に迫力のアクションが再生される。

さらに、勝利確定時にはムービーが挿入される。

invictus_11

PvPやストーリー、トーナメント、ボスファイト、カスタムバトルといった多数のコンテンツが収録されている。

操作キャラを育成し、各モードに挑戦しよう。

INVICTUS:Lost Soulの序盤攻略のコツ

invictus_12

ミッションをクリアして報酬を集めていく。

序盤はストーリーを進めて報酬を獲得しつつ、装備品やカードの入手・育成を行っていく。

ストーリーを進行する過程で多数のミッションもクリアでき、多くの資金やルビーが手に入るので育成に活かし、バトルでカードを出すタイミングにも慣れていくといい。

防御は基本的に捨てて攻撃に集中!

invictus_13

カードを出すタイミングがシビアなので防御は正直使えない。

攻撃・防御・サポートカードの中でも扱いが難しいのが防御カードだ。

防御は相手の攻撃に合わせてタップする必要があり、強化なしだと入力タイミングが0.3秒ほどしかない

ミスをするとそのまま攻撃を受けるだけなので、あえて防御を捨てて攻撃とサポート(体力回復)をメインに立ち回るのがオススメだ。