ゲットアンプドモバイル

ゲットアンプドモバイル

CyberStep, Inc.

MOBA

「くにおくん感」溢れるはちゃめちゃ乱闘バトル。全世界3000万人が遊んだオンライン3D対戦アクション!

ゲットアンプドモバイル

昔のコロコロ感あるレトロっぽさとくにおくん感。

世界とコスプレバトルをしよう!3Dオンライン対戦アクション

「ゲットアンプドモバイル」は、くにおくん感あるはちゃめちゃ乱闘がレトロで熱い3D対戦アクションゲーム。

韓国をはじめとして世界で人気を博した「ゲットアンプド」がスマートフォンに登場。

3Dのステージをかけめぐり、忍者、超人、魔法使いなど様々なスタイルを使い分けながら、個性的な100種類以上の武器を使いこなしてライバルをぶっとばそう。

オンライン対戦はもちろん、多彩なアクセサリと武器を装備し、キャラの能力を拡張し、強敵とバトルしていくRPG的な要素も魅力だ。

戦い方が変わる多彩なアクセサリ!

ゲットアンプドモバイル

武器などのテキストも妙に凝っている。好きだ。

仮想パッドで3Dフィールド上を自由に移動し、攻撃、必殺技を繰り出せる自由度のある移動が特徴だ。そして武器やアクセサリ、職業によってキャラ性能が大きく変化する。

ジャンプ、防御も実装し、1対1から複数人戦までリアルタイム対戦を楽しめる。手軽なバトルながら、勝つのに戦略とテクニックが要求されるバランスが熱い。

ゲットアンプドモバイルの特徴はレトロなキャラと「くにおくん」っぽいはちゃめちゃ格闘

ゲットアンプドモバイル

隙と威力が異なる攻撃を使い分けろ。

「コロコロ」「ボンボン」っぽい少年漫画さを感じる懐かしいキャラデザイン。そして、様々な武器で4人で乱闘するプレイ感は「くにおくんシリーズ」のようなレトロゲームの面白さを継承している。

アクセサリと武器で立ち回りを多彩に変化させられるのも魅力。手軽に参加できるバトルながら、勝つにはガチな操作を要求されるところに注目したい。

全プレイヤーに平等を目指したゲームバランス

ゲットアンプドモバイル

ストーリーモードも遊べます!(お待ち下さいって書いてたけど)

スタミナ制度ではないストーリーモードも面白い(実装をお待ち下さい、と書いているがプレイ可能だ)ゲーム内通貨だけで最強武器を購入できるという仕様も優しい。

様々なカスタマイズ要素は、最初当たり判定がわかりづらいと思う。だが、課金圧力が低くやればやるだけ強くなれるゲームバランスは好感が持てた。

ゲームの流れ

ゲットアンプドモバイル

スキンエディットなどのカスタマイズも楽しめるのが楽しみ。このいなたいキャラデザよ。

職業やジョブにあたる、格闘家、超人、スパイ、アーマー、軍人といったタイプも選択可能。どうやら性別による能力差はないようだ。

ゲットアンプドモバイル

横向きに端末を持ち、左手で移動し、右手で攻撃などをする操作方法。

個人的には文字や画面外からの攻撃があるあたりに改善を求めたいけどボタン配置が選べるのは優しい仕様だね。

ゲットアンプドモバイル

ストーリーモードでは大往生流の師範たちが予想外に面白い会話で盛り上げてくれる。

バトルはザコたちを一層する形式。囲まれないように距離をとり、遠距離からダッシュ攻撃で屠るのがセオリーだろうか。

ゲットアンプドモバイル

武器やアクセサリーはステータスをアップさせるだけじゃなくデコレーション効果も。

役に立たない魅せアイテムも多数存在している。序盤はステータスがアップするものを率先して装備したほうがいいだろう。

ゲットアンプドモバイル

慣れてきたらキャラクターのスタイルを変更してみてもいいだろう。

このドラゴンボール感とくにおくん感が、日本を超えて世界に広がってるのかー。影響力の強さを感じるなぁ。

ゲットアンプドモバイル攻略のコツ

ゲットアンプドモバイル

武器を買った瞬間に強敵に圧勝できる局面も。

武器を変更すれば、苦戦した相手にも驚くほど勝てることも多い。ステータスの変動をチェックしてアクセサリと武器を選べば、ストーリーモードで苦戦した敵にも勝てるだろう。

スタイルに合った専用武器をチョイスし、各武器の当たり判定を把握するのが勝利のコツかと。課金なくてもGM、つまりゲーム内通貨で十分戦える。

立ち回りこそが勝利の秘訣

ゲットアンプドモバイル

武器ごとの説明がいちいち面白いので要チェックだ。

オンライン対戦(現在メンテ中…)では、オートAIMは便利だが、ガチなユーザーには通じない。ヒットアンドアウェイで被弾しない立ち回りを心がけよう。

仮想パッドの操作性はベストとは言えない。真に勝ちたいコントローラで操作するのも手かもしれない。ってスマホでは未だにハードル高いよな〜。Switch版やってみよかな。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。