ロベリアの葬花灯

ロベリアの葬花灯

パブリッシャー Wataru Takahashi

ジャンル アドベンチャーゲーム

「ゆめにっき」に続くか。少女が謎めいた洋館を彷徨う、レトロRPG風ホラーアドベンチャー

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

ロベリアの葬花灯 androidアプリスクリーンショット1

洋館内に書いてある謎めいたメッセージの数々。

暗闇の中で目覚めた少女が見たものは――。

ロベリアの葬花灯イメージ
「ロベリアの葬花灯」レトロRPG風の雰囲気と操作性をもった
ホラーアドベンチャー。

主人公は一人の少女、ロベリア。暗い部屋で目覚めた彼女は謎のメッセージを頼りに、不気味な洋館を探索していく。

体力と精神力に常に気を配らなくてはいけないゲームシステムが、ホラーゲームの切迫感を見事に演出している。

洋館の随所に残されたメッセージなども謎が謎を呼んでいい感じだ。


バイオハザード好きなどにはたまらないものがあるだろう。
オススメ。

「ロベリアの葬花灯」の特徴はミステリアスな世界観

ロベリアの葬花灯 androidアプリスクリーンショット2

ところどころ落ちてる研究資料が世界観を彩る。

洋館を探索しているうちに謎が解明されていく気持ちよさ「初期バイオハザード」や「スウィートホーム」に通じるものがある。

「RPGツクールMV」を使って制作され、ニコニコ自作ゲームフェス2016にも参加した本作。

「ゆめにっき」「青鬼」「のび太のバイオハザード」など、ツクールシリーズの名作アドベンチャーをプレイしてきた身としては、こうやってスマホアプリになっていくのは嬉しい限りだ。

仮想パッドの操作性も良好でストレスを感じない。

「ロベリアの葬花灯」序盤攻略のコツ

ロベリアの葬花灯 androidアプリスクリーンショット3

プレイスタイルに応じてライフエンハンサーを選択しよう。

赤い球体に捕まると体力が減少する。
何もしなくても精神が病んでいく。


「得体の知れない液体」と、「いい匂いのする花」をみつけ定期的に回復するのが超重要だ。

序盤で3つのライフエンハンサーからひとつを選択してロベリアの耐性を強化することができる。

赤は体力を増やし、青は精神を強化できる。黄色は赤い球体を避けやすくできる。
プレイスタイルに応じてチョイスしよう。

また、セーブはこまめに取ったほうがいい。

自分みたいに結構進めたのに「詰み」になりたくないならね…。

ゲームの流れ

androidアプリ ロベリアの葬花灯攻略スクリーンショット1
ロベリアの葬花灯ってタイトルがもうかっこいいよね。
androidアプリ ロベリアの葬花灯攻略スクリーンショット2
暗い部屋で目を覚ました少女。
視界は悪い。ドラクエ1のダンジョン並に悪い。
androidアプリ ロベリアの葬花灯攻略スクリーンショット3
思いの外フューチャーでサイエンスな世界観。
「エンハンサー」の謎を追いかけていくことになる。
androidアプリ ロベリアの葬花灯攻略スクリーンショット4
追いかけてくる赤い球体に見つからないようにゲームを進行させていく。
androidアプリ ロベリアの葬花灯攻略スクリーンショット5
体力か精神力が尽きるとゲームオーバー。