うごかんどう

うごかんどう

パブリッシャー ECCcomp.

ジャンル パズルゲーム

日本ゲーム大賞アマチュア部門受賞作!スマホを回して水を操り、おっさんを救出するのだ!

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

うごかんどう androidアプリスクリーンショット1

スマホを傾けると水も一緒に動く。ぐるぐる回すだけでも楽しい。

スマホをぐるぐる回せ!おっさんを溺れさせないでっ!

うごかんどうイメージ

「うごかんどう」水の上に畳一枚で浮かぶおっさんを出口まで連れて行くアクションパズルゲーム。

日本ゲーム大賞2014アマチュア部門の優秀賞受賞作。

スマホを傾けると部屋に溢れる水も一緒に移動する。
水をうまく操って隙間を作り、おっさんを出口まで導いてあげよう。

このおっさん、畳一枚で浮いているもんだから、激しく揺らしすぎるとすぐに落ちてしまう。


自分は寝転がっているだけのくせに、ぼやきもすごい。
そこはまあおっさんだから仕方ないと思って、ステージクリアに集中しよう(笑)

とにかくスマホを何度も回転させる必要のあるゲームだ。
ぐるぐる回していると目が回りそうだが、この感覚が病みつきになってしまいそう。

特徴は、スマホの回転とおっさんのアクの強さ(笑)

うごかんどう androidアプリスクリーンショット2

おっさん……「まあええか」とか……自分で何とかしろ!

各ステージの前にはおっさんが遊び方を教えてくれる。

なんとも優しいおっさんである。自分では動こうとしないけどね(笑)

おっさんは水の上を漂っているだけだが、画面左右にある波ボタンをタップすることで移動を速めることができる。
壁に当たるか、スマホを素早く振ることで移動方向を変えられる。

この時スマホを振りすぎるとおっさんが溺れてしまうので注意だ。

スマホを回転させておっさんが移動できる空間を見つけ、ゴールのふすまへと移動させる。
基本はこれだけだが、水を自分で操っている感覚はとても気持ちがいい。

あまり傾け過ぎるとおっさんはすぐ溺れるし、時には急いで壁との隙間を移動させる必要もある。
すべてはスマホの回し加減である。

あともうちょっと傾きを抑えていれば、もっと早く回していれば、と思考だけでなく感覚にも頼る必要があり、新鮮な気持ちで遊ぶことができた。

コツはゆっくりとあせらずに移動させること!

うごかんどう androidアプリスクリーンショット3

蛇口にぶつかると水位が上がる。行けなかった場所に行けるようになる!

おっさんも言っている。
「あせらずな!」と。

時間制限はないから、ゆっくり慌てずに、マイペースでクリアを目指そう。

プレイ中はおっさんがぼやいてくれるから、気持ちを落ち着かせるには最適だ(笑)

難所を突破した時におっさんが褒めてくれると、嬉しんだよね。

無理に方向転換をすると溺れる可能性があるから、壁に当たるのを待ったり、揺れが静まるまで待ったり、慌てずに落ち着くのがクリアへの道でもある。

ステージが進むと、蛇口や浮き、扇風機といったギミックが用意されている。
うまく考えて解決するのは楽しい。しかしチュートリアルが終わったか、というところで見事にゲームクリアとなってしまった。
この調子でステージが増えてくれたら、と思うと残念でならない。

ゲームの流れ

androidアプリ うごかんどう攻略スクリーンショット1
タイトル画面。ここでもスマホを回転させて選ぶ。遊び心が嬉しい。
androidアプリ うごかんどう攻略スクリーンショット2
おっさんが説明してくれるよ。意外と優しいんだね。
androidアプリ うごかんどう攻略スクリーンショット3
絶えず回しているのでスクショはこんな感じになります。目が回りそうです。
androidアプリ うごかんどう攻略スクリーンショット4
漫画風のお話が楽しい。どうなるおっさん!?
androidアプリ うごかんどう攻略スクリーンショット5
扇風機のギミック。水に浸ると風が収まります。
androidアプリ うごかんどう攻略スクリーンショット6
つつくんじゃないぞと言われたのでつついてみました。