ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム

ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム

パブリッシャー Hibernum Creations

ジャンル 格闘ゲーム

価格 基本プレイ無料

ブルース・リーの公式アプリゲーム化!群がる敵をなぎ倒す格闘アクションゲーム

ダウンロード(Android)

ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム androidアプリスクリーンショット1

こんな農民がいてたまるか、と突っ込んではいけない。

複数のアクションを使い分け、様々な種類の敵をなぎ倒せ

ブルース・リー: 燃えろ、ゲームイメージ

ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム」とは、主人公のブルース・リーがシーンごとに現れる大量の敵をさまざまな攻撃手段でなぎ倒していく、ステージクリア型の格闘アクションゲームである。

悪質な開発業者に追い立てられる村人たちを助けるため、農民であるブルース・リーは立ち上がる!・・・というストーリーになっている。

このゲーム、1970年代のアクションスターのブルース・リーを題材とした、ブルース・リーエステートからライセンスを得て作られた公式ゲームである。

公式ゲームなだけあって非常に作りこまれており、直感操作で様々な技や移動、ジャンプなどのアクションが可能であり、スムーズにキャラを動かすことができる。

自動で敵の懐に飛び込む機動性や、怒涛のラッシュを叩き込み多くの敵を吹き飛ばす攻撃の速さが、操作の爽快感を増してくれる。

さまざまなアクションを用いて「シーン」を作り上げよう

ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム androidアプリスクリーンショット2

激怒モードは攻撃力とスピードが一定時間上昇する。出し惜しみせずどんどん使おう。

ストーリーモードのタイトルは「我慢の限界」となっており、各ステージは「シーン」と称されている。いわばこのゲームは一つの映画なのだ。

各シーンではそれぞれ異なる戦いが待ち受けている。

大量の敵をまとめて吹っ飛ばしたり、屈強なボディーガードに苦戦したり、とらわれた師父を救出したり・・・

どんなセリフが言われているのかはわからないが、どんな展開になっているのかはおおよそ把握できるのがおもしろい。

そんな展開を彩るのがプレイヤーのアクションだ。

スワイプの方向で上中下と攻撃を使い分け、相手の攻撃に合わせてカウンター。溜め攻撃ではなつスペシャルアタック

ゲージがたまったら激怒モードを発動!怒涛のラッシュで敵を蹴散らしていく。

まるで映画のようにより派手に、より素早く敵を倒していこう。

シーンごとに定められた特定のアクションをこなすとボーナスが手に入り、またより映画っぽい展開となるので余裕があったら挑戦するといいだろう。

集めたコインと翡翠チップでブルース・リーを強化

ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム androidアプリスクリーンショット3

ブルース・リーといったらやっぱりこの装備

シーンが進むとこちらの攻撃をガードする敵や異様に攻撃力が高い敵、飛び道具を放ってくる敵など一筋縄ではいかない相手が多く立ちふさがる。

それらの敵に対応するため、道中で手に入れたコインや翡翠を使ってブルース・リーを強化しよう。

スキルの強化はブルースリーを地道ながらも確実に強化してくれるし、武器やスーツは原作の映画で見た衣装や武器が多く見られ、着せ替え的な意味でも面白い。

コインを多く手に入れたいのならできるだけ早く正確にシーンをクリアするほかに実績の解除を狙ってみるといい。

特定の攻撃を○回行った」とか、「コンボを○回つなげた」とかの実績によってボーナスが手に入るのだ。

ただこの実績、「コインを○枚溜めた」「翡翠を○枚溜めた」などの実績もあるので手に入れたコインをすぐに使うかどうかは悩みどころである。

ゲームの流れ

androidアプリ ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム攻略スクリーンショット1
ブルース・リー。李 小龍、リー・シャオロン。わずか30代でこの世を去ったアクション映画俳優兼武道家。截拳道(ジークンドー)の創始者でもある。
androidアプリ ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム攻略スクリーンショット2
相手のアイコンに合わせた攻撃を放つとカウンターヒットになりピヨらせることができる。「飛龍の拳」の心眼システムっぽい・・・と言ってわかる人はいるだろうか?
androidアプリ ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム攻略スクリーンショット3
ブルース・リーの師匠。まさかイップ・マン!?いや全然違う、でも師匠っぽい顔してる。
androidアプリ ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム攻略スクリーンショット4
カウンター攻撃が通用しないボスキャラ。やたらタフで、攻撃を止めるのが難しいので回避中心の戦いになる。
androidアプリ ブルース・リー: 燃えろ、ゲーム攻略スクリーンショット5
師父が今度は檻の中へ。この後も何度か師父を守りながらの戦いを強いられる。もうお願いですから下がっていてください。