君の目の前で万能になった俺が神になる

君の目の前で万能になった俺が神になる

HorieH

カジュアルRPG

基本プレイ無料

仲間の屍を越えるノンフィールドRPG!死んだ仲間はロスト!彼らのスキルを継承して100以上のクエストに挑戦

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

kiminomenomae_01

多彩な仲間を編成してバトル。

死んだ仲間のスキルを継承して強くなれ

「君の目の前で万能になった俺が神になる」は、100を超えるクエストを収録したノンフィールドRPGだ。

43の職業、43のユニークスキルを持つ仲間を集め、それぞれをカスタマイズしながらダンジョンに挑戦!

主人公である勇者以外はバトルで倒れるとロストし、彼らが持っていたスキルを勇者や別の仲間に継承できる。

仲間の屍を越え、最強のパーティを育成してゲームクリアを目指そう。

ひとりしか攻撃できないターン制バトル!

kiminomenomae_02

キャラごとに個性が違い、どんなパーティを組むかはプレイヤー次第。

クエストで発生するバトルは、ターン制かつパーティにいるひとりだけが攻撃できる。

敵の体力が残っていると確実に反撃を受けるほか、次の敵が現れたときに先制攻撃を受けるので注意が必要だ。

逆に敵もひとりしか攻撃してこないため、キャラごとに設定された「かばう」や回復、防御スキルを使って最後に出現するボスの討伐を目指そう。

君の目の前で万能になった俺が神になるの特徴は戦略性の高いバトルとキャラの育成自由度の高さ

kiminomenomae_04

制限付きのバトルが地味におもしろい。

本作は通常のターン制バトルと違ってどの敵ともタイマンで勝負することになる。

途中で1対1のキャラは切り替えられるが、このときの攻撃順に応じて「かばう」や回復スキルを発動させ、結果的にチームプレイを行う縛りが新鮮でおもしろかった

育成についても序盤はレベル上げや仲間の獲得に勤しむことになるが、ある程度仲間が揃ってくるとスキルを継承させてプレイヤー独自のキャラを作れるようになる。

前述したターン制タイマンバトルと相性が良く、バトルや育成もスムーズに進められるので熱中して遊ぶことができた。

多彩な仲間と拠点の開発

kiminomenomae_05

キャラのカスタマイズ要素もある。

キャラにはそれぞれ職業やユニークスキルが設定されていて、種や書、スキルといった育成メニューがある。

バトルで仲間が死亡すると他のキャラにスキルを引き継げるため、特定のキャラにスキルを集中させて超強化することも可能だ。

この他にも、資金を消費して拠点の各メニューを開発していく要素があり、資金の調達や新たな仲間の出現などに関わってくる。

ゲームの流れ

kiminomenomae_07
ゲーム開始時に難易度を選択可能。

周回をするならイージーからはじめて各システムを把握するといい。

kiminomenomae_08
冒険をはじめるために、拠点画面の町へ向かいクエストを受諾する。

仲間を入手したときも町で話しかけてパーティに迎えよう。

kiminomenomae_09
クエストを受諾すると冒険メニューが更新される。

各ステージにはスタミナ等の消費なく挑むことができる。

kiminomenomae_10
クエストで発生するバトルはターン制。

4人パーティを組めるが、1ターンに行動できるのは1キャラのみで味方と敵が交互に攻撃する。

kiminomenomae_11
1WAVE目で敵を倒した場合、攻撃したキャラは2WAVE目で敵から先制攻撃を受ける。

キャラごとに「次に攻撃するキャラをかばう」などのスキルが付与されているのでうまく使おう。

君の目の前で万能になった俺が神になるの序盤攻略のコツ

kiminomenomae_12

攻撃の順番がバトルのカギとなる。

バトルでは1ターンに1回しか攻撃できない仕様かつ、ボスにたどり着くまでに確実に反撃ダメージを受けてしまう。

ザコ敵は戦士などで倒して主要キャラの体力を温存しておき、ボスにたどり着いたら勇者でまずは攻撃する。

このとき、次ターンの攻撃者を確定でかばうが発動するので、攻撃力の高い魔法使いでボスの体力を大幅に減らそう。

仲間をあえて死亡させて継承!?

kiminomenomae_13

スキルの組み合わせは自由自在。

バトルに連れていけるキャラは4人までで、他のキャラは拠点に待機することになる。

育成も行えないので、あえてバトルで死亡させて他のキャラにスキルを付与させよう。

例えば、僧侶が持つ次ターン回復スキルを魔法使いに付与することで、強力な攻撃を放ちつつ回復できるキャラが作れる。

他にも多彩な組み合わせが可能だ。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。