BLAZING STAR

BLAZING STAR

SNK PLAYMORE

シューティングゲーム

Android:120円 iOS:120円

90年代最高峰のグラフィックと演出!ネオジオから名作移植でファン感涙

ダウンロード(Android) ダウンロード(iPhone)

BLAZING STAR androidアプリスクリーンショット1

ステージ3のボスとの戦い!演出が超アツい!

ゲームの特徴

「BLAZING STAR」は、1998年に夢工房が開発され横スクロールシューティング。アーケードでリリースされた後、家庭用ゲーム機NEOGEOに移植された。

ここ超重要ポイント!

NEOGEOは格闘ゲームブームの中で人気のあったハードだが、現在では超希少なハード。しかもこの「BLAZING STAR」は、今ではアーケードではめったに稼働していない存在。

爽快なスコアシステムと、NEOGEOらしい圧倒的なグラフィック表現、ケレン味あふれる演出とサウンド。傑作と名高いゲームだが、NEOGEOのロムカセットは超希少であるため、プレミアが付いている。

つまり、本作「BLAZING STAR」をたった250円遊べるAndroid端末を持っている人は超ラッキー!というか、このゲームやるためにAndroidを買ってもおかしくない。ファン感涙の移植だ!

BLAZING STAR androidアプリスクリーンショット2

クリアだけではなく、スコア稼ぎにも重要なチャージショット。

同時期の「怒首領蜂」はその後の弾幕シューティングのパイオニアだが、「BLAZING STAR」は90年代のシューティングゲームとして完成を極めたシステムだ。

シンプルな二つのボタンだけで、ショット、ラピッドショット、チャージショット、チャージブレイクという4種類の攻撃方法を使い分ける。

基本は、Aボタンを連打してショットやラピッドショットで雑魚をけちらし、中型機やボスにはAボタンを押してためるチャージショットで大ダメージを与えよう。

またチャージショットとはスコア稼ぎの面でも重要。チャージショットで敵を倒すとスコアの倍率が上がるのだ。

BLAZING STAR androidアプリスクリーンショット3

Android版のキャラクターセレクト画面もカッコイイ!

自機はなんと6種類もあり、選ぶのも迷うだろう。とりあえず、一番オーソドックスな「HELLHOUND」(主人公機)をオススメする。

ただ種類が多いだけではなく、攻撃型、接近型、防御型とどれも個性的。自機によって攻略法が変化する奥が深いシステムだ。

難易度は決してやさしくないが、コンティニューが5回までできるため、初心者でもイージーモードならラスボスまで到達可能。スコアシステムを理解しなくても、とりあえずショット連射しているだけで、爽快に楽しめる。

ただ後半の難易度はやはり厳しい。初見殺しもあり、本気で攻略パターンを見極める必要がある。なお原作と同様に、スコアやアイテムによるエクステンドがない。これも難易度を高くしている原因だ。

しかしながら、ボスの登場、パーツの破壊などビジュアル面での演出が本当にかっこよく、クリアできなくてもやる価値は十分にある。フュージョン風のサウンドも今では逆に新鮮。操作性もまずますなので、シューティング好きなら間違いなく買いだ!

ゲームの流れ

androidアプリ BLAZING STAR攻略スクリーンショット1
デフォルトでは、移動はタッチ操作で行う。オプションからパッドに切り替えも可能。ショットはAボタン連打、長押して放すとチャージショットが発生。
androidアプリ BLAZING STAR攻略スクリーンショット2
チャージショット中にBボタンを押すと、チャージブレイクが発生。機体によって効果は様々だが、どれも強力。一度、チャージブレイクを使うと、一定時間チャージショットが使用不能となるので注意しよう。
androidアプリ BLAZING STAR攻略スクリーンショット3
雑魚に対してはショット、ボス戦ではチャージショットを使用するのが基本。3ステージのボスくらいになると、それなりに弾幕が濃い。
androidアプリ BLAZING STAR攻略スクリーンショット4
パワーアップアイテムは一種類だけだが、スコア関係のアイテムはたくさんある。中でもスペシャル天使『夢ちゃん』はパワーアップが出まくる超アツいボーナス。
androidアプリ BLAZING STAR攻略スクリーンショット5
難易度は4段階準備されている。またステージごとの練習が可能なMissionモードやブルートゥースを使用する2人プレイも可能!

ログインしていません。

このままでも投稿できますが、ログインして投稿すると後から投稿一覧を確認できるようになります。