アプリゲット > 脱出・ホラー・アドベンチャー > Pathfinder:Destination(パスファインダー) レビュー

Pathfinder:Destination(パスファインダー) ★3.5点

iOS

Pathfinder:Destination(パスファインダー)

【今だけ無料】世界を救うのに飽きた人へ。RPGの裏側に潜り込んで勇者を支える脇役アドベンチャー

このゲームのデベロッパーは「Kai Zhang」です

  • 英語対応

  • 価格:無料

  • アドベンチャー-その他

  • ノスミス

    talk

    テンプレなRPGの流れを描きつつ、実はヒドイ事してると気付かせてくれる。様々なオマージュも良し。

  • ノスミス

    talk

    所々の挙動で違和感を感じる。判定の成否が分かりにくいなど不親切な面も。

Pathfinder:Destination(パスファインダー)のレビュー内容

もう、勇者しない。RPGのお約束に幻滅していくゲーム。

▲仮想パッドで小人を動かし、勇者をゴールへ導け。

『Pathfinder:Destination(パスファインダー)』は、ゲームの世界の住民として入り込むパズルアドベンチャー。

プレイヤーは主人公の勇者……ではなく非力な小人。戦闘は一切出来ないどころか、勇者に殺されてしまうことも。

その代わりにゲームの裏世界へ潜る事ができる。表と裏を行き来し、代わりに謎解きギミックを解いて、旅のサポートをするのが役目。

RPGのお約束を意識したメタファーが多く含まれていて、皮肉の効いた作風はラブデリックの名作「moon」にも通じる魅力がある。

期間限定有料240円無料DL(執筆時)のセール中ということもあり、興味が湧いたら気楽に試して欲しい。

『Pathfinder:Destination』は、ゲーム好きの心を捉えるユニークな作風!

勇者、勇者、勇者。ゲームの中の主人公は古今東西、みーんな世界を救ってばっかりで飽き飽きしちゃう。

しかもアイツら、かなり性格が悪い。金にうるさく、宝箱を見たら真っ先に飛び付くし、平和に暮らす魔物を虫けら以下としか考えてない。

本作ではそういったイヤな印象が強調されていて憎たらしくすら感じるが、使命があるので渋々支えるしかない。

で、助けても主人公だからトーゼンとばかりに感謝されない。認知すらされない。道を塞いでいると切り捨てられてしまう程度の存在。

このように、裏方故の視点実に新鮮。他のゲームもこう回ってるとか、勇者ってゲスい奴とか、面白い感想が浮かんでくる。

ステージ攻略も良い感じで、リアルタイムに動く勇者と連動しながら進めたり、RPGの定番謎解きを活かしたギミックが秀逸だ。

ゲームイメージ

▲3つのアイテムをストック保有して使い分ける。

『Pathfinder:Destination』序盤攻略のコツ。

▲このミニストーリーもまたウィットに富んでいる。

まずは村へ繰り出し、落ちているコウモリを使って、クレーンでステージへと出向こう。それ以降は電子的な小部屋の液晶から行ける。

敵や勇者に触れると即死するので、遠ざけながら進む。勇者の行動中は裏世界で活動できるように進めたい。

表と裏の行き来は画面真ん中右のアイコンで判別。際どい所でワープできたりすることもある。

他の住民と会話では、勇者の行動について語られる。右の選択肢はスワイプで切り替えられるので、ゲスいパターンを選んでみよう。

ステージを進めると、アイテムの枠がギリギリになる。入れ替えハコの使用は慎重にし、ダメっぽかったら潔くリスタート。

間違ったまま攻略しても詰むからだ。ミスリードも多いので、勇者ゴールに必須なものだけを見定めよう。

Pathfinder:Destination(パスファインダー)のゲームの流れ

  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像1 ゲーム開始時。PC画面の向こう側へと入り込む。

    操作キャラはゲーム開発側のような立ち位置かな?

    まさしく現代版moonのようなプロローグが好き。
  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像2 拠点となるホーム。右のハコからアイテムを復活。

    ファンタジーな村の中にそぐわない装置がイッパイで、謎な世界観もまた惹かれちゃう。
  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像3 ステージに移りまして、こいつがウワサの勇者。

    RPG的に考えればフツーなんだけど、第三者として見るとまあヒドイ事ばっかやってる。
  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像4 ただクリアするだけでは飽き足らず、宝箱は必ず開けないと進行しないという面白ルール。

    直感的な図面で説明してくれるので分かりやすい。

    スイッチとか上下する床とか、ゼルダっぽいお馴染みのギミックに挑戦。
  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像5 これだと勇者が下から来て宝箱を取るので、白い床を下げてあげないといけない。

    ゲーム界で不思議なギミックが作動する時は、こういう小人が奮闘してたのかな…。
  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像6 裏世界。表と連動してるけど上下が逆になっていたり、敵が別のオブジェクトに変わっていたり。

    両方を駆使して進むゲームの定番な謎解きがイイ。
  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像7 迷ったら、画面右上アイコンでステージ全体を見渡そう。何か発見があるかも。

    のっぺりとした3Dグラで昔を表現しつつ、今風なミニマルデザインも良いね。
  • Pathfinder:Destination(パスファインダー)攻略画像8 ゲームというエンタメを活用した面白さだった。

    後はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

Pathfinder:Destination(パスファインダー)の総合評価

★3.5点

ノスミス
レビュワー名
ノスミス
執筆した日
: 2017年7月15日
公開した日
: 2017年7月16日
更新した日
2017年7月17日
使用した端末
: iOS10
レビュー時のVer.
: v1.0
対応言語
: 英語
総合評価点
: 3.5点 / 5.0点
(無料)

Pathfinder:Destination(パスファインダー)の関連記事

関連ジャンル

脱出・ホラー・アドベンチャー カテゴリがついたおすすめのゲームトップ5です

脱出・ホラー・アドベンチャー カテゴリの最新ゲーム3件です

ジャンル

ゲーム実況公募

事前登録受付中のゲーム

読み込み中…

事前登録をもっとみる

インタビュー

読み込み中…

インタビューをもっとみる

twitterで最新情報をチェック

topに戻る