Heal: Pocket Edition

Heal: Pocket Edition

パブリッシャー Jesse Makkonen

ジャンル パズルゲーム

価格 Android:560円 iOS:610円

このグラフィックとBGM。老人の孤独を描いた、抽象的な2Dパズルアドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Heal: Pocket Edition

老人の孤独を描いた2Dアドベンチャー。

もう一度あなたに会いたい、たとえ最後でも。

「Heal: Pocket Edition」は老人の孤独を描いたフィンランド産の脱出アドベンチャー。

老人は暗い部屋を探索し、なにかを思い出していく。

ダークな雰囲気の美しいビジュアルが特徴。アンビエントなBGMが老人の孤独を滲み出す。いい感じだ。

難易度の低いパズルアドベンチャー。

Heal: Pocket Edition

雰囲気あるサウンドとグラフィック。

怪しいところをタッチ、スライドなどさせ謎を解いていく、ポイントアンドクリック式のパズルアドベンチャー

日本語がサポートされており、難易度も低い。

テキストやセリフはほとんどなく物語は抽象的に描かれる。雰囲気あるグラフィックとサウンドに魅せられよう。

「Heal: Pocket Edition」の特徴は抽象的に描かれる老人の孤独

Heal: Pocket Edition

この光の表現おれはめっちゃ好きやねん。

サイコホラーアドベンチャー「DISTRAINT」を手掛けた作者の新作。本作も精神的に刺さる感傷的な演出が散りばめられている。

老人の救えぬ孤独、取り戻せないものへの後悔。想像するのはプレイヤー本人でもある。是非謎を解いて胸を打たれて欲しい。

救われない心象を想像させる曖昧な表現

Heal: Pocket Edition

怪しいところにはマークが出る親切設計。

翻訳はカタコトではあるが、日本語もサポートされている。謎解きの難易度は低く、ある程度脱出ゲームをプレイしている人なら比較的簡単に解けるだろう。

その点すぐにクリアできそうな感じがするが、痛切な雰囲気が好きな人にはオススメだ。個人的にはフィンランドのゲームってだけでやりたくなってしまう。

ゲームの流れ

Heal: Pocket Edition

言語設定をしたらステージを選ぶ。オートセーブに対応。

7ステージだとしたらちょっとボリュームに難ありかもな。

Heal: Pocket Edition

雰囲気ある光と闇の表現に注目。謎はタッチやスライドをするシンプルな操作で解決。

クリアした謎解きにはチェックマークが出る親切設計。

Heal: Pocket Edition

時間をあわせる!2つのレバーでヒント探っていこう。

スクショを取りながら進めるのが脱出ゲームのコツと心得よ。

Heal: Pocket Edition

扉の鍵穴から覗き込むのがヒントになることも多い。

今までクリアしたステージの鍵穴もヒントになることも多い。超自然だな。

Heal: Pocket Edition

しかしこの質感よ。匂いすら画面から漂ってきそう。

曖昧なストーリーは賛否両論というか未完成感あるが、それもまたインディーの味なのかもな。

「Heal: Pocket Edition」の序盤攻略のコツ

Heal: Pocket Edition

老人が癒やされることはあるのだろうか。

まずは各ステージ、つまり部屋の隅々を頭から探索していこう。怪しいところは表示され、タップ長押しで探索できるようになっている。

時計の時間合わせ、文字合わせのパズル。3色の数字合わせは各謎に書いてある。詰まりがちなのは、クリアした部屋のドアをチェックしておくことだろうか。

ネタバレなしでプレイしよう

Heal: Pocket Edition

なんとなく押井守映画みたいな造形美なんだよな。

本作はそこまで難易度は高くない。ヒント機能などはないが、よく部屋を観察すれば意地悪な謎はなく、すべての解答は提示されている。

これは脱出ゲーム的な謎解きの基本の基だが、スクショを撮っておくと後々何度も往復せずに済む。