ポストアポカリプスベーカリー

ポストアポカリプスベーカリー

合同会社ズィーマ

カジュアル育成ゲーム

基本プレイ無料

地球最後のパン屋を経営。「MyLove.」「TimeMachine」など、数々の名作を放つズィーマの最新作SFアドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲時はまさに世紀末。様々な客が来訪!どこかで見た顔ぶれだなあ…。

それは、もうすぐ終わる世界のお話。

ポストアポカリプスベーカリーは、「地球最後のパン屋」を経営するSFアドベンチャー。

文明の崩壊した世界を舞台に、エキセントリックな客たちとパン屋が織りなすハートウォーミングな物語だ。

個性強すぎな客たちの要望に応えよう

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲ヒャッハーなモヒカンも美味いパンを食べれば…愛に目覚める!

超能力者、サイボーグ、試験管に入った脳みそ(!?)や半魚人など、終末世界にふさわしい多彩なお客さんにパンを振る舞っていく。

荒廃した世界ゆえ、彼らの要望は尽きないが、プレイヤーはパンの美味しさや香り、腹もちをパワーアップさせることで対応していく。彼らは、力強く生きていく。

殺伐とした世界だが、物語は優しい

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲前作の脳嫁に続き、今回のホーム君もかわいらしい。好きだ!

「マッドマックス」「北斗の拳」のような、夢も希望もない世界だが、殺伐した状況に生きるキャラやストーリーは優しい。キャラデザもポップで愛くるしい。

また、今作はゲームオーバーの概念もなく、プレイヤーは簡単操作で客とのコミュニケーションをのんびりと楽しめる作風になっている。「序盤のうちは」、なのか…?

ポストアポカリプスベーカリーの魅力は濃いキャラとストーリーテリングの妙技

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲フリーザみたいなサイボーグが郷愁にかられるシーン。この人「MyLove.」に出てたよね。虐殺されるザコ敵として。

The Last of Us、Fallout、そしてニーア オートマタ(NieR:Automata)…。

枚挙にいとまがないほどに、文明崩壊後の世界が描かれたゲームは多い。そして、なんでか僕らはその設定に非常に弱い。本作もタイトルと世界観でもう「勝ち」だ。

本作では、崩壊世界の陰惨さは(ズィーマ作品の中でも)影を潜め、パンを焼き、異形の来客達とのコミュニケーションを美しく描いている。ヒトでなくなった彼らの言葉たちは、むしろ人間らしさに溢れている。

ゲームオーバーなしの優しい世界

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲病気の妹のために美味しいパンを欲しがる兄。バットとリンみたいだぜ。

脳だけになった妻の身体を取り戻すために殺人を犯す…そんな究極の愛を描いた衝撃作「MyLove.」(超名作)

未来の子孫に仕送りを送る「TimeMachine」、世界の果てで愛と殺戮を夢見るロボットアドベンチャー「DropPoint」

どの作品も手書き風の絵柄も相成って、随一の演出性と独自性を持っている。オススメだ。そして、本作にはどうも各作品のキャラが登場してるような…。

本作は諸作品で猛威を奮った、悲劇的なエンドがなく、育成とストーリーを見守ることができるという。だが、登場人物の味のある台詞回し冴えてピカピカだ。

希有なる気鋭たるインディー・デベロッパーズィーマさんを俺は応援し続けるぜ。

いつもながらのやりこみ要素

ゲームとしてはパンを出荷し、売上でパンの味を強化する、というシンプルなものだが、お客さんたちの「常連レベル」をアップすることで、次々とミッションが発生し、ストーリーが進んでいく。

また、「常連フィギュア」をコレクションできるなど、やり込み要素も盛りだくさん。長く遊べそうだぜ!ヒャッハー!

ゲームの流れ

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

汚染された海と大地。文明が滅び、荒廃した世界に、「暗黒物質」ダークマターを原料にしたパン屋がオープン。

ドクロに見えがちなパンが「Undertale」っぽくもあるね。

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

次々と現れる超能力者、ミュータント。サイボーグ。ごろつき。変なやつらばっかり。

彼らにパンを持ち上げてテーブルにのせ、パンを提供していく。

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

オーバーリアクションとハイテンションでキャラと会話してくれる「ホーム君」。

いついかなる時でも希望と情熱をもったナイスガイだ。彼に裏切られたら俺泣いちゃうよ。

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

登場キャラたちは荒廃した世界で絶えない悩みをもっている。

彼らの要望に応えるべく、売上でパンを強化していこう。

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

パンのにおいや腹もち、味など、強化できる項目は多岐にわたる。

また、一度につくれるパンの数を増やすことでゲームの効率は向上していくだろう。

ポストアポカリプスベーカリー攻略のコツ

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲この人絶対怪しい。作者のTwitterアイコンに似てるし。タイムマシンの子孫っぽいし。

先に謝っておこう。攻略のコツとか銘打っておきながら、自分はまだ本作をクリアしてはいない。

作業内容は強化とパンの提供を繰り返すシンプルなもの。攻略のコツなどいらないかもしれないが、効率よく強化する方法や金稼ぎの方法はある気がする。

ヒャッハーなモヒカンだって、最初は金を払わないが、凝りずにパンを作り続ける事で、いつしか光の心を取り戻していく。早く続きプレイしてえー。

キャラの要望に応えてパンを強化していく

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲お客さんの笑顔のためなら、パン屋はどこまでだって美味しくなる。

メニューから「要望」の欄で各キャラの期待に応えるのに必要なパラメータを確認できる。これを指標にパンを改良していくといいだろう。

また、金が余ったら一日で焼けるパンの数を増やすことで、長期的に見て効率よく金を稼げるようになっていく。

課金、即ちラヴ

ポストアポカリプスベーカリーレビュー画像

▲動画広告の時に「コマーシャルターイム!」って言われたらさ…ウザいとは言えないよな…。

褒めちぎってきた本作だが、暗黒物質「ダークマター」の集まりは遅く、3時間でフル回復する程度。ガチゲーマーなら動画広告を見て体力を回復するか、課金するなりして急いで進めたくなってしまうかもしれない。

「ショップ」の欄では、スタミナ回復や作者への募金など、便利な課金メニューが用意されている。ちょっとでも面白いと思ったら、牛丼一杯ぶんくらいの「ありがとう」を形にするのだって悪くない。

面白いスマホゲームがあふれる世界が、崩壊しないために。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。