Populus Run

Populus Run

パブリッシャー FIFTYTWO

ジャンル 3Dアクションゲーム

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

気分は一人で遊べる「 Fall Guys」。集団で走りつづける、サイコーにゴキゲンなランゲーム!

ダウンロード(iPhone)

Populus Run

このサイケデリックなヴィジュアルショック!

シュガーフリーのランゲーム←言葉の意味はわからんがゴキゲンだ!

「Populus Run」は集団を同時に操作する、演出面が光るランアクション。

ランニングにいそしむ人間たちを操作し、巨大なドーナツとかその他たくさんの障害物から回避させてゴールを目指す。

とにかくイケイケなサウンドと演出がサイコーだ。とりま演出やBGM目当てでも遊んでほしい。

巨大なファーストフードから身をかわそう

Populus Run

迫りくるドーナツを避けろ!(全員が避けるのはそこそこムズい)

左右の移動とジャンプ。シンプルな操作のランアクションだが、ユニークなのは、集団全員に当たり判定がある点。

全滅しない限り、ゲームは続行となる。集団が増えれば増えるほど、操作性は思うように動かせなくなる。このむずがゆさがクセになり、リプレイを繰り返してしまうのだ。

※本作品はAppleArcades対応ゲームであり、月額600円のサブスクリプション課金が必要となります。

「Populus Run」の特徴はゴキゲンなBGMと演出

Populus Run

高所恐怖症の僕にはこんなの怖すぎるぜ!

妙に気持ちいいスピード感とBGMがとにかくたまらん!簡単操作でもコンプリートは難しい、いい意味でテキトーなゲームバランス!

本作を開発したのはロシアのゲームスタジオ、FIFTYTWO。かわいらしいキャラが底抜けに陽気なサウンドの中、容赦なく命が散っていく!これがお国柄…か!?

※「Fall Guys」とは、あんま似てないっすよ

Populus Run

でも融通の効かないテキトーさは親近感ある気がする。

人数がライフなので増えるとクリアしやすくなるが、その分操作のクセが強くなる。この不安定な操作感の塩梅がニクいほどにうまく、何回も同じステージをやりこみたくなってしまう。

巨大なトラップなど、見た目的に大ヒットゲーム「Fall Guys」っぽさを感じる人いると思う。

とはいえあの容赦なく脱落してく雰囲気とテキトーさには、ちょっと通ずるものがあるけど、別ゲーよ。あしからず。

ゲームの流れ

Populus Run

シンプルな操作性!ジャンプと移動だけ。でも妙に面白い。これは説明しづらい。

序盤のステージは、フィールドとトラップ、色の違いがわかりづらいのが玉にキズ。

Populus Run

いやー演出面だけじゃなく、キャラの数がライフになってるシステムは斬新。

「ランゲームなんてもう遊び飽きたよ」と花京院のように言いたくなるゲーマーにこそ遊んでほしい。

Populus Run

ステージ数は多め。

たぶんAppleArcadeだし、アップデートで増えていくだろう。たぶん。

Populus Run

血しぶきのごとく吹き飛ぶドーナツ!

絶対狙ってるだろ。ちなみにゴア表現はないのでご安心。

Populus Run

筆者のiPhone 8だと、ちょっとカクつきがあったが問題なく遊べる範囲。

そろそろiPhone 12 miniとかにするべきか〜?でもあんまり不満ないんだよな〜。

「Populus Run」の序盤攻略のコツ

Populus Run

秘密キャラを救出しよう!

クリアするだけならそこまで難しくはないのだが、とにかく実績の解除が大変だ

レアキャラを生存させてクリアするのが実績になっている。彼だけは死なせないように大胆かつ繊細な操作で走り抜こう。…にぎやかな雰囲気のくせに残酷なゲームだ。

ハードコアモードに挑め!

Populus Run

ハードコア!ハードコア!ってコーラスがイカす。

実績を達成するとハードコアモード発動!難易度の上がったステージに挑むがよろし。

あ、何度も言うけど、そんなにフォールガイズには似てないからあんまりいじめんでくださいよ。このロンリーオンリーなパーティ感を楽しんでくれよな!イィー!