なかったコト探偵

なかったコト探偵

ZAPPALLAS, INC.

アドベンチャーゲーム

826人がプレイ | 読者レビュー (0)

「消したい過去」を無かった事に!個性豊かな探偵たちと謎を解き明かす、謎解きアドベンチャーゲーム!

なかったコト探偵 androidアプリスクリーンショット1

主人公は女の子。そして上司の探偵、千石一馬。イケメンすぎてなんかつらい。

消したい過去の一つや二つ…この人たちに依頼すれば消してくれます!その名も「なかったコト探偵」!

依頼受けたら「過去をなかったコト」にしてしまう、推理アドベンチャー「なかったコト探偵」!

過去の記憶が無くなり、気がつくとそこは千石探偵事務所…なぜかそこで働く事となっていた主人公の前に、個性豊かな3人の探偵上司が姿を現す!

誰が嘘をついているか見破って真実を解き明かし、依頼人の過去や記憶を「なかったコト」に!

展開されるストーリーは漫画形式に繰り広げられるので、ドラマ仕立ての物語は男女問わず楽しめるぞ!

操作はタップで読み進めて(オートモードもあり!)、推理場面では選択肢を選ぶだけなので、空いた時間にぴったりのアドベンチャーゲームだ!

スポンサーリンク

なかったコト探偵は個性豊かな登場人物や、ドラマ仕立てのストーリーを漫画形式で読めるのが特徴!

なかったコト探偵 androidアプリスクリーンショット2

登場するキャラクターがコミュ障ってだけでなんか親近感沸く。

「なかったコト探偵」の特徴は、ストーリーをテロップ形式で読むのではなく、漫画形式に吹き出しが出てきて物語が進行していくところ!

言葉の内容によってキャラクターの表情なども変わっていくので、まるで漫画を読んでいるかのようだが…!

主人公はもちろん探偵事務所の人達、依頼人までもが個性豊かで一癖も二癖もあるようなキャラクターたちとなっている。

これはもう最早漫画ではなくドラマを見ているかのよう。

なかったコト探偵、いつか本当にドラマとかでやりそうだな…( ´•౪•`)

なかったコト探偵を攻略するにはシナリオをじっくり読んで矛盾を探していくコトが重要だ!

なかったコト探偵 androidアプリスクリーンショット3

矛盾を指摘すれば真実が見えて来る。世の中の道理である。

「なかったコト探偵」を攻略する際は物語をじっくり読む事をオススメする。

物語をきちんと読んでいれば、推理に必要な伏線にもちゃんと気が付くはずなのだが…

ありがたい要素であるはずの漫画形式」であるが故に、そのまま普通に読んでしまう人も少なくないと思う…(笑)

漫画のように読み進めて結末に辿り着くわけではないのだ…チケットは一枚回復するのに3時間もかかる。

じっくり物語を推理し、確実に矛盾を指摘していこう!


    ゲームの流れ

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット1
    冒頭は経理の竜胆忍さんの「おやつ」が無くなってしまったところから始まる。

    また買ってくればいいのにね←

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット2
    どうやらこの探偵3人のうちに犯人がいる模様。

    にしても全員イケメンだな…。

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット3
    左側の女の子がプレイヤーの分身。主人公。

    真ん中が所長の千石、左が経理の竜胆さんだ。

    今その場にいる人達から聞き込みを行えとの指示!

    ムムム!なんか探偵っぽいぞ!(๑و´•౪•`)و

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット4
    聞き込みしていたら、全てを丸く収めるために悲しい顔で罪を被ろうとする雨宮さん。

    もう顔が切ない…。

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット5
    聞き込みを行っいたところ、所長が気になる発言を…。

    竜胆さんは「おやつ」としか言っていないのにおやつの内容を知っているだと…?

    さてはコイツ……………!

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット6
    推理画面では矛盾を選択し、突きつける事ができる。

    ええい、食らえッッッ!!!!

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット7
    プリンという情報を知っていたのは所長の一馬だけ。

    いい感じで犯人を捜す事ができたぞ!╭(  ´•౪•`)و ̑̑ グッ !!!

    androidアプリ なかったコト探偵攻略スクリーンショット8
    なぜか悪びれる様子もなく上司っぽい事を言う一馬所長…。

    この後竜胆さんにとっても怒られていた…(笑)

      下に続きます