ミニ銃撃戦:カウンターストライク

ミニ銃撃戦:カウンターストライク

FINGERTIP MELODY

シューティングゲーム

読者レビュー (0)

スマブラ感覚で遊べる!ひとりでみんなで楽しめるシューティングアクション

ミニ銃撃戦:カウンターストライク androidアプリスクリーンショット1

スマブラ的なシューティングアクション。

スマブラ風のアクションSTG

「ミニ銃撃戦:カウンターストライク」は多彩な武器を装備して戦う対戦型アクションシューティングだ。

ステージ上から相手を落として勝利する。

人気ゲーム「大乱闘スマッシュブラザーズ」シリーズと同じ感覚で遊ぶことができるのが最大の魅力。

2段ジャンプでステージ上に復帰するのを予測し、着地点で待ち構えて迎撃するなどシンプルなルールの中に自ら戦略性を見出して遊ぶのが楽しい。

キャラは多彩な武器を購入&装備させて強化でき、ひとり用だけでなくオンライン対戦モードも搭載されたアクションゲームとなっている。

武器を購入してキャラを強化

ミニ銃撃戦:カウンターストライク androidアプリスクリーンショット2

武器を購入してキャラ強化。

遊べるモードは、ステージクリア型の「CAMPAIGN」。

決められた数のショットターゲットを撃ち倒し、そのクリアタイムを競う「CHALLENGES」。

オンライン対戦が楽しめる「ONLINE」の三種類。

基本的にはひとり用のCAMPAIGNを進めて資金を稼ぎ(一度攻略したステージでは資金を再取得できない)、それを使って銃弾制限なしの「通常武器」。

ショットガンやロケットランチャーなどが選べる「特殊武器」、バリアやスピードアップ、ステルスなど特殊効果「アイテム」の中から好きなものを購入して装備を整える。

操作においても左側の移動スティックを使ってステージを走り回り、ショットボタンで敵を攻撃し、ジャンプボタンで足場を変えつつ敵をステージ外へ落とす。

ジャンプにはステージ復帰の要素もあり、その戻りぎわを狩るといったスマブラ的な戦法もとれるようになっている。

オンライン対戦も可能

ミニ銃撃戦:カウンターストライク androidアプリスクリーンショット3

オンライン対戦が可能。

本作のもうひとつの特徴が、自動マッチングで行われるオンライン対戦だ。

ひとり用モードなどで装備を整えたキャラを使い、最大2VS2の4人対戦が行える。

WiFi環境であればキャラが遅くなる等のタイムラグもなく、サクサク遊べるのは良かった。

ただ、一点だけ気になるのがゲーム内通貨の獲得方法

ひとり用のCAMPAIGNやCHALLENGESでクリア済のステージをリプレイしても稼げないため、未開のステージを攻略する、オンライン対戦に勝つ、無料アプリをDLするなどの方法をとらないと資金がたまらないのはツラい。

未開のステージ攻略という点を利用してアプリ削除→再DLで毎回装備品を変えるという手もとれなくはないが、そういった面倒さがもったいないと感じられるゲームだった。


    ゲームの流れ

    androidアプリ ミニ銃撃戦:カウンターストライク攻略スクリーンショット1
    ステージを選択してスタート。
    右下にあるキャラの武器アイコンをタッチすると購入や強化が可能。
    androidアプリ ミニ銃撃戦:カウンターストライク攻略スクリーンショット2
    操作はゲームパッドで行い、左に移動スティック、右にはショットや手榴弾ボタンがある。
    ショットを当てて敵をステージ外へ落とそう。
    androidアプリ ミニ銃撃戦:カウンターストライク攻略スクリーンショット3
    一定時間ごとに武器の配給があり、それを敵キャラと奪い合う。
    ショットガンやロケットランチャーなど多彩な武器を一時的に使用できる。
    androidアプリ ミニ銃撃戦:カウンターストライク攻略スクリーンショット4
    2対1という不利な状況で戦うステージもある。
    1体落としたとしてもすぐに復活して2体になるため、キャラを強化してから挑みたいところ。
    androidアプリ ミニ銃撃戦:カウンターストライク攻略スクリーンショット5
    敵を5回ステージ外へ落とすとクリアとなり、資金を獲得できる。
    このお金でキャラを強化しよう。
    androidアプリ ミニ銃撃戦:カウンターストライク攻略スクリーンショット6
    通常モードの他にチャレンジモードとオンラインモードが搭載されている。
    チャレンジモードでは一定数の標的板を撃ちぬいた時間を競う。
    androidアプリ ミニ銃撃戦:カウンターストライク攻略スクリーンショット7
    オンラインモードでは、自動的にマッチングが行われ、相手プレイヤーと1対1のバトルが楽しめるようになっている。

      関連動画

      下に続きます

      下に続きます