The Pathless

The Pathless

パブリッシャー Annapurna Interactive

ジャンル 3DアクションRPG

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

超高速の移動・飛翔・探索。呪われた森で繰り広げられる神秘のオープンワールドアドベンチャー!

ダウンロード(iPhone)

the pathless

超スピードの移動と飛翔を楽しもう。

呪われた森で繰り広げられる神秘のアドベンチャー

「The Pathless」は高速移動がとにかく気持ちいいオープンワールドアドベンチャー。

弓術の達人として世界を支配する「呪い」を解くために、神秘的な島を冒険していく。

相棒の鷲と絆を深め、高速で疾走し、滑空しよう。とにかく、世界を冒険しているだけで楽しくなってしまう、ゴキゲンなゲームだぜ。

オープンワールドを超スピードで探検

the pathless

このスピード感は事件です。

両手持ちで移動するアクション要素の強いアドベンチャー。その最大の特徴は広大なフィールドを高速移動するスピード感にある。

弓矢で的を射るとゲージが上昇し、超高速で疾走。これを繰り返すことでスタイリッシュな移動が可能になる。この爽快感は病みつきになることうけあいだ。

なお、がめついことを言うが、PC版は4180円。対してAppleArcadeは月額600円。これはお得すぎる。これ目当てでAppleArcadeに加入してもいいと思う。他作品も面白いし。

「the pathless」の特徴はスピーディな疾走感&イカした操作性

the pathless

『ABZÛ』のクリエイターによる新作。操作性もバッチリ。

「JOURNY」(風ノ旅ビト)のアートディレクター、Matt Nava氏が立ち上げたGiant Squidの新作。

和風な世界観や巨大な鷹との絆など「ワンダと巨像」のような雰囲気にも惹かれる。それだけでなく、スマホでも快適な、シンプルにまとめられた操作性やストーリー描写、BGMもたまらない。

豆知識だが、アンナプルナ・インタラクティブが手掛けた作品は、本作以外にも「Gorogoa」(ゴロゴア)「Florence」(フローレンス)「Telling Lies」など、どれも意欲的かつクリエイティブ。完全にオススメだす。

とにかく移動してて気持ちよすぎる

the pathless

ブレスオブザワイルド、スパイダーマン、ゴーストオブツシマ…。いいゲームは移動が楽しい。

何度でも言わせてもらうが、このスピード感!いやーこれは楽しい。やってみればすぐにわかると思う。

難点を言うと、今どこにいるのかわかりづらくなることだが、冒険してるだけで楽しいのでさほど問題なし。グラフィックはやはりPCやPS5(PS4)のほうがいいのかなあ。

ゲームの流れ

The Pathless

横持ちに構え、左手で移動し右手でカメラとアクションを起こすいつもの動作。

ジャンプは右画面をタップ。弓矢はアイコンを長押し。とシンプルにまとまっている。

The Pathless

弓矢で攻撃!主人公は達人なので走りながらだろうが射ることができる。アシタカか!

そして的を射止めるとゲージがアップし疾走できるゥ!これがヤバすぎるゥ!

The Pathless

アイテムを獲得するとアクションが増えていく。

これは不可視の壁や遠くのオブジェが見えるやーつ。隠し通路から先に進め!

The Pathless

アイテムを取り、そしてアンロックするという流れ。だんだん世界が広がる。

そう考えるとオープンワールドとはいえメトロイドみたいな趣もあるのか?いや違うか。

The Pathless

暗雲立ち込める空が晴れていくカタルシス!

さあ探索を繰り返し世界に平和を取り戻そう。空を滑空できるようになるころには俺たちもトリコさ!

「The Pathless」の序盤攻略のコツ

The Pathless

宝石みたいなのをとって封印を解こう。

とりま序盤の流れを。まずは階段を登り、矢を撃ってスピード感に酔いしれつつ最初の赤く光るオブジェへ。

アイテムを取ったら偉そうな人の死体から容赦なくアイテムを強奪し、不可視のアイテムで隠し通路を超えて疾走しよう。

基本的には「謎のアイテムを取る」「赤く光る施設をアンロックする」世界が広がるという流れだ。鷹と一緒に冒険する気持ちよさを満喫してくれたまえ!

カクつく場合は再起動を

the pathless

達人なので落ちても溺れないー。

「AppleArcadeのゲームあるある」なのだが、古いiPhoneで遊ぶ時に動作がカクつくことがある。そういう場合はアプリだけじゃなく、iPhone本体を再起動すると改善することがある。

筆者のiPhoneも「8」で、最近発表された「12」に比べたらもはやだいぶレガシーだが、この方法を試してから軽快に動作するようになった。困ってる人のために書いておく。