Grumpy Dwarf

Grumpy Dwarf

パブリッシャー Odd Vessel Pty Ltd

ジャンル 落ちゲー・積みゲー

価格 基本プレイ無料

美麗ドット絵の掘削ファンタジーアクション!どこまでも深い洞窟を探索していこう。

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Grumpy Dwarf

この美しきドット絵とBGMを見よ。

ドワーフは世界の底を目指す。お宝をめざして。

「Grumpy Dwarf」はドット絵が美しいファンタジー世界観の掘削アクション。

ドワーフとなり、地下のお宝を手に入れるために、モンスターがひしめく、危険極まりない洞窟を掘りまくる。

美しいBGMとグラフィック。そして、残酷な神が支配するシビアな洞窟を掘り進め、お宝を獲得しよう。

中毒性の高いカジュアルなディグディグ系アクション

Grumpy Dwarf

道具屋のジジイの描き込み具合。イケてんなあ。

ランダムに生成されたステージをひたすら穴を掘って宝を集める「ディグディグ」系の掘削アクションとなっている。

稼いだ金でアイテムを購入したりピッケルをアップデートしたりする育成要素もあり。

洞窟を走破するのは困難を極める。1ゲームが短い分、妙にハマってしまう怖さがある。

「Grumpy Dwarf」の特徴は美麗グラとシビアな難易度

Grumpy Dwarf

なんとシビアな洞窟探検。これがファンタジーの真実か。

レトロかつ精細なアートワークに一瞬で心を奪われてしまった。

お金稼いで装備強化して、さらに深く潜る。この繰り返しの中に、生と死を繰り返す営みを感じなくもない。

半自動でドワーフが移動する不思議な操作性は、ドワーフの勝ち気な性格を表現しているのかもしれない。

まさに深き魂の証明(洞窟探検は死にゲー)

しかしこのゲーム、難易度がシビアだ。残酷、と言ってもいいくらい。すぐ死ぬ。

無理なときは無理。ある程度成長するまでは、繰り返し死ぬことが前提のゲームになっている。

「メイドインアビス」といい、古くは「スペランカー」といい、地下に潜るのはロマンある行為だが、シビアでデンジャラスなんだなあ。

冒険は命をかけるもの。無限の死(ストレス)を越えたものだけが、栄光と財宝を掴むことができるのかもしれない。

ゲームの流れ

Grumpy Dwarf

うおー!冒険のはじまりだー!地下世界にはお宝と危険がいっぱいじゃー!

わかりづらいけどショップは右のボロ家をタップな。

Grumpy Dwarf

このドワーフッ!金が好きなのか、金を取ると体力が回復するッ!

要するに稼げば稼ぐほど深く掘れるって寸法よッ!

Grumpy Dwarf

ダンジョンには危険がいっぱいッ!あげくこのドワーフ止まれないッ!

これによってスピーディなゲーム展開、そして安易なる死が訪れるッ!

Grumpy Dwarf

稼いだ金でアイテムを購入ッ!ピッケルをアップグレードッ!

だがッ盲点ッ!アイテムを持っていくにはッ!赤石(有料アイテムのことね)を手に入れなくてはいけないッ!

Grumpy Dwarf

そりゃ!当然!弱いピッケルでは硬いブロックは掘れないッ!

敵の攻撃はかわせない。 現実は非情である。何度もゲームオーバーを繰り返し強くなれッ!

「Grumpy Dwarf」の序盤攻略のコツ

Grumpy Dwarf

まずはピッケルをアップグレードだ!じゃないと死にゲー不可避。

多分何度も君は死ぬと思う。このドワーフ、動きが止められないし、敵の攻撃やマップの配置は容赦ないので、ダメな時は死ぬしかないからだ。

まずは何度もステージを進め、金を稼いでピッケルをアップグレードしよう。そこまでが地獄だが、そこからが本当の地獄だ。

死んで強くなるしかない。ダメなときはダメ

Grumpy Dwarf

赤石!これこそ!このゲームの核心にせまる最大の謎!

というわけで、金と赤石(赤い有料アイテム)を集めていこう。というのも、バッグをアンロックするのに必要だからだ。

しかしこのスクショ見るとわかるように、どうあがいても絶望、みたいなマップ配置の時も多い。広告地獄にならないのがこのゲームの善意か。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。