Eris Forest

Eris Forest

パブリッシャー Studio Qinoko

ジャンル 設置型タワーディフェンス

価格 基本プレイ無料

このグラ、美しすぎ。オーストラリアから幻想的な360度タワーディフェンスが登場!

ダウンロード(iPhone)

Eris Forest

虫からの侵略から木を守ろう。うーん幻想的。

360度から押し寄せる虫を防ぐ3Dタワーディフェンス

「Eris Forest」は幻想的なビジュアルが美しすぎるオーストラリア産のタワーディフェンス。

森の守護神になり、昆虫のような見た目をした謎の外敵から神聖な木を守っていく。

いやーこの樹木のリアルさと光の表現。もうこのグラフィックだけでもうやるしかないって。でしょ?

木の外周360度に設置するタワーディフェンス

Eris Forest

これが精霊の絵梨さん。なんとボイス付き。

本作はユニットを設置し、自陣を敵から防衛していく「キングダムラッシュ」タイプの設置型タワーディフェンスだ。

ただ、敵が木の外周、360度から侵攻してくるのがユニーク。木の全面を確認しながら外敵を阻止する、スリリングなプレイ感で遊べる。

「Eris Forest」の特徴は雰囲気バツグンのビジュアルと丁寧につくられたゲーム内容

Eris Forest

この質感よ。言葉になりません。

オーストラリア、ニュージーランドですでに高い評価を得ている本作。

屋久杉を彷彿とさせる樹木の美しいビジュアルに加え、360度、立体的なステージで楽しめるタワーディフェンス部分も斬新だ。

失礼ながら雰囲気ゲーかと思ったら、手抜きなくゲーム内容も丁寧につくられていた。日本語にも対応し、棒読みだがボイスまで付いているから驚きだ。

課題はあるが、プレイに不備があるほどではない

Eris Forest

敵がどこからくるからわかりづらいかも。

幻想的な雰囲気が良すぎる分、各ユニットの性能や敵へのダメージが把握しづらいなど、ゲームとしてはやりづらい点もあった。

また、360度から押し寄せる敵のパターンは、タワーディフェンスに慣れている人ほど、最初は戸惑うかもしれない。

だが、精霊?のナビゲートキャラがしっかりとチュートリアルしてくれるし、操作差方法に不備はない。

きちんとコンプリートして勝つのは戦略と技術が必要になる難易度もよかった。

ゲームの流れ

Eris Forest

敵の進路が光で描かれ、キノコを配置して撃退していく。

シロアリやキノコたちもグロテスクじゃなくデフォルメされているのが好感触。

Eris Forest

キノコは多くのタワーディフェンスと同じく、強化や売却が可能。

配置する場所、タイミングが勝敗をわけていく。ユニットはステージをクリアすると追加されていく。

Eris Forest

精霊、絵梨を配置すると、近接したユニットにバフなどを与えることができる。

彼女の効果は装備したランタンで変化するので、ここに戦略性の幅がある。

Eris Forest

嬉しいのがクリーチャーやキノコなどの図鑑機能。

日本語は若干つたないが、そこらへんはゲーマーとしての勘で補完しよう。

Eris Forest

ランタンをアンロックすることで絵梨の能力を上げることができる。

ただクリアするだけなら難しくないが、ノーダメージでパーフェクトに勝つのはなかなか難しい。骨があるね。

「Eris Forest」の序盤攻略のコツ

Eris Forest

「絵梨」を配置できるスペースを残すのも大事。うーん痛し痒し。

ステージを進めるとユニットが追加され、ランタンを装備できるようになる。

ただ攻撃ユニットを配置するだけじゃなく、敵をゆっくりにさせるキノコも併設し、マナの増幅量をアップさせる絵梨を戦場に適宜移動させていくのが基本戦略だ。

時にはユニットを「売却」するのも大事

Eris Forest

自陣近くに強力なユニットを配置して守り抜け。

ユニットは配置した後、更に強化をしたり、売却が可能。敵は新たなルートで侵攻してくることもあるため、無駄に配置したユニットを売却し、再配置するのも大事だ。

敵ルートが絶対通る箇所強力なユニットを配置するようにすると効率的にダメージを与えられる。

しかしこのゲーム、一時停止ができないのは仕様なのか。おかげでかなりのアクティブタイムバトルだ。なんてったって会話の最中も動いてるくらいだからな。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。