The Walking Dead: Season Two

The Walking Dead: Season Two

Telltale Games

アドベンチャーゲーム

読者レビュー

最恐の海外ドラマ風アドベンチャーゲーム!描写がリアルすぎてヒク……

ダウンロード(Android)

The Walking Dead: Season Two androidアプリスクリーンショット1

少女が悪夢のような現実を過ごす。

ゾンビと悪意に支配された世界

「The Walking Dead: Season Two」は少女となり、様々な危険にさらされながら生きるために戦うアクションアドベンチャーゲームだ。

舞台はアンデッドによって荒廃した世界。

保護者であり、かけがえのない一時を過ごしたエベレットと別れた少女「クレメンタイン」は、2人の夫婦とともにゾンビのいない安全地帯を探して彷徨っていた。

その途中、ふと立ち寄ったトイレで惨劇は起こる。

ゲームは会話を読み進めるアドベンチャーパートと、物語の展開によって不意に切り替わるアクションパートに対応しながら進める。

アクションパートでは白いサークルをタップして調べたり、赤い矢印方向にフリックしたりして危機を回避しながら急展開し続ける物語を楽しもう。

圧倒的なグラフィックと鬼気迫る物語が特徴

The Walking Dead: Season Two androidアプリスクリーンショット2

各シーンの描写がとにかくリアル。

この少女、不幸すぎるだろ……。

ゾンビ化した人間に襲われ、疑心暗鬼に陥った正常であり異常でもある人間から殺されかけ、仲良くなったはずのから裏切られる。

とくに、腕の傷を縫合(ほうごう)するシーンはこっちが絶叫したくなった。

本作の冒頭でSeason Oneの内容もダイジェストで語られるのだが、それがまた悲しい。ただただ悲しい。

命の危険に晒されそれを必死に回避し、さらなる危機に巻き込まれる。

王道的なスリラーの展開になっていて、それに引っ張られるがゆえに通常では考えられない行動をとる少女に苛立ちさえ感じながらも、プレイする手を止められない。

全編英語表記なのでキャラの発する会話内容やその状況のすべてを理解することは難しい。

しかし、そんな状態でも緊迫感やキャラの葛藤をありありと感じられるゲームだった。

The Walking Dead: Season Twoの攻略のコツ

The Walking Dead: Season Two androidアプリスクリーンショット3

英語だが字幕はONにしておいた方がいい。

物語は基本的に一本道で進むため、プレイヤーは各チャプターごとにあるBADENDルートに入らないように気を配ればいい。

まずは、オプションにあるDISPLAY SUBTITLESをONにする。

こうすることでアドベンチャーパートの会話に英語の字幕が付くため何もない時よりも状況を把握しやすくなる。

アクションパートでは指定された操作をミスしないように気をつける。

アドベンチャーパートの選択肢は制限時間があるうえすべて英語表記なので、英語が分からない人は話している相手が不快にならないものを判断してすばやく解答しよう。

シーズン2以降のシナリオは有料となるが購入する価値は充分ある。


ゲームの流れ

androidアプリ The Walking Dead: Season Two攻略スクリーンショット1
ゲームはアドベンチャーパートと不意に切り替わるアクションパートに対応しながら進める。物語はチャプター形式になっていて各章を後でやり直すことも可能だ。
androidアプリ The Walking Dead: Season Two攻略スクリーンショット2
アドベンチャーパートでは画面をタップして登場人物たちの会話を読み進めていく。彼らは会話中も動き、その全セリフには英語によるボイスが収録されている。
androidアプリ The Walking Dead: Season Two攻略スクリーンショット3
物語を進めることでアクションパートに切り替わることがある。白いサークルをタップする、上下左右へのフリックするなどして状況に対応していこう。
androidアプリ The Walking Dead: Season Two攻略スクリーンショット4
アクションパートに失敗して画面の端が赤くなり、そのすべてが赤く染まるとゲームオーバー。少女が死ぬBADENDが流れる。
androidアプリ The Walking Dead: Season Two攻略スクリーンショット5
会話中、まれに選択肢が現れることがある。すべて英語表記かつ時間制限付きなので、英語が分からない人は会話時の状況とニュアンスで判断するしかない。

下に続きます