はむころりん

はむころりん

Kumasystem, Inc.

3Dアクションゲーム

読者レビュー (0)

カービィボウル好きにおススメ!丸っこい動物たちをゴルフのようにゴールまで運ぶ3Dアスレチックアクション!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

はむころりん レビュー画像

丸っこくてかわいい動物を転がしてゴールを目指せ~

「はむころりん」は、ゴルフのように弾いて進むアスレチックアクションゲーム!

はむころりん」は、まるっこくてかわいい動物をボールに見立てて遊ぶ3Dアクションゲームだ。

ハムスターやうさぎやトラといった動物でスタート地点からゴールを目指すシンプルなゲーム性が特徴。

スタミナ制限もなく気軽に遊ぶことができ、カービィボウルが好きな方にはおススメできる。

課金要素は主に仲間の動物を増やすガチャだが、無課金でも問題なく遊べる。

ゴルフのように打ち進め

はむころりん レビュー画像

ゲームのルールと操作方法はいたってシンプル。

打ちたい方向をスワイプで決めたら次にパワーボタンをタイミングよくタップして打つ強さを決めよう。

フィールドには次の地点へ移動できるトンネルや橋をかけるスイッチなどアスレチック的な要素もある。

いろんな方法でゴールを目指して打ち進もう!

動物たちそれぞれの特技

はむころりん レビュー画像

動物だちはそれぞれ角度の違うショットが得意だ。

うさころりんはジャンプ、とらころりんは平面移動という具合に動物たちはそれぞれ軌道の異なるショットが打てる。

高い段差にはジャンプショット、長い距離を移動したい場合は平面打ちなど状況に応じて動物たちを使い分けよう。

動物たちは打つ前であれば自由に変更可能だ。

「はむころりん」は、アクション以外にも楽しめる要素たくさん!

はむころりん レビュー画像

街のお店ではイベントやお買い物ができるのだ。

ホームタウンでは、仲間を集めたり特殊なアイテムを拾ってフルーツの木を育てたりとRPGのような体験ができる。

街の中では通常のステージと同様に、ショットで自由に移動しながら買い物やパーティ編成の試し打ちなども可能だ。

ころりん動物を集めよう

はむころりん レビュー画像

ひよころりんは、中くらいの角度のショットとよく跳ねる特技をもっている。

ころりん動物は、ステージを進めることで仲間になったりホームタウンでガチャを引くことで増えていく。

どうぶつたちは基本ショットの軌道以外に、ダッシュやカーブといった特殊スキルを1つ持っている。

ステージによってはクリアするのに動物のスキルが有効だったりするので、いろんな動物を集めておこう。

特徴あるステージ構成

はむころりん レビュー画像

砂浜はバンカーのように転がらないステージだ。

「たいようの丘」や「うたう森」に「あおぞらの街」などそれぞれ特徴のあるコースがステージとなっている。

海辺のステージでは砂浜がバンカーのような役割をしていてあまり転がらないので、高いショットやバウンドスキルを持った動物で攻略しよう。

ゲームの流れ

はむころりん レビュー画像

序盤はチュートリアルを兼ねたステージをクリアしていこう。

段差が得意なうさころりんを使って谷間を越えるのだ。

はむころりん レビュー画像

ステージ途中で新たな動物が仲間に入った。

とらころりんは、ショットの途中で加速が可能なダッシュを使える動物だ。

はむころりん レビュー画像

ショット前に画面左下をタップすることで動物をチェンジできる。

ゴルフクラブを切り替えるように状況にあわせて対応しよう。

はむころりん レビュー画像

ステージ上にある☆に触るようにショットするとステージクリアとなる。

ステージによっては2つのゴールがある場合もあるぞ。

「はむころりん」の攻略法!

はむころりん レビュー画像

道中にあるお菓子やフルーツを回収しながらゴールへ向かおう。

ゴールの位置を確認したら最短で到達できるルートをみつけよう。

フルーツが多くある方が正しいルートの場合が多いので、その点を気にしながらルートを決めるのもアリだ。

動物の体力=打数に気をつけよう

はむころりん レビュー画像

動物の体力は残り打数を表している。

どうぶつたちは1打進めるごとに体力を消費し、ゴールに到達する前に全部の体力がなくなるとクリア失敗となる。

ステージ途中にあるフルーツをゲットすると体力が回復するので、余裕があれば拾っておこう。

フルーツやお菓子を取っておくと、ホームタウンで換金アイテムとなったりビンゴゲームの対象にもなるのだ。

いろんなタイプでパーティ編成

はむころりん レビュー画像

高い場所にゴールがある場合はジャンプショットが必要になる。

ステージのコース上には、段差があってジャンプショットが必須になる場面がある。

平面ショットだけのパーティ構成は避けて、いろんな状況に対応できるパーティ編成にしよう。

序盤に加入するうさぎととらは、使いやすい場面が多いぞ。

下に続きます