ぼくとアリビア

ぼくとアリビア

Nanoconnect.inc

カジュアルゲーム

読者レビュー (0)

アリの巣育成+トリビア(雑学)をコレクションする異色のゲーム

ダウンロード(Android)

ぼくとアリビア androidアプリスクリーンショット1

アリの巣を育てる放置ゲーム。

アリ育成+雑学コレクション!?

「ぼくとアリビア」はトリビアが大好きなアリを育てるシミュレーションゲームだ。

放置型のコレクションゲームに、育成やトリビア収集などの要素が加えられている。

中でも収集待ちの時間に、集めた豆知識を閲覧して時間を潰せるのは良かった。

巣穴を拡張してショップやおみくじなどの機能を開放するのもおもしろく、総じてボリュームのある育成ゲームだ。

トリビアをたくさん集めよう

ぼくとアリビア androidアプリスクリーンショット2

雑学知識も得られる。

雑学や豆知識が大好きなアリ「アリビア」。

プレイヤーはアリビアを操り、巣穴のまわりに出現するエサやトリビアを集めてコロニーを大きくするのが目的だ。

基本操作はやる気ゲージに気を配りつつ、タッチ&ドラッグでアリをエサやトリビア箱の元まで連れてゆき、巣穴まで運ばせる。

エサを運ぶと資金が得られ、コロニーレベルが上昇する。

トリビアを獲得すると図鑑から豆知識を閲覧できるようになる。

また、一定数のトリビアを獲得するなど、特定の条件を満たすと新たなアリがやってきて仲間に加わる。

アリとトリビア2つの項目を集めるためボリューム感があり、とくにトリビアは、エサが現れるのを待つ時間つぶしとして最適なものになっていた。

巣穴を拡張してミニゲーム開放

ぼくとアリビア androidアプリスクリーンショット3

アリの巣の拡張要素もある。

資金を使うと巣穴の拡張を行うことができ、ショップやおみくじなど各種機能が開放される。

ショップではやる気ゲージが減りにくくなるアイテムなどを買える他、壁紙も入手可能

巣穴マップを見るとおみくじの下にも数多くのスペースがあり、次にどんな施設が開放されるのか、ワクワクしながらゲームを進められる。

フィールドが多少狭く感じられる、視点の拡縮ができないのは残念だが、ヒマつぶしにもピッタリの一本だ。


ゲームの流れ

androidアプリ ぼくとアリビア攻略スクリーンショット1
まずは、チュートリアルを進めてゲームの流れをつかむ。
アリをタッチ&ドラッグしてエサのもとへ向かわせ、巣穴に引き込んでいこう。
androidアプリ ぼくとアリビア攻略スクリーンショット2
巣の周りにはエサの他にトリビアが出現し、それを巣穴に引き込んで集められるようになっている。
androidアプリ ぼくとアリビア攻略スクリーンショット3
巣穴にエサを入れてコロニーレベルを上げる、一定数のトリビアを獲得するなどの条件を満たすと新たなアリが仲間に加わる。
トリビアとアリキャラ、この2つをコレクションするのが目的だ。
androidアプリ ぼくとアリビア攻略スクリーンショット4
図鑑からトリビアを開くと、その内容を閲覧できる。
新しいエサが現れるまでの待ち時間に読んでみよう。
androidアプリ ぼくとアリビア攻略スクリーンショット5
エサを巣に入れて獲得した資金を使えば巣穴を拡張できる。
ショップやおみくじなど様々なシステムやミニゲームが隠されているようだ。
androidアプリ ぼくとアリビア攻略スクリーンショット6
ショップにはアリのやる気を回復するアイテムなどがあり、ゲームを進めると購入できるアイテムも増えていく。

下に続きます