MatrixLines

MatrixLines

Sarette Co.,Ltd.

パズルゲーム

光の反射を巧みに操れ!レーザー光をスイッチへ導く理科系パズル

MatrixLines androidアプリスクリーンショット1

レーザー光をスイッチまで導けばクリア。

使うのは光の反射!ブロックを上手く並べてスイッチを目指せ!

MatrixLines」は、レーザーの光をブロックで反射させて、スイッチへ導くパズルゲーム

ブロックには、レーザーを反射させるもの以外にもレーザーを吸収してしまうもの反射と通過をさせるものなど様々な種類があり、それを上手く配置していこう。

スイッチも複数あり、色のついたブロックを通してレーザーの色を変えないといけなかったりする。

ルールは非常にシンプルだが、ブロック数やポイントの色などが決められているため、地味に頭を使いそこが面白い

ステージ数もあまり多くないので、サクッと全クリできるのも魅力だ。

    「MatrixLines」は何度も試行錯誤できるのが特徴

    MatrixLines androidアプリスクリーンショット2

    どれだけ時間がかかってもOK。

    「MatrixLines」には、時間制限や移動回数の制限が存在しない。

    そのため、じっくり考えてなんども試行錯誤を繰り返すことができる。

    基本は反射を利用してレーザー光をスイッチに導くというシンプルなもの。

    この中に、動かさせるブロックと動かせないブロック、反射するブロックと吸収するブロック、色んな特性を持ったブロックがあるので、それらを上手く使いこなしていこう。

    ちょっとした制限があることで、頭をつかうパズルゲームに進化しているといった感じだ。

    ちょっとした脳トレ気分でプレイするのも悪くないかもしれないぞ。

    「MatrixLines」序盤攻略のコツ

    MatrixLines androidアプリスクリーンショット3

    とりあえずいろんなところに配置してみるのも手段の一つ。

    なによりも、それぞれのブロックの特性を理解するのが大切だ。

    特に、反射させつつレーザーを通りぬけさせるブロックがかなりキモになってくるため、それをどこに置くべきかを考えよう。

    また、レーザーの出る方向に向かって考えるよりも、スイッチがある方からブロックを配置していくほうがカンタンなステージもある

    とはいえ、どれだけ時間をかけてもなんどブロックを動かしてもいいので、とにかくぐりぐり動かしてみるというのもありかもしれないぞ。

    ゲームの流れ

    androidアプリ MatrixLines攻略スクリーンショット1
    レーザーの光をスイッチに導いていこう。
    androidアプリ MatrixLines攻略スクリーンショット2
    角が丸いブロックはドラッグで移動させることができる。

    androidアプリ MatrixLines攻略スクリーンショット3
    黒いブロックは光を止めてしまう。
    androidアプリ MatrixLines攻略スクリーンショット4
    半透明なブロックは、反射させるし光も通す。スイッチが複数のときはコレを上手く利用しよう。
    androidアプリ MatrixLines攻略スクリーンショット5
    色のついたブロックは反射・通過させると光の色が変わるぞ。

    ログインしていません。

    このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。