パンダがまわれば地球がまわる

パンダがまわれば地球がまわる

ねこバタ会議

タップ系カジュアルゲーム

基本プレイ無料

インディー版「塊魂」。エロあり(?)、毒あり、終末感あふれる世界観に魅せられるネタゲーアクション

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲パンダたちは繁殖を繰り返し、合体して地球を回していく。

大熊猫回転絵本的電脳遊戯!

「パンダがまわれば地球がまわる」は、絵本風の演出と毒気がたまらないネタゲーアクション。

ある日、地球の自転が止まった。

避けられぬ終末の予感の中、パンダ達は、地球を救うために回り始めた。

抜群のビジュアルセンス。これぞ「世界観」だ

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲「かぞくけいかく」って。動物だったらエロはありなのか。

アナログテレビ風に歪曲した画面、モノクロの世界は昭和っぽいノスタルジー。まるで初期の円谷作品のようだ。

そして、世界の崩壊をとめるべく、合体を繰り返す「塊魂」のようなビジュアル。控えめに言って異端である。これぞ想像力。

クリアまで3分!圧倒的スピード感

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲ぶっちゃけ、操作も連打あるのみ!攻略のコツとか書けるのか俺。

操作は画面を高橋名人のごとく連打するだけ。そして、クリアまで3分という低ボリューム。だが、本作の魅力は何も損なわれない。

絵本風のグラフィック「パンダ」という、国民的に愛される動物を使いながら、インディーゲームならではの毒気のあるストーリーがたまらん。こういうゲームがどんどん減ってきている。俺は愛してやまない。

「パンダがまわれば地球がまわる」の魅力は「ゆるふわ」な「終末感」

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲最終的にはパンダの速度は地球の自転速度をも超えていく。

本作がなんで、ただ連打するだけのク…ネタゲーでありながら、こうも心をキャッチして離さないのか考えていた。

回転するパンダが(それも繁殖しながら)、いつしか、合体と拡大を繰り返し(繁殖?)、地球を回転させる側にスムーズに移行していく。その構図は一つの芸術のようだ。

10分でクリアできるゲームに、ときめいてしまったぜ。だからか。ネタゲーだけど。

世界の終わりを感じさせるストーリー

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

この終わり方。まるで「デビルマン」のような…。

世界を救うため、回転し、繁殖し、地球の自転を再開させようとするパンダ達。

だが、彼らを待ち受けるのは過酷なる運命だった。この地球は、そして人類は、果たして守る価値があるのだろうか。漂うブラックな雰囲気がたまらない。

2周目にも期待してオッケー

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲一周目の終わり。N○K風。だがこれで終わりじゃなかった。

このゲーム、一周クリアするだけで終わりではない。そこの演出が非常に秀逸。これほど美しく、ウザくない広告の出し方は今までみたことがない。

欲を言えばもう少しゲーム性、ボリューム、やりこみ度がほしかったが、それは些末なこと。まずは2周目をクリアしてほしい。これからが本当の地獄だ

ゲームの流れ

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

予想外に絶望的なストーリー。

全然子ども向けじゃない。だが、そこがよい。

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

操作方法。連打するとパンダが回る。たくさんタップするとうまれてくるパンダが増え、画面にパンダがたくさん発生する。

エロやんけ。まあ動物ならいいのか?

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

走れ、走れ、パンダたち。流れる汗もそのままに。

今はたとえ小さく、弱いパンダだとしても。時速は加速度的にあがっていく。

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

合体を繰り返し、回転していくパンダ。

その姿は、もう動物園で人間に愛玩される姿とは違う、異端なものになっていた…。

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

パンダたちのスピードが、地球の自転速度を超えた時、プレイヤーは物語を終え、エンディングを迎えることもできる。

あ、一応走り続けることもできる。けど、別に何かいいことはなさそう。多分。

「パンダがまわれば地球がまわる」序盤攻略のコツ

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲課金、即ちラブ。

攻略のコツっていいますけど、これ、クリアできない人なんかいますのん?

マリオの1-1よりも簡単でございます。操作方法としては画面を連打しまくってパンダを高速回転させていく。それしかございません。以上をもって攻略のコツとさせていただきます。

課金、即ちラブ

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲動画広告見る、でもいいけどさ。まあね。

課金は特典がいっぱい!作者のごはん代になるよ。広告がでなくなるよ。自動モードで遊べるよ。友達に自慢できるよ。

…だってさ。バカゲー・マエストロたる高野京介は、このセンスに、ちゃんと対価を払ったぜッ!ゲームの未来のために…な。

もう書くことがありませんが

パンダがまわれば地球がまわるレビュー画像

▲続編、期待しちゃダメっすか。

えー作者さま、見てらっしゃるでしょうか。あるいはプレイした方も。

本当に意欲的、挑戦的な作品で、このレビュアー高野京介、感動いたしました。

特にBGMの荘厳さブラウン管を模した映像演出、モノクロの不穏さ。そして2周目のエンディング!まだまだインディーゲームってヤベー逸材が眠ってるんだな、とドキドキしました。次回作にも期待しています!

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。