Evertile(エバータイル)

Evertile(エバータイル)

パブリッシャー Caesar Ventures Ltd

ジャンル 対戦プレイゲーム

価格 基本プレイ無料

ぶつかるまで止まらない!特殊な移動ルールを活かして相手を誘導!駆け引きがアツい対戦型カードゲーム

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Evertileのレビュー画像

パッと見、「クラロワ」っぽい外見だけど、ルールそのものはターン制ストラテジー。

ぶつかるまで止まらないという特殊な移動を駆使して戦う対戦型ターン制ストラテジー

「Evertile(エバータイル)」は、カードを組み合わせデッキを構築し、他プレイヤーと戦う対戦型ターン制ストラテジー。

ターン毎にユニットを動かし、敵ユニットを攻撃。一定数の敵ユニットを先に倒した方が勝利する。

特徴はユニークな移動ルール!動かしたユニットは、壁か他ユニットにぶつかるまで止まらない。

この特殊な移動を活かし、いかに相手を追い込むか?駆け引きがアツい作品だぞ。

ユニットは自動召喚!プレイのカギになるのは移動

Evertileのレビュー画像

ターンには制限時間があるぞ。動かさなかったユニットはペナルティを受ける。

自分のターンが来たら、ユニットを上下左右にフリックして動かそう。

ユニットは、壁か他ユニットへぶつかるまで移動した後、止まる。ぶつかったのが敵ユニットなら、自動的に攻撃してくれるぞ。

ユニットの召喚はオート。自分のターンが来た時、ユニットが4体未満なら不足分のユニットが自動的に召喚される。

バトルに勝ってチェストをゲット!カードを育成しよう

Evertileのレビュー画像

バトル以外はほぼ「クラロワ」準拠。「クラロワ」経験があればすぐ理解できる。

バトル以外の要素…育成やデッキ構築などは、UIも含めてほぼ「クラッシュロワイヤル(クラロワ)」といっていい。

バトルに勝つとチェストを獲得でき、チェストからカードを集める。同じカードを手に入れると経験値が貯まり、ゴールドを消費してアップグレードが可能。

チェストを開くまでの時間を短縮したり、チェストをショップ購入したりといった場合には有料アイテムのジェムが必要になるぞ。

「Evertile」の魅力は移動を巡るアツい駆け引き 

Evertileのレビュー画像

ただ勝ったというだけでなく、アツい駆け引きを制したことが喜びに繋がる。

移動できる方向は4方向壁か他ユニットにぶつかるまで止まらない

このルール自体は、「Threes!」「2048」といったパズルゲームでも見られるもので、さほどユニークなものではない。

しかし、このルールのおかげで本作は、駆け引きが超絶アツい

狙い通りッ!心理戦を制するアツさ

Evertileのレビュー画像

4方向のみ、ぶつかるまで移動するという仕様のため、この配置は敵の攻撃を受けない。

本作では、ほとんどのユニットが1撃か2撃で死ぬ

なので、敵ユニットを倒したユニットは、たいていの場合次のターンで反撃され死ぬことになる。

ここで有効になるのが、敵ユニットを一体だけおびき出すこと。

本作には、ターン終了までに移動しなかったユニットはダメージを受けるというペナルティがある。なので、ユニット配置によって相手の移動方向を制限してやれば、狙った位置へ敵を誘導できる。将棋で王手を狙う感覚に近い。

狙いが上手くハマれば、相手はこちらの思い通りに動き、勝利がもたらされる…。これがアツい!心理戦を制するアツさだ。

奥深い戦略性!ユニットの特性も重要

Evertileのレビュー画像

攻撃時も防衛時もユニットの特性を考慮して配置するのが重要だぞ。

さらに駆け引きをおもしろくしているのが、ユニットの特性

たとえば、アーチャーは、敵を縦方向に貫通して攻撃できる。なので、盾役ユニットで他のユニットを守っていても、攻撃されてしまう。

また、戦士は、前方の横3マス分のユニットを同時攻撃できる。

こんな風に、フツーなら攻撃を受けないはずの配置であっても、敵ユニットによっては攻撃されてしまう…。

ただ移動させるのではく、ユニットの特性を活かした上で、どう動かすかが重要。 コイツは奥が深いぜ…!

ゲームの流れ

Evertileのレビュー画像

ゲームをはじめると、数ステージ使ってルールを説明してくれるぞ。

ルール1つに対して1つステージが用意されている形で超丁寧!

Evertileのレビュー画像

チュートリアルが終わると、いよいよメインであるオンライン対戦がスタート!ホーム画面から「バトル」をタップすると対戦できるぞ。

画面下には獲得したチェストが並ぶ。チェストをタップすると、アンロックスタート。

Evertileのレビュー画像

マッチングにかかる時間は、30秒程度。「クラロワ」よりは時間がかかる印象。

UIが似ているのでどうしても「クラロワ」と比べてしまうが、他の一般的な対戦ゲームと比べると、十分早い方だと思う。

Evertileのレビュー画像

ゲームスタート!先攻・後攻は自動的に決まり、カードの召喚も自動的に行われる。

自分のターンが来たら、ユニットを上下左右に移動しよう。攻撃することよりも、敵に攻撃されない配置にすることを意識した方がいい。

Evertileのレビュー画像

バトルを行う前に、まずはデッキ内のカードをチェックしておこう。自分の戦略を考える上でも、敵の手の内を知る上でも重要だぞ。

ユニットによっては攻撃後再度移動できるというものや、敵をノックバックできるなど、かなり特殊な能力を持つものもいる。移動が重要なゲームなので、移動に関わる特殊能力は確実にチェックしておきたい。

「Evertile」の序盤攻略のコツは魔女&シャーマンの組み込み

Evertileのレビュー画像

欲しいカードがあるなら、初期ジェムを投じてガンガンチェストを開けよう。

序盤でオススメしたいカードが、魔女シャーマン

もしゲットしているなら早速デッキに組み込もう

まだゲットしていないなら、なるべく早い段階でゲットしたい

ショップ購入可能なら、ゴールドを消費する価値がある…。それくらい強力なカードだぞ。

敵を凍らせ移動不能に!魔女

Evertileのレビュー画像

戦略上、移動が重要なゲームなので、移動不能をもたらす魔女は非常に強力!

魔女の強力な点は、攻撃範囲内の敵を凍らせるという特殊能力。

凍った敵は動けなくなるため、移動することも反撃することもできなくなってしまう。

なので、敵ユニットに攻撃した際、仮に敵を倒せずともOK。攻撃時のリスクが非常に少ない

さらに、動けない敵ユニットは、敵の行動範囲を制限するための障害物として活用できる。戦略上のメリットが大きい…!

防衛の要!HPを回復できるシャーマン

Evertileのレビュー画像

全味方を毎ターン回復できるシャーマンは、ヒーラーとして超有能なユニット!

シャーマンの強力な点は、全味方ユニットのHPを回復できるという点。しかも毎ターン

既に書いた通り、本作のユニットはどれも大体2ターンくらいで倒せる。けど、シャーマンがいると、2ターン目には体力が回復してしまう。これが強力!

相手からすると、シャーマンがいるだけで、より積極的に攻めなければならなくなってしまう。これはつまり、戦略変更せざるを得ないということ。

魔女とシャーマン、どちらも強力かつイヤらしいカードなので、持っているなら使わない手はないぜ!