ウィッチ・デュエル・パンプキン

ウィッチ・デュエル・パンプキン

Nazy Games

カードゲーム

基本プレイ無料

リアルタイム対戦可能!MTGやドミニオンの雰囲気を感じる本格カードゲーム

ウィッチ・デュエル・パンプキン androidアプリスクリーンショット1

魔力を生成して山札へカードを追加し、場に召喚しよう。

ドミニオンやMTGの雰囲気を感じるカードゲーム!

「ウィッチ・デュエル・パンプキン」は、ウィッチ同士の魔法バトルを楽しめる本格カードゲームだ。

ローカルモードの「CPUと練習」、「マッチング対戦」と「ルーム対戦」の2種類のリアルタイムオンライン対戦モードのどれかを選択してバトル開始。

毎ターンごとに5枚の手札が配られ、その中にあるカードから魔力を抽出しよう。

抽出した魔力を使うとマーケットメニューでカードの購入ができ、それを山札(デッキ)に加えられる。

手札からフィールドに召喚するときにも魔力を消費するので、購入と召喚のバランスを考えつつターンを進める。

フィールドに出したモンスターカードを使って敵のモンスターを倒し、相手のライフ(25pt)を0にすれば勝利となる。

また、余った魔力や手札は次の自ターンへ持ち越せないが、デッキが無くなると墓場にあるカードがデッキに戻る仕組みだ。

「ウィッチ・デュエル・パンプキン」の特徴は戦略性の高さ

ウィッチ・デュエル・パンプキン androidアプリスクリーンショット2

遅攻か速攻か戦法を考えてデッキ(ストック)を組むのが楽しい。

世界的に人気の2つのカードゲーム「ドミニオン」のデッキ構築要素と「マジック・ザ・ギャザリング」の戦闘要素を組み合わせた本格的なカードゲームルールが採用されているのが良いね!

毎ターンごとに「魔力」を生成し、それを使ってマーケットから山札へカードを「購入」するか、手札にあるカードをフィールドに「召喚」するかの二択を常に迫られる。

また、1ターン目開始時のデッキが手札を含めて10枚かつ「魔力の種」と「黒猫」という基本カードしか入っていない。

マーケットのラインナップは予め自由に設定できるため、魔力生成→購入→召喚までの計画をしっかりと立てておけば1ターン目から引き運に頼ることなく思い描いた戦術を実行できるのが本作の特徴だ。

システムについてもローカルだけでなく、オートマッチングやルーム機能が付いたオンラインバトルが行えるため幅広く遊べる。

カードリストがあらかじめすべて揃っていて収集(トレーディング)要素がないのは残念だが、本格TCG好きにはたまらない仕様になっていた。

ウィッチ・デュエル・パンプキンの序盤攻略のコツ

ウィッチ・デュエル・パンプキン androidアプリスクリーンショット3

カードの特性を見極めてデッキを構成しよう。

まずは「CPUと練習」モードでマーケットの内容を色々と変えながらゲームに慣れよう。

基本的な戦術は2つあり、序盤から魔力抽出値の高いカードを購入して1ターンに生成できる魔力値を増やしつつ場に壁となるモンスターを配置し、準備が整ったら強力なモンスターやウィッチクラフト(魔法)を召喚する遅攻タイプ。

逆に召喚に必要な魔力が少ないモンスターを次々と購入し、フィールドに召喚して相手のライフを素早く削る速攻タイプのどちらかを目指してマーケットの編成を組むといい。

ある程度慣れたらカードリストから各カードの効果と購入コスト・使用(召喚)コスト・抽出魔力値を確認し、自分なりの戦術を構築してみよう。

ゲームの流れ

androidアプリ ウィッチ・デュエル・パンプキン攻略スクリーンショット1
ローカルもしくは各種オンライン対戦のどちらかを選んでカードバトル開始。
androidアプリ ウィッチ・デュエル・パンプキン攻略スクリーンショット2
まずは魔力の種から魔力を抽出しよう。画面左上にある「まとめて魔力抽出」を選ぶと一度に複数のカードを選択できる。
androidアプリ ウィッチ・デュエル・パンプキン攻略スクリーンショット3
魔力の使い道は2つあり、ひとつはマーケットからカードを購入して山札に組み込む。
androidアプリ ウィッチ・デュエル・パンプキン攻略スクリーンショット4
もうひとつはモンスターカードやウィッチクラフト(魔法)カードを使用するときに使う。モンスターを召喚したターンは一部のモンスターを除いてスリープ状態になり、次の自ターンまで動かせないので注意しよう。
androidアプリ ウィッチ・デュエル・パンプキン攻略スクリーンショット5
モンスターカードがフィールドに待機状態(縦向き)でいるとき相手のモンスターやライフを攻撃できる。攻撃行動を行うと横向きになり、相手モンスターからの攻撃は縦向きのモンスターで引き受ける。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。