ムーンクレスタ

ムーンクレスタ

評価3.5点

HAMSTER Corporation

シューティングゲーム

Android:120円 120円

懐かしの元祖合体系シューティングがAndroidで大復活!

ダウンロード(Android)

ムーンクレスタ androidアプリスクリーンショット1

特攻してくる敵の編隊を殲滅せよ。

ゲームの特徴

70年代末、インベーダーブームで一気にビデオゲームの代表選手となったシューティングゲーム。その後にスプライト技術を利用したなめらかな動きの「ギャラクシアン」に影響を受けつつ、「ムーンクレスタ」は1980年に「合体」という新機軸を打ち出した画期的なシューティングゲームだ。今回、Androidへの移植を記念してキャンペーン価格の120円でダウンロードできる。当時を知るベテランゲーマーはもちろんのこと、私のような新参シューティングゲーマーにも歴史を知る上では絶対に避けられない作品だ!
ムーンクレスタ androidアプリスクリーンショット2

ドッキング成功時の効果音まで再現!

「ギャラクシアン」と同様、インベーダーの系譜に位置づけられる本作も固定画面上に迫る敵を左右に避けつつ、撃墜するというシンプルなもの。敵はそれぞれ固有の名前を持ち、形や色、動き方、スコアまで異なる。シューティングの歴史ではたびたび美しいと表現される「ギャラクシアン」の敵の曲線に比べ、本作の敵の挙動はトリッキーで予想が付きにくい。敵は弾丸を打って攻撃したりしない分、この独特な動きによる特攻攻撃が非常にやっかい。基本的に左右の両隅が安全地帯となっているのでヤバいと思ったら、すぐに移動することをオススメする。
基本的に自機のショットは連射不可能。インベーダーなどと同じく画面内には1つのショットしか描画されない。だが本作の最大の特徴である「ドッキング」を成功させると、連射可能になる。1ステージに二回行われるドッキングでは、1号機から3号機まである自機を左右の移動と逆噴射で調整することで合体させる。ドッキング時の動きには慣性が働くため、うまく合体させるのは難しい。成功させるとパワーアップするが、失敗するとドッキングされる側の機体が壊れる。このハイリスクハイリターンな合体システムは後に「ギャラガ」にも取り入れられ、シューティングゲームの歴史に名を残すものとなっている。

ダウンロード(120円)

ゲームの流れ

androidアプリ ムーンクレスタ攻略スクリーンショット1
自機は3号機まであり、1号機がやられると2号機、2号機がやられると3号機が出撃する。1号機は当たり判定が小さいがショットが1つ。2号機、3号機はダブルショットだが当たり判定が大きい。
androidアプリ ムーンクレスタ攻略スクリーンショット2
敵はどれも個性的な動きをする。特に序盤の「コールドアイ」の分裂後の動きは非常にやっかい。敵編隊が現れた瞬間に2、3体さっさと殺してしまおう。
androidアプリ ムーンクレスタ攻略スクリーンショット3
4回に渡る敵編隊を撃墜するとドッキングが発生。左右の操作と逆噴射を利用して自機同士の縦軸を揃えよう。ドッキングの速さに応じてボーナス得点も発生する。
androidアプリ ムーンクレスタ攻略スクリーンショット4
ドッキングを成功させると二連射になるが敵のスピードも速くなる。場合によっては、制限時間をオーバーさせてドッキングをパスすることも可能。
androidアプリ ムーンクレスタ攻略スクリーンショット5
スコアランキングの再現性も高い。またOpenFeintを利用したネットランキングにも対応しているようだ。
ダウンロード(120円)