空気読み。2

空気読み。2

G-mode Co., Ltd.

脳トレゲーム

Android:99円 99円 iOS:85円85円

読者レビュー (0)

A「俺やるよ」B「それだったら俺が!」C「俺がやる」AB「どうぞどうぞ」みたいに空気を読め

ダウンロード(iPhone)

空気読み。2 androidアプリスクリーンショット1

空気が読めてる人。

ゲームの特徴

「空気読み。2」は数々のシチュエーションで「空気を読んでいく」アクションゲームだ。

ダ○ョウ倶楽部の「俺がやるよ→どうぞどうぞ」。

い○ともの「今日の天気→そーですね」。

といったテレビ的なお約束からヒーローにやられる悪役、フリ○クをあげる量にいたるまで。

100種類のシチュエーションで場の雰囲気を読み、最善の行動をとっていくゲーム。

空気読み。2 androidアプリスクリーンショット2

空気が読めてない人。

前作「空気読み。」よりもステージ構成が凝った作りになっていて、空気を読もうとしても状況を把握できないような不思議なステージもある。

「いやいや、クリアできないよ」

「何するステージなの?」

とかつぶやきながら遊ぶのがね、すごく楽しい。ここまで悪ふざけがすぎると逆におもしろくなる。

空気読み。2 androidアプリスクリーンショット3

わざとやってるでしょ?(わざとボケるモードもある)

さらに、通常のルール通り「空気を読む」ことに徹してもおもしろいんだけど、あえて空気を読まずボケることでも楽しめるのが良いね。

たとえばフ○スクのステージでは山盛りの粒を手にのせることができる。

悪役になるステージでは必殺技をくらってもピンピンしているように振る舞える。

そういった隠し要素を満たすための「空気を読まない」モードも搭載。

前作同様、遊び心がつまったイイ感じのゲームになっている。


ゲームの流れ

androidアプリ 空気読み。2攻略スクリーンショット1
出されるシチュエーションに応じて、空気を読む(場の雰囲気を乱すことなく行動する)のが目的。タッチ操作やフリック(指でなぞる)操作で対応していこう。
androidアプリ 空気読み。2攻略スクリーンショット2
グラフィックは白黒で描かれており、行動をとらせたいキャラや物は赤で描かれている。この赤色の物を動かして空気を読んでいく。
androidアプリ 空気読み。2攻略スクリーンショット3
中には赤色の物や人がいないステージもある。これは状況観察力が求められるなぁ……。
androidアプリ 空気読み。2攻略スクリーンショット4
メインモードである「空気を読む」をすべてクリアすると、ミニゲームなどのロックが解除される。このミニゲーム集だけを遊ぶのもおもしろい。
androidアプリ 空気読み。2攻略スクリーンショット5
また、「サクッと空気読み」ではランダムに出される10ステージをクリアして空気が読めているかを診断できるようになっている。飲み会などで使うならコチラをオススメ。

下に続きます