グラインドストーン

グラインドストーン

パブリッシャー Capybara Games Inc.

ジャンル パズルゲーム

価格 AppleArcade (月額600円 初月無料)

同じ色の敵をなぞってバトル!宝箱やゴールといった場所へどう向かうか?ルート作りが重要な新型パズル

ダウンロード(iPhone)

グラインドストーンのレビュー画像

同じ色の敵を繋いで倒し、ゴールを開こう。開いたゴールへ入ればクリア!

なぞって敵を倒しストーンを集めるマッチングパズル

「グラインドストーン」は、敵をなぞって倒すマッチングパズルゲーム。

一定の敵を倒すとゴールがオープン!ゴールに入ればステージクリアとなる。

マッチングパズルと言えば国民的ゲーム「パズル&ドラゴンズ(パズドラ)」「キャンディクラッシュ」が有名。でも、本作はそうした既存作とは別方向に進化。

マッチング数や連鎖を伸ばすのではなく、目的地へのルートをどう切り開くか?という新たなパズル性が楽しい作品なのだ。

なぞってマッチング!グラインドストーンを出現させよう

グラインドストーンのレビュー画像

開いたゴールへ向かうためにもマッチングが必要な点に注意!

基本操作はスワイプによって行う。同じ色のクリープ=敵をタテ・ヨコ・ナナメにスワイプして繋げよう。

繋ぎ終わったら「GO!」ボタンをタップ。主人公・ジョルジュが繋いだとおりに動いて敵を倒すぞ。

10体以上の敵を繋ぐと、グラインドストーンが出現。グラインドストーンをなぞると、繋ぐ敵の色を切り替えることができる。

狙え宝箱!設計図でアイテムゲット

グラインドストーンのレビュー画像

設計図があれば、街の宿屋の店主がアイテムを作ってくれるぞ。

グラインドストーンはパズルのギミックとして使えるだけでなく、本作の通貨代わりになっている。

Apple Arcade対応作品である本作には課金がない。なので、グラインドストーンを手に入れるため、がんばって10体以上の敵を繋ごう。

また、ゴール解放後も敵を倒していると宝箱が出現。宝箱をゲットすると、中からアイテムの設計図が手に入る場合があるぞ。

「グラインドストーン」の魅力はルートを切り開くパズル性

グラインドストーンのレビュー画像

大量の敵をマッチングした上で宝箱へ向かう!これは気持ちイイ。

本作で重要なのは、できる限り多くの敵をマッチングすることより、どこからスタートしてどこに向かうか?というルート作り

もちろん、10体以上の敵を繋いでグラインドストーンを出現させるという意味ではマッチングも重要。

しかし、敵の攻撃を回避したり、ゴール地点や宝箱、カギといったものを獲得したりするためには、それ以上にルートが重要になってくる。

ゲームオーバーを回避!攻撃を受けないルート作り

グラインドストーンのレビュー画像

周囲の敵を倒すことができる回転の剣。使用回数は少ないが頼りになる。

ターン経過によって、一部の敵は攻撃準備態勢をとる。この状態になった敵の攻撃範囲でジョルジュが止まると、攻撃を受けてしまう。

攻撃によってジョルジュのHPがゼロになるとゲームオーバー

敵の攻撃を防ぐことのできる木の盾や、周囲の敵を倒せる回転の剣といったアイテムもあるが、使用回数が少ない。なので、敵の攻撃を回避するルート作りが重要なのだ。

カギ・宝箱・ゴール!目指す地点へたどり着け

グラインドストーンのレビュー画像

設計図ゲット!クリアするだけなら簡単だけど、宝箱を手に入れるのは一苦労。

敵の攻撃を回避するルート作りは重要…。しかし、敵の攻撃を回避してばかりではクリアできない。

なぜなら、ジョルジュがゴールへたどり着くことがクリア条件だから!

また、設計図を手に入れるためには宝箱をゲットしなければならない。そして、宝箱ゲットのためにはカギを持つ敵を倒す必要がある。

敵の攻撃を避けつつ、カギを持つ敵を倒し、宝箱を手に入れ、ゴールを目指す…。書くのはカンタンだけど、いざプレイすると、これがなんとも悩ましい…。でも、悩ましい分面白い

ゲームの流れ

グラインドストーンのレビュー画像

オープニングでは、コミック形式でジョルジュの冒険の背景が語られる。

セリフはなく、細かい背景はプレイヤーが想像する形式。どことなくもの悲し気に見える…。

グラインドストーンのレビュー画像

マップからステージを選択しよう。クリアすると次のステージがアンロックされるぞ。

宝箱も獲得状況についてもマップ上で確認できる。まずはフツーにクリアして、宝箱は周回プレイで狙うのがオススメ。

グラインドストーンのレビュー画像

序盤の数ステージはチュートリアルになっており、1操作ごとに説明が行われる。

敵を繋いでゴールを目指すこと自体は難しくないが、敵の攻撃を回避したり、宝箱を手に入れたり…といったことが重なると、一気に難易度がアップするぞ。

グラインドストーンのレビュー画像

失ったHPは、街の宿屋で飲めば回復する。ただし、飲むためには通貨としてグラインドストーンが必要。

大規模なマッチングを狙ってダメージをくらえばグラインドストーンを失うことになる。なので、ダメージを抑えるようにプレイした方が、結果的に効率がいい。

グラインドストーンのレビュー画像

カギを持つ敵を倒して宝箱を手に入れ、中から設計図が出てきた時も宿屋へGO!アイテムを作ってくれる。

なお、作っただけじゃ使えない。きちんと装備しておこう。3つまで装備できるぞ。

「グラインドストーン」序盤攻略のコツは数の多い敵を倒さないこと

グラインドストーンのレビュー画像

攻略のカギとなるグラインドストーン。出現には10体以上繋げる必要がある。

ゴール地点やカギ、宝箱などの特定地点を目指すための武器となるのがグラインドストーン。異なる色の敵を繋ぐことができれば、ルート作りの幅がグッと広がるぞ。

ただ、グラインドストーンを出現されるためには、10体以上のマッチングが必要。これがなかなか難しい…!

そこでオススメしたいのが、画面上にたくさんいる敵を、あえて倒さないこと。

あえて敵を倒さない!同色の敵を増やそう

グラインドストーンのレビュー画像

画面上に多い敵をあえて残すのがグラインドストーン出現のコツ。

マッチング数を増やそうという考えでプレイすると、画面上に多数存在する敵から倒すことになる。

しかし、倒す数が10体未満だとグラインドストーンは出現しない。そこで、多数存在する敵をあえて無視し、画面上に少ない敵から優先して倒そう。

こうすることで、敵の色に偏りが生まれ、同色の敵が増えてくれる。結果的に、10体以上のマッチングが狙いやすくなるだろう。

アイテムの存在を忘れない!出し惜しみする必要なし

グラインドストーンのレビュー画像

ここぞという場面では遠慮なくアイテムを使おう。気の盾は特に頼りになるぞ。

グラインドストーンが出現していない時、頼りになってくれるのが木の盾などのアイテム類

本作のアイテムは、ステージとステージの合間に使用回数が回復する。なので、出し惜しみする必要なし!

グラインドストーンなしでしのがなければならない時や、宝箱やカギといった場所をピンポイントで目指す時など、ここぞという時は、アイテムを遠慮なく使ってしまおう。