机でスキージャンプ

机でスキージャンプ

パブリッシャー SAT-BOX

ジャンル 反射神経系カジュアルゲーム

価格 基本プレイ無料

学校を舞台に机を使ってスキージャンプ!見た目や操作はカジュアルだが、意外と本格派!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

机でスキージャンプ

風向きや風速も飛距離に影響する。タイミングが重要だ。

かわいいグラフィックで人気の学校シリーズに、スキージャンプが登場!

「机でスキージャンプ」は、おなじみSAT-BOXの学校シリーズスキージャンプアクション

風向きを読み、滑走から踏み切り、そして滞空バランス調整から着地まで、なかなかに本格派のスキージャンプが楽しめるぞ。

シリーズ伝統の文具を使った背景やキャラクターは、今回もコミカルで可愛

1端末でみんなが遊べる「友達対戦」から、ソロでのトレーニングやイベント対戦などモードも充実

自分のチームを編成・強化していくコトも可能なので、オリジナルチームでスキージャンプを堪能しよう!

タイミングタップで飛ぶスキージャンプアクション!いろんなモードで楽しもう!

机でスキージャンプ

トーナメントに勝ち抜いて全国大会に出場しようぜ。

操作は、スタート>滑走・ジャンプ>空中バランス>着地4段階のミニゲームで構成されている。

それぞれをしっかりタイミングを見て操作していくコトで、ジャンプの飛距離を伸ばしていけるぞ。

特にスタートは、風向きは向かい風がベストで、風速はより強い方が滞空時間が延びるので重要だ。

また、学校シリーズ恒例の多彩なモードが用意されているので、ソロでも多人数でも楽しく遊べちゃうのはいいね。

コスチュームや装備品で自分だけのチームを編成!

机でスキージャンプ

見た目を変更して、装備品で選手ごとの性能を調整。

獲得したポイントやチケットでガチャを回せて、コスチューム装備品を獲得していける。

コスチュームは選手たちの見た目を変更でき、装備品は各選手ごとの性能アップが可能だ。

学校名やキャラクターネーム、性別なども変更可能なので、自分のチームを作っていこう。

「机でスキージャンプ」の魅力は、意外と本格的なところと多彩なゲームモード!

机でスキージャンプ

少し運もあるがタイミングで飛距離は大きく変動する。

各操作は非常にカジュアルな操作で遊び易いが、内容としては本格派のスポーツゲームとして十分に楽しめるモノ。

前述した通り、スタート時の風を読んでいくタイミングは、正に風任せで上手くいかない場合もあるが、これはリアルと同様と考えていこう。

スタートから着地まで全ての操作が絡んで、総合的な成績になっていくので、かなり完成されたシステムと言える。

全国遠征やトーナメント、友達対戦などゲームモードも豊富!

机でスキージャンプ

ソロでも多人数でも十分楽しめる。学校シリーズってやっぱ面白いや。

一人プレイで「トレーニング」したり、「イベント対戦」で全国のプレイヤーのチームと対戦したり、モードが豊富な点は学校シリーズの伝統と言えるな。

中でも「友達対戦」という、1つのスマホを回して多人数で遊べるモードがあるのがこのシリーズならでは。

通信対戦ではなく、端末1つでみんなと遊べるってけっこう貴重だよね。

更に「お楽しみ」モードでは、ソリに乗って滑降していくボーナスゲームまであるから本当にモードが充実してる。

チームステータス強化や、装備変更などちょっとした育成要素もある!

机でスキージャンプ

ステータスは少し変わるだけでも、操作感に大きな変化が生まれるので装備品は重要だ。

チームステータスは全国遠征で20勝するごとに割り振れるポイントが増えていくので、苦手な分野を強化していこう。

特に「テクニック」はジャンプ踏み切り時のタイミングゲージの範囲が広くなるので、ここを1段階でも上げておくと楽になる。

それとは別に、キャラ個別にステータスが上昇する装備品が装着できるので、いろいろ試していくといいぞ。

ゲームの流れ

机でスキージャンプ

操作は最初に段階を踏んで教えてもらえる。

特にこの踏み切りと着地は、タイミングが非常にデリケート。

机でスキージャンプ

ひとまずK点を超えられるように頑張ろう。

チーム戦の場合、総合飛距離で勝負になるので、1人失敗しても諦めるな。

机でスキージャンプ

ポイントを貯めてガチャを回そう。

レアリティが高い装備は、複数のステータスが増加するモノもあるぞ。

机でスキージャンプ

チームもカスタマイズして全国に挑んでいこう。

滑る順番も変更可能だ。

机でスキージャンプ

より遠くを目指して大ジャンプ!

全国に通用するチームを育てていこう!

「机でスキージャンプ」の序盤攻略のコツ

机でスキージャンプ

操作関係に関わるパラメータは「テクニック」だ。

前述している通り「テクニック」を強化しておくと、ジャンプ踏み切りなどのタイミング系が成功しやすくなる。

直接操作に関わる部分なので、タイミング操作が苦手な人は特にここを強化していくのをおススメしたい。

滞空バランスは、長押ししすぎないコト!

机でスキージャンプ

一気にバランスを崩すこともあるので、慎重にいくのがベスト。

滞空時のバランス調整操作は、ちょんちょんとタップする感覚でいこう。

あまり長押ししすぎると、大きくバランスを崩す危険性がある。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。