フレンドリーファイア!

フレンドリーファイア!

Red Robot Labs

戦略シミュレーションゲーム

読者レビュー

全世界相手に戦争だ!世界中で大人気のタワーディフェンス×オフェンス

フレンドリーファイア! androidアプリスクリーンショット1

タワーディフェンスとオフェンスが合わさった大人気の戦略ゲームと同じジャンル。

戦車版クラッシュ・オブ・クラン

「フレンドリーファイア!」はタワーディフェンスとオフェンスを組み合わせた戦略シミュレーションゲームだ。単刀直入に言うと、現在、iPhoneゲームで世界的にヒットを飛ばしている「クラッシュ・オブ・クラン」と同じジャンル

とはいえ、完全丸パクリというわけではない!世界観はファンタジーからミリタリー系に変化。さらに攻撃ユニットの目標を自由に設定できるなど、細かな部分で異なっている。

ともあれ、基地を育成しつつ、相手に攻め込む戦略性は同様の面白さ。Androidではまだクラッシュ・オブ・クランがプレイできないため、同じジャンルというだけでもプレイする理由になるだろう

序盤は基地を固めるべし!

フレンドリーファイア! androidアプリスクリーンショット2

序盤は防御施設と生産施設で基地を固めよう。

完全日本語対応なので初めてプレイした人でも大丈夫だ。基本的なゲームの流れは、自陣の基地を育成して敵陣を攻めるという繰り返しだ。

防衛戦は自動的に行われ、設置した砲台で相手を迎撃するタワーディフェンス形式。逆に攻撃戦ではユニットを投入して敵の砲台や基地を倒していくタワーオフェンス形式だ。

攻撃戦ではユニットの目標を自由に設定できるため、少ないユニットでもうまく相手の基地を破壊できるのが本作の特徴。

とはいえ、基本的に防御側が有利なこのゲーム。なかなか思うように進まないことが多いので、序盤は防衛戦に向けて基地を育成するのがオススメだ。

シビアな対人戦がアツイ

フレンドリーファイア! androidアプリスクリーンショット3

うまく攻め落とすことができると達成感は大きい。

さてクラッシュ・オブ・クランと似たシステムと書きながらも最大の違いは、シングルプレイがないことだ。

つまり、本作の戦闘はすべてオンライン対戦。そのため、クラッシュ・オブ・クランに比べると最初からシビアな対戦が求められるため難易度が高く感じた。

下手に攻め込むと返り討ちにあって、資源がどんどん消失する。バランス良く基地とユニットの育成を行うのはなかなか難しい。

ただし、防衛戦で相手を返り討ちにしたときの報酬も大きいので、序盤は無理に攻め込まないという方針が重要になる

とはいえ、少ないユニットで相手の基地を全破壊するのは爽快そのもの。シビアな対人戦だけに、非常に戦略性が熱いゲームに仕上がっているぞ。


    ゲームの流れ

    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット1
    最初は丁寧なチュートリアルが付いている。とりあえず言われたとおりボタンを押していけば大体ルールが分かる。
    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット2
    ユニットは道路を沿って動く。そのため、敵の防衛施設をうまく避けて攻めこむように投下ポイントを決めよう。
    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット3
    バトルは自動だが、ユニットの目的地はスライドで変更可能。投入したユニットは生還しても消えるので慎重に投下しよう。
    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット4
    敵陣のど真ん中を避けて、徐々に侵攻するのも一つの手だ。しかし、攻撃時間には制限があるぞ。
    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット5
    なんと自陣の設営は現実の地図データを元に行える。吉祥寺の井の頭公園に陣を構えてみた。
    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット6
    自陣の基地と生産施設を守るように防衛施設を配置しよう。建設場所はスライドで移動可能。
    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット7
    敵に攻撃されるとこのような有り様に…。とはいえ、攻撃を受けたときのデメリットはそんなに大きくない。倒した敵ユニットに応じて資源がゲットできる。
    androidアプリ フレンドリーファイア!攻略スクリーンショット8
    資源やユニットの生産には時間経過が必要。効率のよい基地の育成が攻略の近道だ。

      下に続きます