機動都市X

機動都市X

NetEase Games

オンラインシューティングゲーム

基本プレイ無料

100人参加バトロワ×スーパーロボット大乱戦!NetEase Gamesが新たに描く近未来世界の対人、対兵器バトル

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

smc_01

NetEase Gamesが描く近未来世界の大乱戦!

クラフトの次はロボットアクションだ!

「機動都市X」は、近未来世界でレーザーガンやロボットを駆使して戦う100人参加のバトルロイヤルゲームだ。

クラフトの次はスーパーロボット大乱戦!?

広大なオープンワールドに降り立ち、100人のプレイヤーが最後の1人になるまで戦いを繰り広げる。

武器はレーザーガンやライフル、ミサイルポッド!

人間として戦うのはもちろんエアボードや小型パワードスーツにも搭乗でき、さらに大型ロボットに搭乗した空中戦も展開されるゲームだ。

オープンワールドで大乱戦

smc_02

基本ルールは既存のバトロワゲームを踏襲している。

拠点画面で操作キャラクターと初期搭乗ロボットを選び、ソロやデュオなどのモードを選択したらバトルフィールドへ。

空中を滑空して各エリアへ降り立ち、フィールドを探索してアイテムを集めよう。

敵プレイヤーとは拾った銃器を使って戦い、フィールドでの滞在時間とともに画面下のゲージが溜まり、いっぱいになると大型ロボットに選択搭乗できる。

機動都市Xの特徴はバトロワとロボットアクションの融合

smc_04

キャラデザインは日本向き。人気声優のボイスも収録されている。

「荒野行動」を手がけたNetEase Gamesだけあり、バトルロイヤルゲームとしてのクオリティは折り紙つき

制限時間が迫るとエリアが縮小されてゆくなど、基本ルールは既存のバトルロイヤルゲームをもとにしていて、本作初見のプレイヤーでも遊びやすくなっていた。

巨大ロボットへの搭乗が追加されたことで、終盤に複数のロボット同士の地上・空中戦が展開される場合もある。

搭乗すると相手に見つかりやすくなるリスクがあり、一度乗ったあとで降りることもできるので、従来のバトロワゲームとは違った感覚で楽しめた。

個人的には、セガやバンナムとコラボして某人気ロボとか操縦できれば良いなあと思った。

キャラと搭乗ロボットを選択

smc_05

キャラクターの性能はドロップした装備品で変える。

キャラクターは男女ともに複数用意されていて「佐藤利奈」さんなどの人気声優によるボイスも再生される。ボイスは日本語

ロボットも複数機用意されていてデザインや性能がそれぞれ違い、初回搭乗時に選択できるようになっていた。

スキンの購入・変更などPUBG系ではお馴染みのカスタマイズメニューも用意されている。

ゲームの流れ

smc_07
メインとなる100人参加のバトルロイヤルモードでは、ソロと時間制限はあるがデュオが選択可能。

NPCが混じっている可能性はあるが、マッチングは早い。

smc_08
モードを選んだらバトルフィールドへ。

既存のバトロワゲームと同じく、空中から降下する。

smc_09
フィールドには多数の建造物があり、中には武器や防具などのアイテムが落ちている。

初期装備はハンドガン(弾数25)だけなので、序盤に武器を集めておきたい。

smc_10
バトルフィールドは徐々に狭まってゆき、禁止エリアにいるとダメージを受ける。

最後のひとりになると勝利という条件なども既存作と同じだ。

smc_11
バトルフィールドで生存していると画面下にあるゲージが溜まっていく。

いっぱいになると大型ロボットに搭乗できる。

機動都市Xの序盤攻略のコツ

smc_12

アイテムを拾っておきたい。

なるべく長く生存することでゲームオーバー時に得られる経験値が増える。

序盤はハンドガンしか持っていないので、家屋を探索してライフルやミサイルポッドなどのアイテムを獲得しよう。

エアボードを見つけたらアイテムボックスから出して使用すると、移動速度が常にアップするのでオススメ。重い銃器を持ったまま移動しても遅くならない。

マップには救援物資らしきコンテナも表示されているが、巨大メカが防衛していることもあるので注意が必要だ。

他プレイヤーの視点でバトルを体感

smc_13

他プレイヤーのプレイも見られる。

既存作と同様に、バトルで敗北したあとで他プレイヤーのカメラ(視点)を覗き見れる。

大型ロボットによる攻撃は強力で人状態だと一撃でやられてしまうこともあるが、遮蔽物があるようなエリアで最終決戦を行う場合、人状態の方が戦いやすい

どのタイミングでロボットに乗るか、降りて戦うかの駆け引きを見て、自身のプレイに活かそう。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。