豚を放しなさい

豚を放しなさい

パブリッシャー gameone

ジャンル アクションパズル

世界観がモラルハザード!?う〇こ食うモンスターが襲い来る頭脳派(?)アクションパズル!

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

豚を放しなさい

焼かれ続けるブタ・・・う〇こ食べる敵・・・カオス。

ブタにされた少年を救うため少女はニンジン片手に旅立つ!?カオスなアクションパズル!

「豚を放しなさい」は、マップ上に配置されたスイッチ落とし穴などのギミックを利用してモンスターを排除しながらゴールを目指すアクションパズル

ブタにされてしまった少年を救うため、主人公の少女ニンジン片手に変なモンスターたちを相手に戦っていくというストーリー・・・世界観は非常にカオスなので覚悟していただきたい。

多彩なギミックをニンジンで切り抜ける頭脳派アクション!

豚を放しなさい

敵につかまらないように隠れて進め。

少女はただニンジンを持っているだけでなく、スワイプした方向に投げることが可能。

投げて設置したニンジンは、スイッチを起動させたりモンスターを誘導したりできるのでこれを利用した攻略がキモとなる。

自分自身を囮としてモンスターを誘導することもできるので、引き付けておいてからニンジンに興味を移させるなどアクション性の高い攻略が楽しめるぞ。

完成度の高いパズルながらエグいまでのカオスな世界観

豚を放しなさい

少年はブタにされてしまった・・・カオス。

タップした位置への移動ニンジンの設置という基本操作は簡単だが、スイッチを押すことで橋をかけたり、モンスターに見えない位置を歩くなどの頭脳プレイも求められるタイトルなのだがビジュアル設定エグさも目立つ。

常に焼かれ続けているブタ(中身は少年)や、う〇こを食べ続けるモンスターやうん〇そのものな見た目のモンスターまで・・・このカオスさは他で味わえないだろうな。

頭を良くしたいんだか、悪くしたいんだか?

「豚を放しなさい」の魅力は、頭悪そうで頭を使うカオスな世界!

豚を放しなさい

う〇こ推しが目立つ・・・カオス。

全体的に昭和の少年誌が使い古したような「う〇こ」ネタ、やや親御さんに怒られそうな暴力的な演出といった過激ともいえる笑いの取り方をしているのがポイント。

ある意味ギリギリ(アウト?)なビジュアルであることはプレイするなら覚悟しておいてほしい。敢えて詳細は文章にはしないので気になる人はレッツプレイ!

一言だけ注意しておくとしたら「よいこはマネしちゃダメだ!」筆者との約束だぞ(まぁ、マネできる内容でもないのだが)!

各種マジックアイテムで遊び方に変化を!

豚を放しなさい

カオス、カオスと言い続けているが、その実ゲーム内容はをつけられるほどの頭脳派アクション

やや難しく感じるほどのステージも多いので、ゲーム内マネーで買えるマジックアイテムを利用してクリアするのもやぶさかではないレベル。そこは自分の力量とプライドを天秤にかけて選択してみよう。

ただクリアするだけじゃない深いゲームデザイン!

豚を放しなさい

意外と手ごわい内容だ!

ただモンスターを回避してゴールへ到達するのは簡単な場合が多い。

だが、ステージの★を3つ全て獲得するには、マップ上のモンスターを全て排除してクリアしなければならないのだ。

頭を使いつつもアクションを楽しめる程よいレベルデザイン(難易度)になっているのでパズル好きは是非体験してほしい。

ゲームの流れ

豚を放しなさい

少年はブタにされてしまった!このままではモンスターに食べられてしまう!

少女は彼を救うためにニンジンを手に取った(ふぁ!?)。

豚を放しなさい

各ステージでブタとなった少年は焼かれまくる。

早く救い出してあげよう。

豚を放しなさい

ブタのところまで到達できればクリアだ。

モンスターを避けてギミックを利用し、マップを攻略していこう。

豚を放しなさい

あと少しなのに・・・。

モンスターにつかまるとニュースになりそうなヒドイ暴力が!うわぁやめろぉ!

豚を放しなさい

ステージはより難解になる。

気分転換にアバターを変化させたりしつつクリアを目指そう!

「豚を放しなさい」序盤攻略のコツ

豚を放しなさい

ギミックを使い切ってモンスターを全滅させつつゴールへ。

マップの移動可能な範囲、ワープの到着位置などゴールまでの道程を把握するところから始めてみよう。

その上でモンスターの回避方法倒す手順をじっくり考えていくのが得策だ。

道を活用するのがポイント!

豚を放しなさい

分岐がある道は少し使い方を考えてみよう。

分かれ道がある場合はモンスターの誘導に利用できる可能性があると考えておこう。

主人公自身での誘導視界を遮ることでモンスターが停止することも利用していくのが道を上手く利用するポイントになるぞ。