からっぽのいえ

からっぽのいえ

パブリッシャー ところにょり

ジャンル カジュアルゲーム

価格 基本プレイ無料

遊ぶではなく「インストール」するゲーム。博士。娘。ロボの思い出を犠牲にして大切なモノを守ろう

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

からっぽのいえ androidアプリスクリーンショット1

記憶を消すか。思い出を守るか。その判断を迫られる。

人のもういない空っぽの家を、いつまでも守りつづけるロボットがいた

からっぽのいえイメージ

「からっぽのいえ」は荒廃した世界で大切なものを守り続ける終末アドベンチャーだ

人のもういない。からっぽの家を。

家庭用汎用性ロボット「RJ6388265」がいつまでも守り続けている。

家にやってくる敵は日に日に数を増し、それをタップでロックオンし、ミサイルで撃ち落とすことが彼の日課となっている。

彼の記憶媒体の容量は限られており、からっぽの家を守るために家族との記憶データを消去することで、防衛システムをアップグレードしていた。

製作者である<博士

博士の娘である<みっちゃん

家事をしたり、他愛ないことを話したり、RJ6388265がそこにいて確かに暮らしていたことを証明するもの。

それを消してまで守るべきものが、彼にはあった。

からっぽのいえの特徴は秀逸な世界観とゲームデザイン

からっぽのいえ androidアプリスクリーンショット2

ロボができないことをプレイヤーに委ねているのが素晴らしい。

荒廃した世界。残された家。誰もいないその家を守るロボット。

周囲に現れる機械兵器をタップで倒し、物語を進めていくのだが、彼の記憶は兵器のアップグレードと共に消えていく

彼が彼であることを消し、0と1の記号に変えるのか。

記憶を守り、その象徴となる家を危険にさらすのか。

自我を失い、ただの機械へと戻っていくロボットをプレイヤーは止めることができない

しかし、記憶が消されることで、より強烈に彼のを脳に焼き付ける。

ロボットができなかった、残しておけなかった記憶はこのゲームを遊んだ人へとインストールされ、結果として「RJ6388265」という自我は生き続ける。

そんな少しの希望と怖さを感じられるのがたまらなく良い。

からっぽなんかじゃない、悲しいだけじゃない、きっとそこには満たされた何かが残るはずだ。

からっぽのいえの序盤攻略のコツ

からっぽのいえ androidアプリスクリーンショット3

彼らの思い出を記憶してあげよう。

ゲームは時間経過によって現れる敵を倒して部品を集め、RJ6388265の記憶を閲覧しながら進める。

それを見ると記憶データを消去してシステムをアップグレードするかを迫られ、一度消した記憶は0と1の羅列に変わってしまうので注意しよう。

ストーリーに分岐はなく一本道なので、じっくりと物語を読み込むといい。

ゲームの流れ

androidアプリ からっぽのいえ攻略スクリーンショット1
家の周囲に現れる機械兵器をタップし、ロックオンしてミサイルを発射しよう。
androidアプリ からっぽのいえ攻略スクリーンショット2
家の上にあるアイコンをタップすると、敵を混乱させ呼び寄せる電波を発信できる。
androidアプリ からっぽのいえ攻略スクリーンショット3
敵を倒して部品を集めると制御システムをアップグレードできる。RJ6388265の記憶データを犠牲に……。
androidアプリ からっぽのいえ攻略スクリーンショット4
記憶データは部品を溜めたときにしか見れない。
androidアプリ からっぽのいえ攻略スクリーンショット5
また、ゲームを進めるには必ず記憶データを消去しなければならない。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。