OPUS 地球計画

OPUS 地球計画

Team Signal

アドベンチャーゲーム

基本プレイ無料

美しい宇宙と哀しいロボットSF物語。宇宙船から地球の発見を目指すアドベンチャー

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

OPUS 地球計画 androidアプリスクリーンショット1

キャラも宇宙も2Dだけど立体的なアニメーション!

一言でいうと、宇宙とロボのSF物語!

望遠鏡を使い、宇宙船から地球を探すアドベンチャー「OPUS: The Day We Found Earth」

舞台は数十万年後で、人々は地球外の宇宙で暮らす時代に。

過程の中で神話のような存在となってしまった地球を、主人公であるロボット「エム」が発見するのが目的。

世界観に設定だけでなく、音楽やグラ、演出も全てが素晴らしくて広大な宇宙世界に溶け込めるような作品となってるぞ!

ただし、無料は中盤までで途中から240円の課金が必要となる。
無料分だけでも十分楽しめるので、まずはプレイしてから考えると良い。

「OPUS」は宇宙とロボットのSF物語が素敵。

OPUS 地球計画 androidアプリスクリーンショット2

名前は一緒だけど別人。ホログラムが人工AIね。

物語はエムが、開発者である博士「リサ」に宇宙観測の方法を教わるところから始まる。

地球発見は博士の悲願でありエムの存在意義となるのだが、突然活動停止してしまう。

目覚めると博士はおらず、代わりに人工AIである「リサ」が地球探しのサポートをする事に。

やってみると色んな想像が付くのだが、ロボであるがゆえの悩み宇宙の孤独感、哀愁は非常にマッチしてて心にクル。

例えるなら超名作映画「A.I.」のような雰囲気だ。

宇宙SFにロボット物語。このワードにピンと来た人には是非オススメしたいです。

「OPUS」の序盤攻略のコツや役立ちポイント。

OPUS 地球計画 androidアプリスクリーンショット3

惑星の説明もなんだか面白い。

宇宙観測ではスワイプで視点移動、地球のような惑星を座標情報を元に探していく事になる。

見つける度にストーリーも進む大体一本道なので、追加されていく星の情報順に探すことに。

キーとなる地球らしき惑星は他のより輝きが大きいので参考に。

ほぼノーヒントな特別な惑星もあるが、まずは探しやすい所から発見していこう。

宇宙は広く迷いやすい。目印となる星雲や恒星を基準にしよう。

ゲームの流れ

androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット1
うーーん、素晴らしいビジュアル。宇宙ってホント素敵よね。
androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット2
博士といたはずなのに、目覚めると宇宙船にエム1人。

出来ることも多くないので目標の地球探しを続行することに。

androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット3
広大な宇宙はさまようだけでも面白い。色んな表情がある。
androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット4
座標情報を元に地球っぽい惑星を探していこう。
androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット5
進めると電力が回復し、第三人工AIが目覚める。

宇宙船内は彼女だけで、人格も博士らしくこれが意味するのは…?

androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット6
彼女のサポートで宇宙探索の幅が広がる。

近くに来るとアナウンス、アイコンが二重線になるので参考に。

androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット7
やがていろんな施設が解放。タップで調べられる。

博士の日記とかも。一体何が…?

androidアプリ OPUS 地球計画攻略スクリーンショット8
宇宙船は太陽のような灼熱の恒星LISAにドンドン引寄される事に。

果たして博士の安否、リサとエムの物語の行く末は!?

この先はアナタの目で確かめてくれ!(お約束)

関連動画

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。