エンカウント将棋

エンカウント将棋

Dogmabooks

テーブルゲーム

567人がプレイ | 読者レビュー (0)

異端なバトルシステム!サイバーなグラフィックが21世紀を感じさせるニュー将棋ゲーム!

ダウンロード(iPhone)

エンカウント将棋 androidアプリスクリーンショット1

この圧倒的戦力差をどう戦う!王ッ!

普通の将棋とはルールが違う異色の将棋バトル!

エンカウント将棋は普通の将棋とは盤の大きさやルールが異なる、サイバーなグラフィックがかっこいい将棋ゲーム

島を移動していると、コンピュータに出会い、コンピュータはレベルに応じてランダムなコマの種類と配置でスタートする。
コンピュータは高いレベルほど、多くのコマや「飛車」などの強いコマを使ってくる。

勝利したり島を移動することでレベルやコマに応じた「禄」が支給され、その持ち金を使って、持ちゴマを購入することができる。

スポンサーリンク

普通の将棋と違うルールが最大の特徴!

エンカウント将棋 androidアプリスクリーンショット2

集めた「禄」で駒を買うのだ。負けたら使い切りだ。

普通の将棋とは異なるルールが最大の特徴だ。

全てのコマに個数制限がなく、「王将」も何個でも出る。

「二歩」あり。
最初から成っているコマあり。
成りの条件が「盤の広さの理由によってそれ以上進めない場合」のみ。
持ちゴマを打つ場所に制限あり。

と、異端極まりない将棋ゲームだが、独特のダークなジャーマン・テクノのようなBGMも相成って、サイバーなグラフィックがどーにもかっこいい。

圧倒的不利を弾き返すのが楽しいぞ!

エンカウント将棋攻略のコツ

エンカウント将棋 androidアプリスクリーンショット3

100%制圧したところをうろついて安全に金を稼ごう!

この「エンカウント将棋」の独特なところは相手の駒を取っても持ち駒にならないし、こっちの駒を取られても相手の持ち駒にはならないところだ。

レベルの低いステージは香車や桂馬の動きに気をつけながら、金や銀が射程範囲に来たところを狙う、王の単騎だけでも勝てるだろう。

だが、後半は飛車角、龍や馬が現れる地獄のデッキ(!?)との激戦を強いられる。

金が足りなかったらクリアしたステージをマップ上でうろつき、安全に金を溜めるといいだろう。

飛車角よりは香車や桂馬あたりがコスパよくて便利だ。
どうせ取られると使い捨てだし。


ゲームの流れ

androidアプリ エンカウント将棋攻略スクリーンショット1
うーん、このデザイン。そこはかとないセンスを感じるな。
androidアプリ エンカウント将棋攻略スクリーンショット2
持ちゴマを金で買って出陣。
歩は100、龍は999といった具合。
androidアプリ エンカウント将棋攻略スクリーンショット3
この謎の島。ネーミングセンスがまるでたけしの挑戦状のひんたぼ語のようだ…。
androidアプリ エンカウント将棋攻略スクリーンショット4
基本的には自滅を待つ。正直将棋としてはCPUはあんまつよくない。こっちが貧相なだけ。
androidアプリ エンカウント将棋攻略スクリーンショット5
将棋の動きをおさらいしておこう。
黒と緑ってメタルギアソリッド1の無線みたいでいいね。
androidアプリ エンカウント将棋攻略スクリーンショット6
ちなみに駒の価格は画像のとおり。
使い捨てなので歩も大活躍。

下に続きます