ヴァリアントレギオン

ヴァリアントレギオン

提供元 Aiming Inc

アクションRPG

読者レビュー (0)

武器の持ち方などでオリジナリティを演出!オリキャラが作りやすい共闘アクションRPG!

ヴァリアントレギオン androidアプリスクリーンショット1

最近多いこのタイプ、大元はガントレットが始祖だろう。

武器の持ち方などでオリジナリティを演出できる、共闘メインのアクションRPG!

「ヴァリアントレギオン」は、武器などの装備方法が自由な、共闘アクションRPG

システムは、表示された操作パッドで操作する見下ろし視点の3Dアクション。

遊びやすく、操作レスポンスも良好だ!

特にキャラの武器が複数の装備方法があるのが注目点。

その持ち方でオリジナリティを出せるから、同じクラスのキャラでも全く違った印象になるぞ。

自動で共闘になるシステムや、チャットのUI、フレンド申請のシステムなど共闘を意識した部分が使い易いトコロもポイントが高い!

「ヴァリアントレギオン」の特徴は、片手武器の装備方法!

ヴァリアントレギオン androidアプリスクリーンショット2

ゴールデンアックスのようなベルトスクロールアクションも元となるだろう。

「ヴァリアントレギオン」の特徴は、かなりフリーダムに持ち方を選べる武器装備システム。

クラスにもよるが、特に戦士系の装備の自由度は高い。

例えば片手武器だが、右手に片手剣、左手に片手斧なんて装備も可能。

片手をにしてもいいし、同じ武器を持つのもありだ。

両手持ちの武器は、それしか持つことができないのが残念。

だが、防具のコーディネイトの幅も広いので同じクラスのキャラでも見た目は全く違うキャラにする事ができるぞ!

能力にもこだわれるが、見た目にこだわってキャラを作れるのがポイント。

「ヴァリアントレギオン」の攻略のコツは、ズバリ共闘!

ヴァリアントレギオン androidアプリスクリーンショット3

キングスナイトもRPGを謳って…いや、何も言うまい。

「ヴァリアントレギオン」の攻略のコツは、難しいなら共闘で乗り切れ!

マップに出ると、既に戦っている他のプレイヤーと遭遇する事が多い

部屋を作るなど、面倒な事をしなくても自動で共闘になってくれる為、攻略は比較的簡単になるだろう。

序盤は、共闘なしでも楽勝な感じ。

しかし、強力なボスが存在するようなマップはあるので、そこでは共闘をして確実にクリアを狙おう。

強い仲間と共闘できたら、フレンド申請しておく事をおススメする。


    ゲームの流れ

    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット1
    オープニングの物語は、アニメーションが綺麗
    この強いおっさんが使いたかった。
    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット2
    キャラ選択では、いろいろなクラスを選べる。
    今回は、この装備が強そうな男性キャラを選択!
    わくわくするぞ。
    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット3
    案内役は、美人さん!
    いいね。
    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット4
    って、あれ?
    あの強そうなキャラじゃ…。
    まぁ、そりゃそうか、最初からガチ装備じゃないよね。
    くそぅ、イラストとの差が大きい…。
    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット5
    まずは、ワールドマップの最初からスタート。
    装備は、ドロップガチャで入手可能で、かなり頻繁に手に入る。
    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット6
    ドロップで入手した武器防具装備しつつ、マップを進めていこう。
    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット7
    最初の2~3マップ攻略だけで、ここまで装備できた。
    二刀流でいこうと決心。
    androidアプリ ヴァリアントレギオン攻略スクリーンショット8
    共闘してくれた人がいれば、マップを出た時に挨拶や、フレンド申請が可能だ。
    仲間を増やして共闘や、対戦で盛り上がろう!

      関連動画

      アプリゲット
      新作ゲームをフォロー
      新作ゲームの最新レビューを配信しています
      アプリゲット
      事前登録をフォロー
      事前登録中ゲームの最新情報を配信しています

      読者レビュー(β版)

      このゲームをプレイした感想や評価を教えてください。
      avatar
      1000

      下に続きます