進撃のランナー

進撃のランナー

評価3.5点

NEO APRIX

アクション

立体機動装置をフル活用して、巨人を駆逐しよう!!

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

進撃のランナー androidアプリスクリーンショット1

エレンがかわいい。

進撃の巨人ならではの立体機動装置を使って楽しめるランニングゲーム登場!

大人気『進撃の巨人』のランニングゲームがまた新たに登場。

『進撃の巨人』にまつわるゲームはたくさん出ているが意外とランニングゲームが少なかったのでやってみることにした。

何を隠そう、私は進撃の巨人ファンなのだ!笑

リヴァイ兵長カッコイイよねー。くぅぅぅぅー。

キモいと思って頂いたところでアプリの紹介をしよう。

冒頭でも言った通りこのゲームはランニングゲームだ。

操作は簡単!画面を1回タップしたらジャンプ、2回タップすれば2段ジャンプ、2段ジャンプ後に画面を長押しすると立体機動装置が発動する。

また、巨人が現れた際には、分かりやすく攻撃ラインが出現する。そのラインに重なるように画面をタップすれば、フックを打ち込むことができ巨人を倒すことができる。

途中にある鉱石を集めながら巨人を倒して行こう。巨人を倒すごとにチャンスゲージがたまり、満タンになるとチャンスモードに突入だ!!

(かなり頑張っているが、下手すぎて私は未だにチャンスモードに入れない…泣)

特徴は何と言っても立体機動装置だ。

進撃のランナー androidアプリスクリーンショット2

立体機動装置って、首持って行かれそう。笑

このゲ-ムの特徴といえば、やはり『進撃の巨人』でおなじみの立体機動装置だろう。

これが現実世界にあったら超便利だろうなーと思う反面、その辺の外壁ボコボコだよなーと思ってしまう。。。いやいや、そんなことはさておき。。笑

この立体機動装置は、使えるのが一回きりだと思いきや、飛んでる最中にもう一回長押しすると連続で立体機動装置を発動することができる。

なんと、地面に足が付くまで何度も発動することができるのだ。すんごいっ!!

2段ジャンプの後に長く飛べますみたいな感じのゲームは見たことあったが、連続で飛び続けられるのは斬新で驚きだ。

攻略のコツは、ジャンプするタイミングと立体機動装置の使い方だ!

進撃のランナー androidアプリスクリーンショット3

完全にダメージ食らってますが…(汗)

攻略のコツはタイミングだ!なんて言っているが、やっぱり難しい!

上下に障害物があるときや巨人が出現したとき、当たってしまえば食らうダメージが大きくなってしまう。

それを回避するには、うまい具合に避けるしかない。となるとやはりタイミング勝負になってくる。

上下に障害物があり、目前の障害物が下から大きく延びていて、その次の障害物がすぐに上から伸びている場合。

下にある障害物が大きいので2段ジャンプは必須だ。しかし、元気よく思い切って2段ジャンプしてしまうと次の障害物にぶつかってしまう。となるとタイミングとしては、障害物ギリギリになって2段ジャンプするのではなくて、早めの段階から2段ジャンプしておけば、目の前の障害物にもその次の障害物にもぶつかること無く着地することができるだろう。

やっていくうちにどんどんタイミングを掴んでいこう。

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

ゲームの流れ

androidアプリ 進撃のランナー攻略スクリーンショット1
さっそく出撃準備だ。
androidアプリ 進撃のランナー攻略スクリーンショット2
スタート。
androidアプリ 進撃のランナー攻略スクリーンショット3
鉱石をたくさんとっていこう。
androidアプリ 進撃のランナー攻略スクリーンショット4
立体起動装置を使いこなそう。
androidアプリ 進撃のランナー攻略スクリーンショット5
巨人が接近したら攻撃だ!
androidアプリ 進撃のランナー攻略スクリーンショット6
上手くタイミングを合わせて攻撃ができれば、巨人を倒すことができるぞ!
androidアプリ 進撃のランナー攻略スクリーンショット7
アイテムを取れば、立体機動装置のガスを一定時間∞(無限大)にすることも。

巨人を駆逐することはできるかな??

ダウンロード(無料)ダウンロード(無料)

レビュワーコメント

藤田ゆかり

音楽もかっこ良くて、立体機動装置を使ったアクションまであるのが嬉しい。

藤田ゆかり

広告が結構出てくるので、PLAY中に押してしまって急にページが飛んでしまう…。

進撃のランナーの基本データ

タイトル 進撃のランナー
パブリッシャー NEO APRIX
レビュワー 藤田ゆかり
初回レビュー日 2014年4月30日
最終更新日 2014年5月15日
ジャンル アクション
タグ
こちらもおすすめ