タップタウン(Tap Town)

タップタウン(Tap Town)

パブリッシャー Honeydew Games

ジャンル 育成ゲーム

価格 基本プレイ無料

フルオートで勇者の生成→ダンジョン派遣が可能!タウン要素がうまく盛り込まれた育成バトルSLG

ダウンロード(Android)

タップタウン(Tap Town) androidアプリスクリーンショット1

町で勇者を生成して巨大なモンスターに挑め。

タップRPGにタウン要素をかけ合わせた育成シミュレーション!

タップタウン(Tap Town)イメージ

「タップタウン(Tap Town)」は、街づくりとモンスター退治を同時に進める育成バトルシミュレーションだ。

様々な旅人が通りすぎる街道沿いの村を舞台に、村長となったプレイヤーは近隣に出現するモンスターを退治しながら村を発展させることになる。

街づくりパートでは、花壇や提灯などの装飾を設置して飾りポイントを獲得し、それが100%になったら英雄商店を建設する。

この商店に旅人が入ると資金や名声を得られ、出てきたときには戦士や弓士といった英雄に生まれ変わる

英雄たちはポータルを使って自動でダンジョンに送り込まれ、そこに出現するモンスターを倒していくという流れだ。

バトルパートではタップによって資金を稼ぐことができ、各所で資金・名声・飾りポイント・特殊通貨の「ジェム」を獲得しながら街づくりとバトルを進めていこう。

タップタウン(Tap Town)の特徴はタップRPGとタウン要素の融合

タップタウン(Tap Town) androidアプリスクリーンショット2

街づくり要素がタップRPGとうまくマッチしている。

キャラデザからして「突然の勇士」をリリースしているデベロッパーの新作だと思われるが、街づくりにRPG要素を加えたゲームは数あれど、タップRPGありきで街づくり要素を盛り込んだゲームは意外と珍しい。

バトルパートではタップダメージを与えられないが、資金を稼ぐことはでき、アプリを閉じて放置すると資金や名声を得られるため、育成に手間がかからない

街づくりパートでは、英雄の強化や商店の建設を進めると自動で英雄の生成&派遣を行ってモンスターを倒してくれるので、ゲームの進行が楽。

街のレイアウトについても条件を満たすと街全体が広くなり、装飾品の数が多いため自由度が高くなっていた。

タップタウン(Tap Town)の序盤攻略のコツ

タップタウン(Tap Town) androidアプリスクリーンショット3

挑戦の塔を攻略していこう。

初回起動ボーナスとして10分ほどオートタップ機能が働くので、その間に街づくりパートを進めよう。

基本的な流れは街を装飾して飾りポイントを100%にし、英雄たちを生成するお店を建設する。

後は資金を使って英雄の基本ステータスを上げ、名声ポイントを消費して英雄のカケラガチャを引くか、主人公である勇者のステータスを上げていこう。

これと同時に「挑戦の塔」にも挑み、敵部隊を倒して豪華な報酬を得ておくと育成が一気にはかどるはずだ。

ゲームの流れ

androidアプリ タップタウン(Tap Town)攻略スクリーンショット1
バトルパートでは画面をタップすることで資金を稼げる。ダメージは与えられないので、モンスターの討伐は町で生成された勇者たちに任せよう。
androidアプリ タップタウン(Tap Town)攻略スクリーンショット2
町作りパートでは、最初に飾りポイントを獲得する必要がある。木々や花壇などを町に設置して稼ごう。
androidアプリ タップタウン(Tap Town)攻略スクリーンショット3
飾りポイントを100%にしたら勇者たちを育てるお店を建てる。目の前の大通りにいる人々がここに勝手に入ることで、戦士に生まれ変わり、バトルフィールドに移動するようだ。
androidアプリ タップタウン(Tap Town)攻略スクリーンショット4
バトルでカギを入手すると「挑戦の塔」に挑める。育てた勇者たちを使い、敵部隊を倒して豪華な報酬を得よう。
androidアプリ タップタウン(Tap Town)攻略スクリーンショット5
バトルパートの階層が50Fを超えると定期的にボスモンスターに挑めるようになる。倒すとジェムや強化効果を得られるようだ。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。