僕の婚約者を殺したのは誰だ。

僕の婚約者を殺したのは誰だ。

MoroBank

アドベンチャーゲーム

基本プレイ無料

ウソの証言を「みやぶる」逆転アドベンチャー!最愛の人の死に隠された真実を暴け

ダウンロード(iPhone)

僕の婚約者を殺したのは誰だ。 androidアプリスクリーンショット1

犯人は「赤河童」なのか……。

最愛の人の死をめぐる証言みやぶりアドベンチャー!

「僕の婚約者を殺したのは誰だ。」は、ウソの証言を暴いて事件の真相に迫るアドベンチャーゲームだ。

人生最高の時から最悪の瞬間へ。

横たわる婚約者の「衣織(いおり)」。
かたわらに残された謎のマーク。
それは、連続殺人犯 赤河童が残したものなのか。

犯人が捕まらないまま数年の時が経ち、刑事から探偵へと職を変えた主人公は、その推理力を買われて今も事件の捜査に関わっていた。

元同僚の女性警官「心愛(ここあ)」や主人公と同じ悲しみを背負う刑事「時門」から、重要参考人の証言を聞き――。

そこに隠されたウソを暴こう!

僕の婚約者を殺したのは誰だ。の特徴は豊富なビジュアルシーンと謎解き問題

僕の婚約者を殺したのは誰だ。 androidアプリスクリーンショット2

証言の中からムジュンを見つけよう。

「僕の妹が死んだ。」や「僕の婚約者が誘拐された。」など、衝撃的なタイトルファーストシーンでプレイヤーの心を掴んでくるMoroBankさんの新作。

今回も冒頭から悲しいストーリーが展開されるが、前2作と同じくキャラクターデザインがよくできていてビジュアルシーンが豊富に用意されている。

キモとなる推理パートについても、証言の一覧がチャットアプリ風に羅列され、事前情報や現場写真を頼りにしてウソのコメントを指定する本格的なものを楽しむことができた。

この推理パートの合間には、ステージ制の小さな謎を解く「糖分補給」パートが挟まれるので、それなりにボリュームも感じられる。

嫁の死をめぐるメインストーリーの続きや結末も気になるゲームだ。

僕の婚約者を殺したのは誰だ。の攻略のコツ

僕の婚約者を殺したのは誰だ。 androidアプリスクリーンショット3

ストーリーを進めよう。

メインストーリーは細かいチャプター(章)に分かれていて、序盤の推理パートはひとりの証言者につき1つ用意されている。

前述したように事前情報や現場写真を頼りに解くことになるが、間違えた解答をしてもペナルティはない

正攻法ではないが、答えが分からないときにしらみつぶしにコメントをタップして解答するのもアリだ。

糖分補給パートについては、基本的にフリーワード解答となり、すべてのステージをクリアしないと先に進めないため、各ステージごとにきちんと正解を出さなければならない。

ヒント機能を活用するなどして乗り切ろう。

ゲームの流れ

androidアプリ 僕の婚約者を殺したのは誰だ。攻略スクリーンショット1
チャプターを選択してゲームを開始する。

シナリオ中にアプリを終了しても続きからはじめることはできる。

androidアプリ 僕の婚約者を殺したのは誰だ。攻略スクリーンショット2
主人公は元刑事の探偵。数年前に妻になるはずだった女性「衣織(いおり)」を連続殺人犯 通称赤河童に殺されている。

元の同僚である心愛(ここあ)などが、事件のアドバイスを求めてやってくる。

androidアプリ 僕の婚約者を殺したのは誰だ。攻略スクリーンショット3
元同僚に連れられてきた犯行現場。

状況をよく見ておこう。

androidアプリ 僕の婚約者を殺したのは誰だ。攻略スクリーンショット4
重要参考人の証言から矛盾を探す推理パート。

事前情報や現場写真をよく見て、ヒントも活用して矛盾を見破ろう。

androidアプリ 僕の婚約者を殺したのは誰だ。攻略スクリーンショット5
事前情報にも、ウソの証言を裏付ける文章が隠されている。

選択を間違えても何度でもリトライ可能だ。

androidアプリ 僕の婚約者を殺したのは誰だ。攻略スクリーンショット6
推理パートのインターバルとして、ステージ制の細かい謎を解く糖分補給パートが用意されている。

こちらも衝撃的な物語に反してカジュアルな作りだ。

下に続きます