ペタリー

ペタリー

MercuryApps

アクションゲーム

読者レビュー

深海へ潜り進化しろ!独特の浮遊感が快楽を生む謎ゲー

レビュー 読者レビュー
ペタリー androidアプリスクリーンショット1

食物連鎖の頂点を目指す。

スタイリッシュなう不思議系快感アクション

ペタリーは、深海のプランクトンを操作し、他の生物を食べて成長しながら深海を潜るアクションゲーム。

一瞬で電撃が走った。

飯田和敏氏の名作「アクアノートの休日」やPS1のチルアウトゲーム「Depth」にも通ずる、独特の浮遊感やグラフィックが魅力的だ。

ゲームの根幹はおそらくインディーゲーム「flOw」をベースにしたものだが、シンプルな操作性やBGMや効果音にはテクノっぽいトリップ感があり、センスが光る。

アクションといえどゆるふわ感はまったくない。若干動作は不安定なところもあるが、それを差し引いてでも高く評価したい作品だ。

スポンサーリンク

ペタリーの一番の特徴はそのディープなトリップアクション

ペタリー androidアプリスクリーンショット2

舞台が深海なだけに深いゲームだ。

一言で乱雑に言うとオシャレなゲームだ。きちんと噛み砕いて言及するとグラフィックがクラブ・ミュージック的というか、なんとも真夜中に蝋燭の光だけでやってみたいようなえもしれぬ魅力がある。タッチした方向に進行し、プランクトンを食べ、成長するだけのゲームだが、どうも経験値の貯め具合によって進化の課程が違う。潜れば潜るほど、敵は巨大になり、こちらが進化しないままでは一蹴されてしまう。一見スタイリッシュな雰囲気ゲームに見えかねないが、オシャレ、の4文字の中には残酷なまでにリアルな食物連鎖、育成要素、そしてその中で戦い続ける命の力を感じることもできるはずだ。

村上春樹の真似をして締めよう。僕は・このゲームが・好きだ。

ご清聴ありがとう。

スポンサーリンク

ペタリ―攻略のコツ

ペタリー androidアプリスクリーンショット3

トリップ感こそがこのゲームのキモ

雑魚戦でてこずることはないだろう。だが大型のいわゆるボス級の敵との戦いでは弱点をつくことが肝要。

敵の攻撃してくる範囲を見切りその死角から攻めたりするのがもっとも重用なはずだ。

詰まったらとりあえず雑魚を喰らいまくろう。強くなりたければ喰らえッと範馬勇次郎も言っている。

しかしそのレベル上げもイチイチ楽しい。

なお、このゲーム、ゲームオーバーになったときに画面がスクロールしない事案がたまに発生。動作はあまり安定してはいないようだ。そういう時はとりあえずアプリを切って再起動だ。ってこれが攻略情報でいいのか。

一番大切なことはこのグラフィックにマインドを預けることじゃないかなと思う。心理的エネルギーが100%集中される、言わば「フロー体験」を目指すのがこのゲームの真の目的ではないかと思うのだ。


    ゲームの流れ

    androidアプリ ペタリー攻略スクリーンショット1
    ゲーム目的。ところがどっこい、って言葉のチョイスがオモロー。
    androidアプリ ペタリー攻略スクリーンショット2
    巨大ボスがやってくるわけだね。すっごい邪魔をしてくるわけだね。
    androidアプリ ペタリー攻略スクリーンショット3
    だから雑魚を食べてパワーアップ!
    androidアプリ ペタリー攻略スクリーンショット4
    巨大ボスとの死闘だ。死角をつくのだ。
    androidアプリ ペタリー攻略スクリーンショット5
    こんなに大きくなりました。2本指でピンチすることによってズーム可能。
    androidアプリ ペタリー攻略スクリーンショット6
    深海は未知と神秘に満ちている!9999まではまだまだ遠い…。

      関連動画

      下に続きます