Night Shift ~ナイトシフト~

Night Shift ~ナイトシフト~

for Five Inc.

アドベンチャーゲーム

Android:600円 600円 iOS:600円600円

読者レビュー (0)

学園に蔓延る「狗噛み(イヌガミ)」の恐怖を描いたアドベンチャー

Night Shift ~ナイトシフト~ androidアプリスクリーンショット1

学園で新種の狂犬病が蔓延!?

「狗噛み」に支配された学園から脱出せよ!

「Night Shift ~ナイトシフト~」は異系の怪物「狗噛み」によって支配された学園をさまようシューティングアドベンチャーゲームだ。

新潟県黒ノ森市。

穏やかな海辺の町で、住民が野犬に襲われる事件が発生する。

その数日後、人間ではないモノに血肉を噛みちぎられた遺体が残る一家惨殺事件も起こり、TVでは「新種の狂犬病」の注意をうながすニュースが流れるようになった。

同時刻。

市内にある「黒ノ森学園」では、毎年恒例となる新入生歓迎会がスタートしていた。

学園の新入生である主人公「片山陽大」は、この会を満喫していたのだが――。

楽しい時間、新たな生活への期待、親しくしていた友人たち、そのすべてを踏みにじる出来事が学園で起きはじめるのだった。

2つのパートを行き来して進め!

Night Shift ~ナイトシフト~ androidアプリスクリーンショット2

シューティングパートで敵を屠れ!

ゲームはアドベンチャーとシューティング、2つのパートに分かれている。

アドベンチャーパートは物語を読み進めながら選択肢を選び、学園からの脱出を目指す。

その節目にシューティングステージがあり、敵に照準を合わせて剣で攻撃し、「狗噛み」や「狗火」などの怪物を倒していく。

シューティングパートをクリアするとHPや攻撃力を上げるアイテムを入手でき、それによってキャラを強化できるようになっている。

選択肢によってルートを分岐させるだけでなく、シューティングでゲーム性を持たせているのは良いね。

アドベンチャーパートでおちいる鬱な気分を発散させるカンフル剤にもなっている。

鬼気迫るストーリー!その果てに待つ結末とは

Night Shift ~ナイトシフト~ androidアプリスクリーンショット3

学園で出会った「寺元さやか」。彼女も物語に深く関わる。

物語の序盤から片山陽大は少女「寺元さやか」と知り合い、彼女とともに学園からの脱出をはかる。

彼らは武器を持ち、怪物と渡り合っているが、学園内にはただ襲われるがままの生徒たちもいる。

2人の生徒が襲われていて、どちらかを助けなければならない。

といった残酷な選択肢もあり、いくつもの困難な状況をへて、怪物たちの発生源である「狗神」と対峙する。

緊迫した物語はもちろん、各キャラの会話には「浪川大輔(新ルパンの石川五ェ門等)」さんなど、豪華声優陣のボイスが収録されており、それも世界観を引き立てる一端となっている。

ただ、アドベンチャーパートで文字送り、テキストの瞬間表示ができない等のシステム面。

学園、ホラー、サバイバル、霊的存在にシューティングなど、要素を詰め込みすぎてどれが主体なのか分かりづらい点は気になった。

会話劇が読みやすく、ボイスも収録されているのでアニメ作品が好きな人にオススメしたいゲームだ。


    ゲームの流れ

    androidアプリ Night Shift ~ナイトシフト~攻略スクリーンショット1
    ゲームを開始したらまずはチュートリアルへ。ここではシューティングパートの操作を説明している。左にあるパッドで照準を動かし、剣ボタンで攻撃するのが基本操作だ。
    androidアプリ Night Shift ~ナイトシフト~攻略スクリーンショット2
    敵の頭を狙うと威力がアップ! 剣攻撃を繰り返すと「必殺技」ゲージが溜まり、強力な全体攻撃を放てるようになる。
    androidアプリ Night Shift ~ナイトシフト~攻略スクリーンショット3
    続いて本編へ。物語は章(チャプター)ごとに分かれている。冒頭では、野犬の凶暴化によって襲われる人々のニュースが流れているが……。
    androidアプリ Night Shift ~ナイトシフト~攻略スクリーンショット4
    海沿いの小さな町で蔓延しはじめた新種の狂犬病ウイルス。その根源は、日本の地下深くに封印された「狗神」の呪いなのだろうか……。
    androidアプリ Night Shift ~ナイトシフト~攻略スクリーンショット5
    物語のメインの舞台となる「黒ノ森学園」。ここからアドベンチャーとシューティング、それぞれのパートを交互に攻略して物語を進めていく。

      下に続きます

      下に続きます