DoomKeeper - 光と闇

DoomKeeper - 光と闇

パブリッシャー Real Fighting, LLC

ジャンル アクションゲーム

大軍vsたった1人の絶体絶命のピンチを切り抜けろ!臨場感あふれるアクションゲーム!

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

DoomKeeper - 光と闇 androidアプリスクリーンショット1

プレイヤーはただ一人という戦力。

たった一人で大軍と立ち向かう闇の魔法使いによるアクションゲーム!

『DoomKeeper – 光と闇』は、魔法を駆使し敵を倒していく簡単操作で楽しめるアクションゲームだ。

光の軍隊に囲まれて絶体絶命闇の魔法使い

プレイヤーはこの魔法使いを操作し、3つの魔法を使いながら敵の大軍を薙ぎ倒していく。

操作は狙った方向に魔法を使うための「タップ」のみというシンプルなもの。キャラも動くことはないので、誰でもサクッとプレイすることが可能だ。

見事光の軍隊を殲滅し、闇の世界の救世主となれるかーー。

    『DoomKeeper – 光と闇』の特徴は、その場から1歩も動くことのないアクション

    DoomKeeper - 光と闇 androidアプリスクリーンショット2

    魔法使いの位置は固定だ。

    『DoomKeeper – 光と闇』の特徴は、キャラの位置が固定で動くことのないオリジナリティー溢れるアクション性だ。

    類似のゲームはキャラを自由に操作し、敵を倒しながらステージを移動していく…、というゲームシステムが比較的多い。

    そんな中本作は、敵の数は膨大闇の勢力は1人というハンデを負いながら、しかも動かずに敵を倒さなければいけないぞ!

    こちらは魔法を使えて敵はのみという落差はあるが、数が多いので難易度が上がっていくとやはりキツイ…。

    おそらく作者は、戦場の緊迫感緊張感を再現したかったのだろう。

    『DoomKeeper – 光と闇』の攻略のコツは、3つの魔法を使い分けること

    DoomKeeper - 光と闇 androidアプリスクリーンショット3

    近接型の魔法もあるぞ。

    『DoomKeeper – 光と闇』の攻略のコツは、3つの魔法をそれぞれ使いこなすことだ。

    冒頭にも説明してあるが、本作は主に3つの魔法を使いながら戦いを進めていく。

    正式名称ではないが、それぞれ火の玉を飛ばす魔法雷のような電気を飛ばす魔法土の壁のようなものを呼び出す魔法と分かれている。

    3つとも常時身の回りを回転し続けているので、意図的に攻撃を出せるわけではないが、できるだけ火の玉と雷は遠距離土の壁は近距離を意識して立ち回ろう!

    難易度が上がっていくと、正面からではなくサイドからも敵が向かってくるので注意すること!

    ゲームの流れ

    androidアプリ DoomKeeper - 光と闇攻略スクリーンショット1
    本作のホーム画面。すべて英語表記だ。

    中央の「PLAY」をタップするとゲームスタート!

    androidアプリ DoomKeeper - 光と闇攻略スクリーンショット2
    タップで攻撃が可能だ。

    魔法は自動で回り続けているため狙って打つことはできない。

    androidアプリ DoomKeeper - 光と闇攻略スクリーンショット3
    ある一定数倒すと難易度が上がっていくぞ!

    それに応じて敵の数も増えていく。

    androidアプリ DoomKeeper - 光と闇攻略スクリーンショット4
    敵に攻め入られるとゲームオーバーだ。
    androidアプリ DoomKeeper - 光と闇攻略スクリーンショット5
    ゲームオーバーになった時点でそこまでのスコアを確認できる。

    ログインしていません。

    このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。