東方幻夢廻録

東方幻夢廻録

評価4.0点

T.D

オーソドックスRPG

一夜を…する「含みエロ」ありで育成やりこみ度も充分!東方キャラでハーレムを作るギャルゲーRPG

ダウンロード(Android)

東方幻夢廻録 androidアプリスクリーンショット1

バトルはシミュレーション形式。10倍速があるのでテンポが良い。

東方キャラといちゃいちゃしながら冒険するギャルゲーRPG!

「東方幻夢廻録」は、幻想郷の住民たちとともに異変を解決する東方Projectの二次創作RPGだ。

可愛い幻想少女らが暮らす幻想郷では自我を持った分身が現れる、肉体が成長して大人化するといった異変が起きていた。

プレイヤーは過去に彼女たちと協力して異変を解決した人間(男)となり、幻想少女を味方に加えながら冒険することになる。

これら物語を体感する豊富なアドベンチャーパートを進めると戦略バトルへ移行!

メイン部隊を5体、サブ枠に2体の少女を編成し、各キャラ固有のアクティブスキル、パッシブスキルを駆使して戦おう。

バトルは完全オートで進み、最大で10倍速の設定が可能。

クリア時に経験値や好感度、プレゼント用のアイテムや装備品、刻印を獲得でき、それらを使ってキャラを育て、仲良くなり、ちょっとエッチなイベントもこなしながら物語を進めよう。

東方幻夢廻録の特徴は充実したシナリオと育成システム

東方幻夢廻録 androidアプリスクリーンショット2

各ステージでアドベンチャーパートが挿入される。

前作の経緯は分からないが、物語上では最初から幻想少女たちの主人公に対する好感度が異様に高く、主人公が露骨な妄想を働かせ、一部のキャラと夜の間に何かあったかのような含みエロもある。

主人公は働かずに付き添うだけ。なおかつ脳内会話がちょっときもいのは否めないが、東方Projectの二次創作のスマホゲームでここまで正直にエロ&ギャルゲーに寄せているのは珍しいし、おもしろい。

システムとしても随所にアドベンチャーパートが挿入される本格仕様になっていて、バトルは基本オートながらキャラに細かなステータスが設定されており、それらを装備品や刻印で上げながら進めるのが楽しい。

ギャルゲーよろしく好感度システムがあり、バトルへの出撃やプレゼントによってそれを上げると特別なイベントが発生するなど、作者の東方Projectシリーズに対する溢れんばかりの愛を感じるほどクオリティは高かった。

東方幻夢廻録の攻略のコツ

東方幻夢廻録 androidアプリスクリーンショット3

キャラを育てながら好感度を上げよう。

序盤のステージはパーティメンバーを一杯にして戦闘ボタンを押すだけでだいたいクリアできる。

敵が強くなってきたら前のステージに戻り、装備品と刻印を集めてキャラに装備させよう。

戦闘に参加するのはメイン部隊の5体なので彼女たちに良い装備品を持たせ、部隊を選ぶときは発動するスキルを確認して編成するといい。

また、一部のキャラには「最高の姿」が用意されていて、姿を変えることでステータスが大幅にアップし、色々なところが豊満になる。

この状態のキャラを複数部隊に加えると何らかの支障?があるようなので、適度に部隊を調整しながらゲームを進めよう。

ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ 東方幻夢廻録攻略スクリーンショット1
ステージを選択してシナリオやバトルを進める。スタミナ等の制限はないようだ。
androidアプリ 東方幻夢廻録攻略スクリーンショット2
各ステージにはアドベンチャーパートが挿入される。終始一貫してキャラといちゃいちゃする。けしからん、実にけしからん……。
androidアプリ 東方幻夢廻録攻略スクリーンショット3
バトル開始前には隊列の変更等が行える。1バトルにつき、編成画面が表示されるので状況に合わせてパーティを変えることもできる。
androidアプリ 東方幻夢廻録攻略スクリーンショット4
バトルは完全オートで行われ、キャラたちは固有のスキル、パッシブスキルを発動させて戦う。最大10倍速まで設定可能。
androidアプリ 東方幻夢廻録攻略スクリーンショット5
ステージをクリアすると経験値、好感度、装備品等の各種アイテムを得られる。装備や刻印を付け替えたり、プレゼントで好感度を上げたりして部隊を強化しよう。
ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

納谷英嗣

東方の二次創作RPGでここまで開き直ってギャルゲーに走るのはおもしろい。育成システムも充実している。

納谷英嗣

何もしない主人公の脳内会話がちょっときもい。男らしい所をみせる等、見せ場を作ってあげればいいのに。

東方幻夢廻録の基本データ

タイトル 東方幻夢廻録
パブリッシャー T.D
レビュワー 納谷英嗣
初回レビュー日 2017年4月29日
最終更新日 2017年4月28日
ジャンル オーソドックスRPG
タグ
こちらもおすすめ