Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloon(Mrパンプキン2 ウォールズ・オブ・クーロン)

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloon(Mrパンプキン2 ウォールズ・オブ・クーロン)

パブリッシャー Lilith Games

ジャンル 探索アドベンチャーゲーム

価格 Android:250円 iOS:250円

伝説のスラム街・九龍城を高い臨場感で再現!手描きテイストのビジュアルも魅力の謎解きアドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

手描きテイストで表現された九龍城砦。Mrパンプキンを操作し探索の旅を進めよう。

九龍城砦(クーロン城)を舞台にした手書き風グラフィックの謎解きアドベンチャー

「Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloon(Mrパンプキン2 ウォールズ・オブ・クーロン)」は、かぼちゃ頭のキャラクター・Mrパンプキンを主役とした謎解きアドベンチャー。

ゲームの目的は九龍城砦(クーロン城)からの脱出。タップでMrパンプキンを動かして探索、謎を解いて物語を進行しよう。

舞台となる九龍城砦とは、違法増築が繰り返され、迷路のように入り組んだ香港のスラム街。かつて現実に存在したこの都市を、手描きテイストのグラフィックで再現。

本作でしか味わえない独特な世界観が魅力となっている。

タップで移動!フキダシを選んで会話&探索

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

アイテムを使いたい場合、画面右下をタップ。ウィンドウから使用アイテムを選ぼう。

画面をタップすると、その場所へ主人公、Mrパンプキンが移動する。この時、ダブルタップすると走って移動するぞ。

会話や探索が行える場所に近づくと、フキダシ状のアイコンが出現。タップでアイコンに応じた行動が行える。

アイテムを使用したい場合は、画面右下のカバンアイコンをタップして、アイテムを選ぼう。

有料の価値アリ!じっくり楽しむ作品が好きなら買い

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

ゲーセンにあるミニゲームも謎解きのひとつ。細かいところまで丁寧に作られている。

本作は、Steamで配信されているPC版の移植作。

元が有料ゲームなだけあって、ゲームとしての質・ボリュームともに十分満足できる内容だと感じた。

一方、スマホへの最適化が乏しく、文字サイズが小さかったり、タッチしづらかったりといった欠点はある。

ただ、PC版は日本語未対応で、価格もスマホ版の方が安い

なので、じっくり楽しむアドベンチャーゲームが好きなら、買いだろう。

「Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloon」の魅力は九龍城砦の持つ世界観

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

九龍城砦という舞台こそ本作の主人公と言ってもいい。カオスな雰囲気がカッコいい。

本作最大の魅力は、舞台が九龍城砦(クーロン城)という点にあるといっても過言ではない。

正直、九龍城砦と聞いて興味が湧いたという人、いるでしょ?だとしたら、同志

いや、本作は謎解きアドベンチャーとして手堅く作られており、ぶっちゃけク九龍城砦が舞台じゃなくともおもしろい。

でも、九龍城砦ということで、魅力250%マシマシ(当社比)でしょ!

ロマンを感じさせる!九龍城砦の魅力

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

立ち並んだアパートと、看板。九龍城砦は実在したサイバーパンクシティといえる。

先に書いた通り、九龍城砦とは、香港に実在したスラム都市。

そのスラム都市の何が魅力的なのかというと、都市のビジュアル

違法増築が繰り返されたことで迷路のように複雑化、アパートの部屋が地層のように積み重なり、無数の看板が立ち並ぶ…そのカオスな光景はサイバーパンク作品のよう。

本作以外にも、PS1のゲーム「クーロンズゲート」や、神奈川県川崎市のゲームセンター「ウェアアハウス川崎」などがモチーフに取り入れており、九龍城砦にロマンを感じる人は決して少なくない。

もちろん、スラム街なので、手放しで「カッコいい」といえるものではない…。ないのだけど、それでもなお、人を引き付ける魅力があるのは事実だろう。

九龍城砦の息吹を感じる!高い臨場感

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

セリフで省略するのはなく、絵でシーンを描写していることも臨場感に繋がっている。

本作がイカしているのは、ただでさえ魅力的な九龍城砦を、臨場感たっぷりに描いているところ。

登場人物はもちろん、背景に描かれた機械など細かくアニメーションしているので、街が生きているように思える。

さらに、主人公の移動を省略せず描いているので、街の存在感が強い。とても魅力的な九龍城砦に仕上がっていると思う。

ゲームの流れ

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

初プレイの場合は、画面中央のメニューから「新しく」プレイを選ぼう。セーブデータの保存場所を選んでプレイ開始!

二回目以降のプレイは、「続けてプレイ」をタップ。

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

突如出現した龍に導かれ、九龍城砦に入ったMrパンプキン。都市の中は雑然としており、人々は皆荒んでいる。

人を見つけたらとりあえず会話し、その後背景をくまなく探索しよう。

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

アイテム探しの途中、パズルを解かなければならないことも。

パズルは基本的に、ひらめきよりも試行錯誤が重要。たとえばこの画像のパズルは、矢印マークの位置を何度も変える内に解き方が分かるハズ。

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

基本的に、何らかのアイテムを欲しがっている人物へ、そのアイテムを渡すことで行動範囲が広がっていく。

行く先に迷ったら会話を行い、何か欲しがっている人がいないか確認しよう。

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

ゲームセンターではクレーンゲームも遊べるぞ!ここでは、某夢の国の某ネズミキャラのばったもんみたいな人形が重要。

細かいところまで手を抜かずに作られているので、グイグイ引き込まれる。

「Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloon」の攻略のコツはシラミ潰し移動&会話のリピート

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

画面下、センターバーの陰にアイテムがある。取り逃しがちなシーン。

本作攻略上最大のポイントが、アイテム探し

アイテム探しの途中でパズルを行う場面もあるが、パズルよりもアイテム発見のハードルの方が高いように思う。

このことを踏まえた上で気をつけたいポイントが、シラミ潰しで移動することと、会話をリピートすること。

アイテム取り逃しを防ぐ!シラミ潰し移動

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

背景づたいに移動し、アイコンが出るか確認。取り逃しを防ごう。

獲得可能なアイテムは、画面上にちゃ~んと描かれている。けど、背景に埋もれて見逃してしまいやすい。

そこで、面倒でも1画面ずつ、端から端までシラミ潰しに移動しよう。

主人公がアイテム付近まで移動すれば、アイコンが表示されるので、取り逃しを防ぐことができるぞ。

画面全体を移動するのがめんどくさい場合、せめて上下左右の壁伝いにアイテムがないか確認しよう。

特に見逃しやすいのは画面下!端末がiPhoneXiPhone11だと、センターバーによってアイテムが隠されてしまうことがあるぞ。

セリフを見逃すなかれ!会話リピート

Mr Pumpkin 2: Walls of Kowloonのレビュー画像

この人物はセリフが変化するキャラの一人。繰り返し会話しよう。

レトロなアドベンチャーゲームでは、会話するごとにセリフが変化するため、同じセリフが繰り返されるまで会話をリピートするというのが鉄則だった。

本作はレトロゲームではないけど、この鉄則が当てはまる!

本作には、繰り返しタップすることでセリフが変化するキャラクターが存在する。

その上、変化後のセリフで謎のヒントを話すことが多い。

なので、必ず、同じセリフが繰り返されるまで会話を繰り返そう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。