Jumanji: Epic Run(ジュマンジ:エピックラン)

Jumanji: Epic Run(ジュマンジ:エピックラン)

パブリッシャー Crazy Labs by TabTale

ジャンル 3Dアクションゲーム

価格 基本プレイ無料

ウェルカム・トゥ・ジュマンジ!3Dを活用し映画のワクワクどきどき感を巧みに再現したランアクション

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

奪われた宝石を取り戻せ!敵と障害物に満ちたジュマンジ世界をランニング。

映画「ジュマンジ」シリーズの世界を再現した3Dランアクションゲーム

「Jumanji: Epic Run(ジュマンジ:エピックラン)」は、映画「Jumanji(ジュマンジ)」シリーズの世界観をベースにしたランニング系3Dアクションゲーム。

ゲームの目的は盗まれた宝石を取り戻すこと。障害物を避け、を倒しつつジャングルを突き進もう。

そもそも映画「Jumanji(ジュマンジ)」は、現実からゲーム世界へと引きずり込まれた主人公たちの物語

それだけに、実際ゲームとしてプレイできるのは感慨深い。もちろん、ゲームでもあのワクワクどきどきの冒険感がバッチリ味わえるぞ!

タイミングよくフリック!障害物を避けて敵を倒せ

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

障害物は回避し、敵が出たら攻撃。コインやアイテム類は積極的にゲットしよう。

ゲームシステムは一般的なランアクションゲームとほとんど変わらない。

主人公は自動的に画面奥へと走るので、障害物が出てきたら回避し、敵が出てきたら攻撃しよう。

回避も攻撃も操作はフリックでOK。上にフリックするとジャンプ、下にフリックするとスライディング、左右のフリックで横タックルが行えるぞ。

マップを探索!仲間をゲットしよう

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

ジャングルを探索してダンス武道の達人、ルビー・ラウンドハウス をゲット。

ゲーム中手に入れたゴールドや宝石を使うことで、マップの探索が行える。探索度がMAXになると、仲間キャラが解放されるぞ。

なお、仲間キャラは課金アイテムのベリーでも解放できる。

課金すれば広告オフにもなるので、より快適にプレイするなら、広告オフのついでに課金で仲間をゲットするというのもアリだろう。

「Jumanji: Epic Run」の魅力はワクワクどきどきの冒険感

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

視点が変化することで、プレイ感も変化。この変化がワクワクどきどきを生んでいる。

ゲームである本作の前に、そもそも映画「Jumanji」シリーズが非常におもしろい。

冒険のワクワクどきどきが詰まっていて興奮できるし、笑えるしホロリとするし…。

ほかならぬ「ゲーム」をテーマとした映画なので、ゲーム好きなら是非とも見るべし!

ボードゲームからビデオゲームへ!ジュマンジの進化

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

マッチョなブレイブストーン博士。でもプレイヤーは虚弱少年だったり老人だったり…。

「ジュマンジ」というのは映画に出てくるゲームの名前。

映画第1作ではボードゲームだったけど、2作目「ジュマンジ/ウェルカム・トゥ・ジャングル」でビデオゲームへと進化。

ゲームを始めたプレイヤーは「ジュマンジ」内へ引き込まれ、クリアするまで脱出できなくなってしまう。この時、プレイヤーはゲーム世界のキャラ(アバター)へ姿を変える。

現実で女性でもゲーム内では男性になったり、病弱でもマッチョキャラになったり…こうした姿の変化がプレイヤーのへも影響を与え、成長へとつながっていく…。

この成長ドラマもまた、冒険と並んで映画の魅力的な部分だ。

映画ファンはニヤリ!視点変化で興奮の演出

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

滝から落下!2作目のケンカシーンを連想せずにはいられない演出。

ゲーム版の本作では、映画版の成長ドラマこそないものの、ワクワクどきどきの冒険はしっかり再現!

ただ前へ進むだけでなく、滝の落下崖上り追ってくる動物から逃げる…といったシーンを視点変化でダイナミックに表現。

冒険の興奮が味わえる巧みな演出!けど、それだけじゃない、こうした演出が登場するのは、映画ファンがニヤリとする場面。これがなんとも心憎い…!

ゲームの流れ

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

ホーム画面でキャラクターを選択。「走る」ボタンをタップするとゲームが始まるぞ。

また、地図ボタンでマップの探索が。チェストボタンでチェストのアンロックができる。

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

ゲームスタート!障害物を避けつつ、敵は倒しつつ疾走。

画面下に出ているのはミッション。達成することでゲージが貯まり、ゲージが満タンになるとチェストがもらえるぞ。

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

チェストをアンロックするには、一定時間待つ必要がある。

課金アイテムのベリーを使うことで、時短することも可能だぞ。

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

コインや宝石が貯まったら、マップの探索を進めよう。

マップの探索が進むことで、新たなキャラがアンロックされるぞ。

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

映画に登場したメイン4キャラクターはすべて登場するぞ。

ジャック・ブラック演じるオベロン教授もこの通り。表情が若干ベサニーっぽい?…ベサニーが誰かについては映画をチェック!

「Jumanji: Epic Run」の攻略のコツはダブルフリックの習得にアリ

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

バギーで疾走!映画を観ていると楽しさが数倍になる。映画も面白いので是非チェック!

本作攻略にあたって重要なのは、瞬間的に2回フリックするダブルフリック

…なのだけど、攻略の前に、是非とも映画版「ジュマンジ」を鑑賞してほしい。

本作は、映画版の要素を端々に組み込んでいるため、映画未鑑賞より鑑賞後の方が断然楽しめるのだ。

観るのは2作目だけでOK!ネトフリがオススメ

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

ブレイブストーン博士がブーメランを使うなど、しっかり原作設定を引き継いでいる。

鑑賞する作品は、2作目でOK。ロビン・ウィリアムズじゃなくて、ドウェイン・ジョンソンが出てる方。

1作目は世界観が違うので、あえて観る必要はない(1作目も傑作なので観たら観たで楽しい)。

劇場公開中(2019年12月現在)の「ジュマンジ/ネクスト・レベル」は3作目。2作目の直接の続編でキャラも繋がっているので、そういう意味でもまずは2作目を鑑賞しよう。

2作目はネットフリックス(ネトフリ)で配信中。なので、登録済ならネトフリがオススメ。

登録していないなら、アマゾンプライムで100円レンタルした方がお得に見れるぞ。

作品を探す時、ドウェイン・ジョンソンを目印にしすぎて、「ランペイジ」とか「ワイルドスピード」とかと間違えないようにな!

大ジャンプに回避後攻撃!ダブルフリックを習得しよう

Jumanji: Epic Runのレビュー画像

ダブルフリックを覚えれば、ライン移動後即スライディング…なんて芸当も可能に。

映画を鑑賞して本作のプレイを開始したら、いよいよダブルフリックを習得する時!

練習ポイントは2つ。

1つは、画面端にある高台から画面端にある高台へ飛び移る時。上フリックによるジャンプ後に、ダブルフリックが成功すると、画面端から端へ飛び移ることができる。成功するまで練習しよう。

2つめは、敵の出現時。敵をフリックで回避した後、すぐ逆方向にフリックすることで、回避した敵を倒すことができる。

この2つをマスターすると、一気にスコアが伸びるハズ。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。