勇者の根を摘む魔王様!

勇者の根を摘む魔王様!

WINGLAY

戦略シミュレーションゲーム

読者レビュー

勇者が弱いうちに倒せ!魔王防衛シミュレーションゲーム!

勇者の根を摘む魔王様! androidアプリスクリーンショット1

魔王自ら勇者が弱いうちに倒すのだ!

魔王と部下で魔王城を守る防衛シミュレーション!

「勇者の根を摘む魔王様!」は魔王となって勇者がLVを上げる前に倒すというレトロRPG風防衛シミュレーション。

魔王は本人自ら、あるいは部下に指示して勇者のいる大陸に攻め込んで勇者を倒していく。

だんだん勇者もレベルアップしてくるため、悲しいかなRPGのお約束で部下や魔王も倒されてしまう。

だが、勇者を倒して獲得したMPでレベルアップができるため、ゲームオーバーになっても、リトライすることでどんどん魔王も部下も強化できるやりこみ要素が嬉しい。

あと、魔王や手下、魔王城の名前が変更可能なのもいい。
100年以上防衛に成功すると勇者の名前も変えられるぞ!

あらすじはこんな感じだ。

魔王「勇者が弱いうちに倒してしまえ!!」

手下1「魔王様、なんでタイトルが『芽』を摘むじゃなくて『根』を摘むなの?」

魔王「え?」

手下1「え?」

(。-_-。)
んーと…とにかく、多くの「勇者もの」と違う独自のシステムが特徴であり魅力だ。

他の「勇者もの」にはない独自のシステムが最大の特徴

勇者の根を摘む魔王様! androidアプリスクリーンショット2

魔王城から魔王本人と部下を送り込んで暴れまわろう。バトルはオート。

魔王自ら勇者を倒しにいく!のが本作の醍醐味。
今スマートフォン市場にあふれている「勇者もの」のゲームの中でも出色のバトルシステムの本作。

4つの大陸へ飛ぶもよし、その場で守るもよし、手下を召喚して戦わせるもよし。
だが勇者も経験値を上げ、レベルアップしてどんどん強くなっていく。
10年に1度、強制帰還で魔王城に戻り、HPを回復することができるのが重要になる。
リアルタイムでめまぐるしく変わる戦局を読むのが楽しい。
まあ見守ることしかできないけど…。

そして、例え敗北したとしても、勇者よろしく、稼いだMPでレベルアップすることができる。
まるで「魔法少女まどか☆マギカ」の真の主人公、暁美ほむらちゃんみたいで泣けるぜ…。

勇者の根を摘む魔王様!攻略のコツ

勇者の根を摘む魔王様! androidアプリスクリーンショット3

魔王城を守るか、勇者が強くなる前に倒すか…痛し痒しだね。

10年に一度魔王城に戻れる「強制帰還」の使い方が攻略のポイントだ。
魔王城を破壊されると帰還してもHPが全快しなくなるうえに、魔王のHPがガシガシ削られちゃうため、勇者を撃退するだけじゃなく、魔王城の防衛も重要だ。

魔王の部下にはそれぞれ特徴があり、早いやつ強いやつ普通のやつがいる。
レベルアップは計画的に。いやさ効率的に。

攻略のコツというより楽しむコツだが、右上の×10をタップすると10倍速になり、テンポがよくなる。
だが、シビアな戦いの中では10倍速では厳しいかもしれない。

支配年数が100年越えるとタイトルから勇者の名前を変更可能になるぞ。
嫌いなやつの名前でもいれてボコボコにしよう!
ボコボコにされるかもしれないけどネ…。

ゲームの流れ

androidアプリ 勇者の根を摘む魔王様!攻略スクリーンショット1
タイトル。魔王が頑張るストーリーとしては「ゆうなま」がありますな。
androidアプリ 勇者の根を摘む魔王様!攻略スクリーンショット2
勇者や部下、魔王城をレベルアップさせていくのじゃ。
androidアプリ 勇者の根を摘む魔王様!攻略スクリーンショット3
魔王と部下を大陸にワープさせて勇者をボコるんじゃ!
androidアプリ 勇者の根を摘む魔王様!攻略スクリーンショット4
バトルはオート。けっこうもどかしいが、魔王ってそんなものかもしれない。
組織がでかくなると大変だよな。
androidアプリ 勇者の根を摘む魔王様!攻略スクリーンショット5
城にも名前つけられるぞ。
そういや勇者の名前も「リュウ」「ケン」「ロト」「ダイ」など知ったような名前だらけでニヤリ。

関連動画

下に続きます