宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】

宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】

Cybergate Technology Limited

カジュアルゲーム

基本プレイ無料

優しい人はプレイできないかも!次々と兵士が死んでいく地球防衛シミュレーションゲーム

ダウンロード(iPhone)

宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】 androidアプリスクリーンショット1

地球のために散っていく兵士たち!ていうかどれだけ兵士いるんだよ!

放置系ゲームだけど、放置してたら地球が危機に!?ちょっぴり残酷な地球防衛ゲーム!

「宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】」は、地球を侵略してくる敵を倒すため、ユニットを増やして迎え撃つシミュレーションゲーム

迎撃の方法がカミカゼ的なアレな上、敵にぶつかるとご丁寧に血しぶきが飛ぶのでちょっと罪悪感を覚えずにはいられない

私、人が傷ついているところなんて見たくない!って人は注意しよう。ちなみにグロさはないのでご安心を。

まあタイトルの時点でそこそこ物騒なのでそんな博愛主義の人は最初から手を出さないよって話かもしれないけど。

ミサイルを撃つ時の爽快感もさることながら、恐ろしい宇宙人とか特攻とかのバイオレンス要素を、どこかゆるいイラストで和らげているのも好印象だ。

「宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】」一番の特徴はつい放置できずに遊んじゃうシステム!

宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】 androidアプリスクリーンショット2

敵モンスター襲来!ただちに迎撃しないと被害が拡大する!

ゲームは、放っておいても兵士たちが突撃し続けるのでジャンルとしては放置系に入る……のだけど、このアプリはひと味違う。放っておけないタイプの子だ。

どういうことかというと、放置している間に敵が基地を攻撃してきたり体力を回復させてきたりするのだ。

敵には体力ゲージがあり、一定数回復していってしまう。なのでそれを上回る物量で押し切らないといけないのだけど、放置し続けると基地が破壊され兵士の量も減る、ということになる。

さらに、アプリを起動させている時のみ兵士の士気が上がるシステムも搭載されているため、つい放置できずに遊んでしまうという恐ろしさ!

もはや放置系ゲームと言っていいのかどうかも分からない。でも面白いのがまた悔しい。

「宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】」序盤攻略のコツは、スペシャルユニットの活用!

宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】 androidアプリスクリーンショット3

頼もしい4人のヒーローが助けてくれる!

前述した通り、放置しすぎると基地が壊滅状態になって危険だけど、一応対処法もある。

「自動防衛ミサイル」をあらかじめ用意しておくことで、戦場にいない間も敵から守ってくれるのだ。

ただそれらはあくまで壊滅を防ぐための防衛策。強大な敵を倒すための作戦ではない。

では、どうすればスムーズに敵を倒せるのか。それには、スペシャルユニットというヒーローを呼ぶことだ。

4人いるヒーローたちは、味方の士気を上げてくれたり敵からエネルギーを放出させてくれたり、戦局を有利に進めてくれる技を持っている。彼らの力を借り、地球を守り抜こう。

ゲームの流れ

androidアプリ 宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】攻略スクリーンショット1
放置系なのに敵が回復していくというやらしいシステム。

とにかくユニットを増やしまくって戦力をアップさせよう。

androidアプリ 宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】攻略スクリーンショット2
敵の体力ゲージがなくなると、ファイナルアタックが使える。

タップ連打でマザーシップの強力な一撃をお見舞いするのだ。これがなにげに気持ち良い。

androidアプリ 宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】攻略スクリーンショット3
モンスターを倒せば、新たなプラットフォームを作成できるようになる

どんどん前線に基地をつくり、兵士たちも強化させていこう。

androidアプリ 宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】攻略スクリーンショット4
マザーシップによる突進、ファイナルアタック!

味方の兵士ごと敵が吹っ飛ぶけど、ちっちゃいことは気にするな!

androidアプリ 宇宙でも一兆人で殴り続けると死ぬ【地球防衛軍】攻略スクリーンショット5
最初はチュートリアルがあるのですぐゲームに慣れることができるだろう。

お前の制服はどうだっていいけどな!強いていうなら体にぴったりフィットしてる感じで悪くないと思うけどな!

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。