弱虫勇者とヤンキー魔王

弱虫勇者とヤンキー魔王

パブリッシャー D3 PUBLISHER INC.

ジャンル 育成ゲーム

勇者が主人公なのに学園モノ!?RPGのようなプレイ感覚が味わえる新型育成ゲーム

※このゲームは配信が終了したかURLが変わっています。

弱虫勇者とヤンキー魔王 androidアプリスクリーンショット1

ファンタジーと現代学園モノが入り混じったおもしろい世界観を持っている。

弱虫な勇者がヤンキーモンスターと戦う育成ゲーム

「弱虫勇者とヤンキー魔王」は、弱虫な勇者が主人公の育成ゲームだ。

モンスターをタップして倒すことで、主人公を成長させていこう。

勇者とかモンスターと聞くと、西洋風ファンタジーな設定を想像してしまうだろう。

しかし本作は、世界観としては現代なのだ。

主人公が冒険するのはダンジョンではなく学校

学校にいるヤンキー化したモンスターと戦っていくという設定だ。

非常に独特で、おもしろい世界観を持っている。

世界観を楽しむために、RPGだとかなりまとまった時間が必要となるところだが、本作は育成ゲーム。

短い時間でこの独特な世界観を気軽に楽しむことができるぞ。

    弱虫勇者とヤンキー魔王の特徴はリソース取得がダンジョン探検風な点

    弱虫勇者とヤンキー魔王 androidアプリスクリーンショット2

    背景がスクロールするため、RPGでダンジョンを探検している気分が味わえる。

    育成ゲームといえば、実時間の経過に伴って画面に資源が出現し、それをタップで取得していく…というのが基本的な内容だ。

    本作では、そのリソースがヤンキーモンスターとなっている。

    ちょっと特徴的なのが、このリソースの取得を、ダンジョン探検風に演出している点

    勇者が画面上に向かって自動的に進んでいき、次々とモンスターが出現するという演出になっているのだ。

    もちろん、根っこの部分は育成ゲームなので、モンスターをタップしきってしまうと、次のモンスターが出てくるまでには実時間の経過が必要となる。

    また、主人公側にヒットポイント的なものはないため、ゲームオーバーになることがないというのも育成ゲームならではだろう。

    それでも、ダンジョン探検風な演出があることで、RPGをプレイしている気分になれるところが非常におもしろいぞ。

    弱虫勇者とヤンキー魔王の攻略のコツは魔石の使用

    弱虫勇者とヤンキー魔王 androidアプリスクリーンショット3

    魔石を使うと一気にヤンキーモンスターが出現!短い時間でプレイ可能に。

    いくらRPG風に見えたところで本作は育成ゲームなので、攻略のためのコツのようなものはない

    ただ、効率よくプレイするためのコツはあるぞ。

    それはズバリ、魔石だ。

    魔石を使うことで、敵の出現時間を短縮できる。

    このため、短い時間でサクッとプレイすることが可能なのだ。

    ただし、魔石を入手するためにはマップを完全攻略するか、ショップで有料購入する必要がある。

    このため、次はいつのタイミングで魔石が手に入るかを考えながら使うようにしよう。

    ゲームの流れ

    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット1
    超ワガママなお姫様…といっても女子高生にしか見えないが…から背景が語られるぞ。
    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット2
    マップ上から攻めこむ高校…ステージを選んでゲームスタート!
    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット3
    主人公が移動していくと、ヤンキーモンスターが出現する!タップするだけで退治できるぞ。
    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット4
    画面左上に表示されたプレイヤーのアイコンが、ボスのアイコンまで到達するとボスが出現!
    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット5
    ボス戦では、ヤンキーモンスターを連続タップしてHPを減らしていく…。
    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット6
    ヤンキーモンスターのHPがゼロになれば、見事ステージクリアだ…!
    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット7
    ステージをクリアすると、次のステージが出現するぞ。
    androidアプリ 弱虫勇者とヤンキー魔王攻略スクリーンショット8
    出現したヤンキーモンスターの情報は、アルバムに保存されていく。コンプリートを目指そう!

    ログインしていません。

    このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。