twelve - hardest puzzle

twelve - hardest puzzle

Yunus AYYILDIZ

パズルゲーム

基本プレイ無料

初プレイから2時間没頭! 超低い敷居に奥深さは泥沼!? 何度もやりたくなる中毒パズル

ダウンロード(iPhone)

twelve - hardest puzzle androidアプリスクリーンショット1

一見、何のアソビ心もない、数字だけが並ぶ画面だけど…

可動領域の同じ数字を集めて「12」まで育てる、単にそれだけのパズルゲームなのに…!!!

タテ5マス×ヨコ4マスのマスの中で、可動する「同じ数字」を合わせて数を育て「12」を作るというパズルゲーです!

…と、言われても、「グラフィック全盛のこの時代! 何が哀しくて、数字だけが並ぶパズルをやらなアカンのや〜!」…とお思いの諸兄!

私も同じ気持ちでプレイを始めました。

「ダマされたと思ってやってみ!」と勧められたものの、App Storeのゲーム紹介画面には、ほぼ同じプレイ画面しか載ってないんだもん!

けど、引っかかったのは副題の「hardest puzzle」の文字。

ほぉ〜、製作の外国人め、大きく出たな(笑)

それが気になって始めてみると、そのまま2時間ぶっ続けでやってしまいました

サクサク進む序盤、脳が軋む終盤! 特徴は「中盤以降の難易度バランスの妙」!

twelve - hardest puzzle androidアプリスクリーンショット2

二度目のプレイで「10」まで育てたけど…そこからが地獄! 「12」は遥かに遠い!

たしかに良質なパズルゲームに、美麗なグラフィックや萌えるキャラクターは必要ないのかもしれません。

重要なのは、まずゲームに引き込む「序盤の気持ち良さ」

このゲームは、何気なく思えるレスポンスや、マス目を「消した時の快感」無難に及第点を取ってるのではと思います。

さらにノメリ込ませるのは、数字の「8」とか「9」位まではサクサク進められること。

「12」が最終目標ですから、もうちょっとで手が届く所まで、わりとカンタンに行けるのです。

実際、ボクも2度ものプレイで(まぐれも重なり)「10」まで行けたんです。

けど、そこからが遠かった。ほんと果てしなく…

とにかく、やってると「あ、オレ、このゲーム上手いかも…」と誰しも思えちゃうのが面白さのミソなのでしょう。

時間制限はないのでゆっくり「動線」を考えるべし!

twelve - hardest puzzle androidアプリスクリーンショット3

同じ数を見つけたら順に指定。最初の方が消え、後が残る。どちらを消すかが重要!

攻略の前に、上の画像でもう一度ルールを整理しておきましょう。

左上にある2つの「2」は可動領域にありますよね。この片方をもう一方に重ね合わせると数が成長して「3」になります。

これが基本ルールです。

また、下段左右の2つの「3」。これも可動領域。でも、左上の「3」は「2」に引っかかって可動できません。これは合わせられません。

こういう数字の重ね合わせを繰り返し、数を大きく成長させていき、「12」を作る。それが最終目標というわけです。

で、コツなんですが…

とにかく時間制限がないので、ゆっくりと「動線」を確保する方法を考えること!

2つの数字が行き来しやすいように、なるべく中央に空洞(通り道)を作る

数字は、なるべく左右に分散させて、薄っぺらく(2列以上の厚みが出ないよう)配置するのがいいでしょう!

ゲームの流れ

androidアプリ twelve - hardest puzzle攻略スクリーンショット1
初回プレイ時にはガイダンスがあります。カンタンな英語だけど、ニュアンスは理解できるはず
androidアプリ twelve - hardest puzzle攻略スクリーンショット2
ガイダンスで教えてくれないのが、上のような「手詰まり」の処理。その時は、邪魔な数字を指定し、動かす先をもう一度押せばOK。ただし、ペナルティで数字が増えちゃう!
androidアプリ twelve - hardest puzzle攻略スクリーンショット3
なんとか「11」まで育てた! が、その先が遠い。なぜなら、12を作るには11をもう一つ作らなきゃいけないから。つまり、これまでの倍! 空きマスが減ってることを考えれば、苦労は倍以上…。
androidアプリ twelve - hardest puzzle攻略スクリーンショット4
世界中のプレイヤーとハイスコアを競い合えます。リリース間もないこともあり、4712人中で654位でした。

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。