プロ野球チームをつくろう!

プロ野球チームをつくろう!

SEGA CORPORATION

野球ゲーム

読者レビュー

体力回復待ちなし!常勝軍団を作りホームタウンを発展させる野球カードシミュレーション

レビュー 読者レビュー
プロ野球チームをつくろう! androidアプリスクリーンショット1

回復待ちの時間が一切ないゲーム。

試合に勝ってホームタウンを豪華にしていく野球ゲーム

プロ野球チームをつくろう!(やきゅつく)は、球団オーナーとなって選手をスカウトして集め、ペナントに勝つことでホームタウンを盛り上げ発展させていくカードシミュレーション。

ソーシャルゲーム要素が強いが体力回復待ちがないと言っても過言でないほどオーナーのレベルがすぐにアップし、体力が全快する。

さらに、メインとなるミッションでは各球団の一流選手をホイホイと獲得することができる。

巨人戦を視察したとき、阿部・高橋・坂本・村田といった豪華な顔ぶれを一気に獲得できたときは「マジで?!いいすか?!」と思ったよ。

ドリナイを1年以上遊び、一流選手のカードをゲットする難しさに触れ続けてきた自分としてはこれは驚きだった。

スポンサーリンク

やきゅつくの好みの選手を集めやすく鍛えやすい

プロ野球チームをつくろう! androidアプリスクリーンショット2

ガチャポイントをためてレアカードが当たるのを我慢強く待とう。

このゲームにはトレード機能なし!

そのかわりに、ミッションでプロ野球団の試合を視察すると1試合で4~5枚視察チームの選手カードが手に入る

なので純正チームが作りやすく、自分好みの選手で布陣を組んだドリームオーダーも比較的簡単に作れる

同選手のカードを複数枚獲得して進化合成させることも私がドリナイのときにトレードやコミュニティを駆使して血のにじむような努力をしたのが嘘かのように実現した。

ただ、ミッションで獲得できる一流選手のカードはノーマルで、どんだけ進化合成してもレベル30止まりな点(SSカードだと60までいく)。

レアな一流カードをゲットするにはミッションこなしてSPポイントためてガチャるしか、イベントに参加するか。

スポンサーリンク

強い球団つくりに加え、街づくり要素もある

プロ野球チームをつくろう! androidアプリスクリーンショット3

球団のホームタウンも華やかにしていこう。

やきゅつくは街もつくっていく(街つく?!)のが他の野球カードゲームと異なるところ。

街を構成するあらゆる施設をグレードアップしていく条件が記されているので、それらを達成すべく強いチーム作りと並行して進めていく。

常勝軍団を築く=街の施設向上につながっている部分も多いので強いチームを作る以外にもうひとつお楽しみ要素があるくらいに思ってください。

スカウト、ペナント(その他の試合)、そして街づくり…このゲームの要素は多い!


    ゲームの流れ

    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット1
    まずはメインとなる球団を選ぼう。

    選んだ球団のスラッガーとエースのスターカードがゲットできるということで私は楽天を選んだ。

    マー君がほしいがために!

    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット2
    ミッションは他球団の試合を視察して選手を獲得していく。
    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット3
    普通に摂津などのエース級やブランコなどのスラッガーも何度も出るのが特徴。
    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット4
    ある程度視察が終わるとオープン戦が待っている。
    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット5
    ミッションで視察しているとたまにスカウト交渉イベントが発生!

    新人スカウトマンでも最初は3連続で成功するが、4度目からは成功率は2割程度。

    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット6
    選手の強化はカードを合成して行う。

    野手に対して投手のカードを合成しようが、投手に野手を合成しようがあまり関係ない。

    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット7
    ペナントレースは指定の時間になれば自動参加となる。
    androidアプリ プロ野球チームをつくろう!攻略スクリーンショット8
    スカウトや試合でためたSPポイントでガチャを回そう。

      下に続きます